346566 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ペット喜怒哀楽

殺人作法

書名 : 殺人作法  ミステリ傑作選45
著者 : 日本推理作家協会 編
出版社: 講談社文庫 ¥789

【楽天ブックス】殺人作法

感想 : 面白かったのは、山本一力「端午のとうふ」と横山秀夫「赤い名刺」この二人のは、他の文庫を探してみる予定。

気になる文章は、
真保裕一の「卒業写真」内:
* そんな言葉とは裏腹に、葛原自身は謙虚さとはほど遠い男だった。北川たち写真学科の学生は、授業とは別に、写真のあるべき姿とは、被写体にはどう向かえばいいのか、なdのの象徴的かつ青臭い議論の応酬を好んで行っていた。葛原はいつも論戦の主役たちを遠めにし、わざと煽るような言葉を吐いては面白がるという悪癖があった。
* 俺は大人なんだって、誰かに見せつけてやりたがってたみたいだった。

だって、この二つの文章、あらしの、誰かさん達と似ているんだもんね。ははは。


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.