000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ペット喜怒哀楽

沖縄ダークサイド


書名 : 沖縄ダークサイド
著者 : 野村旗守編
出版社: 宝島社文庫 2006.4.29 第1刷 253ページ ¥689
感想 : 何しろ、著者が16人もいるから、かなり右の視点、エロ系視点、社会学的視点、視点がさまざま。取り扱っている社会もさまざま。
一番おもしろかったのは、刑務所の話。食事が沖縄食だとか、入っている方も管理している方も沖縄県民が多いから、門中が関わってくるとか、面会の場所が庭だとか・・・

へぇそうだったの、1977年、横浜寿町
喜納昌吉がステージに立つと、踊り出す老人やこどもたち。どこの会場にも車椅子のわかもの、被差別部落の若者、アイヌの若者、在日朝鮮人若者、が集まった。
要するに虐げられた、差別されていた(る)人たちが集まっていたんだ。

アメ女 ← アメリカ人好きな女、あるいは  あめりか~じょーぐー(じょーぐー=大好き)


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.