000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ペット喜怒哀楽

全20件 (20件中 1-10件目)

1 2 >

人類の軌跡 その他DNA関連

Sep 21, 2007
XML
土蜘蛛
時の政権(概ね大和朝廷)
あるいは、各地域での
政権に反抗した勢力を
まとめての呼称、別称、蔑称。

出典がどこだったか
記憶があいまいなのですが
「手足が異様に長くて気持ち悪い土蜘蛛」
って表現がありました。

またまた
出典があいまいなのですが
「薩摩隼人を土蜘蛛と呼んでいた」
というのがあります。

昨日の日記で
足の形
胸囲が
日本人の標準から外れている
らしい
と書いて

関連で思い出したのです。

そういえば
昔から脚が長いと言われている。

あくまでも
「言われている」です。
だって
本人にとっては
生まれた時からの自分の体。

確かに
ジーンズの長さを合わせる時に
すそ上げの長さが
やや短めらしい
というのはありました。

脚よりも
一番困っていたのが
腕の長さ。

若い頃から
というよりも
成長が止まった頃から
当時の市販の婦人服の
日本製の
長そでの場合
Lを買っても
袖が短かったのです。
それに
Lを買うと
痩せている私にはブカブカになりますし。
結局
ずいぶん長い間
紳士もののMやSを愛用していました。

ここ10年ぐらい
最近の若い子の手足が長くなったとかで
婦人物のMでも
丁度良くなってきたのですが、
婦人物と言っても
若い女性向きのものなので・・・
デザインが若くて・・・
でも
ユニクロなんかだと
年齢関係ないので
やっと婦人物Mが着られるようになりました。
GAPはね
アメリカのだから
袖が長いから
私にはちょうど良いんです。
イタリアのZARAでしたっけ?
あれもぴったり。
もしかしたら
弥生人には袖が長すぎるのかも?

つまり
私は
手足が長くて(気持ち悪い)土蜘蛛・・・

家系で判明している
半分
薩摩系
というよりも

科学的に判明しているM遺伝子
縄文系
これ
アフリカを出てからのタイプ全員の元なわけで
どちらかというと
世界的には
手足の長さのバランスは
私の方が多いはずなのに

弥生系が7割を占める日本では
まだまだ
既製品が
体に合わない・・・

先日
どこのチャンネルだったか
マサイ族がマリックの手品を見破られるか
って番組、
登場した二人のマサイ族の男性

Mよりさらに全世界の人類の子孫に近い
アフリカの黒人

肌と髪と目の色を別にすれば
肌を白くし
髪を金か茶にし
目を青か薄い色にすれば
体系も顔つきも
白人そっくりでした。

そういえば
彼らも
手足が長かった・・・
靴もはいていませんでしたし
長そででもありませんでしたけれど・・・

日本に3割程度いることになっている
M系
縄文系
薩摩系の方々

日本の既製品で、
履くもの着るものに
不自由してませんか?

もしかして
最近の日本人の若者の
手足が長くなってきたのって
栄養説ではなくて、
南方系で多産系の
Mの割合が
日本人の中で増えてきているんだったりして?

その内
土蜘蛛の反乱が起きる?
ははは・・・







Last updated  Sep 21, 2007 06:44:22 PM
Apr 9, 2007
昨日は人類は滅亡の道を歩んでいるかもしれない
なんて絶望的な視点を書きましたが、

救いもあります。

たったひと組のアフリカの人類の元が
今の「人種」に「分かれて」いったのには
DNAの突然変異があったわけで
かなり明確な変異の場合で
人類の軌跡の分岐点を探れるのですけれど

そんな明確な変異でなくても
私たち
みんな変異しているそうです。

世代から世代に受け継ぐDNA
減数分裂ですから
単純に考えれば
私は母から1/2
父から1/2をもらっているわけですけれど
そっくりそのままってことはないそうです。

おおむね3割は変異している。

つまり
私の中に
父が35%、
母が35%
私固有が30%

私の子供1の場合
私の父の分は17.5%
私の母の分は17.5%
夫の父の分は17.5%
夫の母の分は17.5%
子供1の固有が30%なわけで

子供1の固有の30%と
子供2の固有の30%は
一致しない可能性の方が高くて

昔は
もっと多産でしたから
子供1と子供7なんてのは
ずいぶん固有の部分で異なっていたわけで

少しずつ変化していっているわけで

少しは
人類滅亡が遠くなる?

少しは
ナチズムや優生学も正しい?

自分の親と
自分の血縁関係に
悩んでいる?

あの血を私も持っていると思うと
ぞっとする
ってこと
もしあったなら

あの血を私はこどもに引き継ぐなんて
ぞっとする
ってこと
もしあったなら

あるいは逆に
子供の状況が親として受け入れられず
悩んでいらしたら

あるいは
子供1と子供2の性格があまりにも違って
不思議に思ってらしたら

つまり
こういうことらしいです。

なんか
納得できません?

なんか
少しは慰めになりません?

人間同様に
他の生物も
そうやって少しずつ進化している・・・

SPENCER WELLS著
THE JOURNEY OF MANを
1/3読んだ段階です。

何しろ
その1に書いたように
あまりに今までの固定概念を崩されているので
ゆっくり
自分に浸透するのを待たないと
頭はついていっても
心がついていかなくて。

この手のテーマ
かなり好きな私でもこうですから

人類の元が
いくら「アダム」と「イブ」という名前が付けられていても
受け入れられない方々
たくさんいらっしゃるだろうなぁ

人類の起源がアフリカだってことも
人種差別論者からは
受け入れがたいことなんだろうなぁ
って思います。

これ、
現在、DNA学者、生物学者や人類学、文化人類学では
最も主流なんですけどね。

楽天内にはありませんでしたが、
「アダムの旅―Y染色体がたどった大いなる旅路」
として邦訳が出ているようです。
バジリコ版 税込1890円






Last updated  Apr 9, 2007 12:24:14 AM
Apr 7, 2007
優生学ってのがある。
優性遺伝じゃないですよ。

有名なのはナチスの、
そしてそれを批判した
当時のアメリカだって
精神疾患は遺伝するという前提で
ロボトミーを作っていたわけで
しかも
アメリカの場合
文化人類学が優生学を認めていた
なんて学会が政治とくっついていたいい例なんだけれど
(ってのもSPENCER WELLSは書いています)
(そして、先日紹介したSTATE OF FEARでも
巻末で著者MICHAEL CRICHTONは
優生学と政治との関連を
環境問題地球温暖化と政治との関連と
対比、類似かもと主張しているのです)
http://plaza.rakuten.co.jp/pombo/diary/200701230000/


優生学ってのが
いかに優生にならないかってのは
優性遺伝を視野に入れれば
考えてみれば簡単にわかることなのに

だって
白人間でばかり婚姻していると
優性遺伝で考えたら
確かにナチズムの言っている通りに
白人の遺伝子が限りなく1(100%)に近くなるわけで
それって良い部分も強調されるけれど
悪い部分も強調されていくわけで
これって両極端になっていく可能性が高くて
長い目でみたら、マイナスどころか
人種絶滅の可能性も高くなるわけで。

だいたい
現時点で現存する全人類の元の元ってのは
現時点でわかっている範囲では
今から6万年から2万年前ぐらいまでで
近い数字の2万年前としても
2の2万÷25乗なわけで
これって計算する気にもならないほどの人口。

一応現時点ではひと組の男女の子孫がいるわけで
このひと組にだって
兄弟姉妹がいたはずなのに
その兄弟姉妹の子孫は
現時点では見つかっていないわけで
再生産年齢以前に
病気や事故や戦争で死んで行くわけで
ってことを考えると
優生学そのものが無意味?

それで
ナチズムよりも優生学の方が
終焉を迎えるのは遅かったのだけれど

でも
犬の世界では
あいかわらず優生学が実行されているのですよね。

(明日に続く)

**********

HAPPY NEWSが発表されました!
こういうニュースばかりですと
報道も明るい社会を作ってくれるのに・・・
http://www.readme-press.com/happynews/2006/tai_hn.html#hn01









Last updated  Apr 7, 2007 12:18:04 AM
Apr 6, 2007
スペインやメキシコには
現在、JAPONという名字の人がいるそうな。
ハポン、つまり日本
つまり日本人の子孫。
遣欧使節や伊達政宗が送った日本人の子孫。
単純に450年前として
1世代を25年と計算して
(あっ、この世代ってのは
次世代を再生産できる年齢ってことで
10代前半で妊娠出産する場合もあるけれど
高齢期直前に妊娠出産する場合もあるから
ってことで、女性中心の発想かも?)
植木算で行くと450÷25+1=19
つまり
450年前の1人の日本人が450年+αで
1/2(2の1乗分の1)になって
その25年後に1/4(2の2乗分の1)になって
ってやっていくと
450年後の現在は2の19乗分の1
つまり524288分の1にまで
血が薄まる・・・

現実には
小さな町の人口を考えれば
52万人というのはありえないわけで
つまり記憶にない世代間では
血縁だった可能性のある者同士が
婚姻関係になっていくわけで・・・

いかに血が薄くならずに
濃くなっていく可能性があったかってことで
だから
同じ地域の人同士が似てくる・・・

こうやって自分で計算してみると
「人種」ができあがっていくのって
そんなに難しいことでもないのかも
なんても思うわけです。

だって25年経つ度に
薄まるようで
ある意味濃くなっていくわけで・・・

日本にも鎖国以前に来日していた外国人がいるわけで
その外国人が
みなさん宣教師のように品行方正だったわけではなくて
(宣教師の中にだって品行方正では無い人が皆無なわけなくて)
混血児が生まれていた可能性は大いにあるわけで
でも
鎖国から明治までやはり約250年あるわけで
1/2、1/4、1/8、1/16、1/32、1/64ってなっていくわけで
外国人(非黄色)の血が入った人よりも
日本人(黄色)との婚姻の方が可能性としては高いから
どんどん外国人(非黄色)の血は薄まるわけで
いや、時々1/64と1/32なんてのが婚姻することもあっただろうし
そうすると一時的に
少しばかりいわゆる日本人とは異なってる子が
生まれたかもしれなくて・・・

表向き鎖国していたことになっていても
実のところ
海岸線ばかりの日本の場合
漂着民や密貿易でも
非黄色が入ってきていた可能性はあるわけで

なんて考えていくと
うわぁ
気の遠くなりそうな?
それともロマン?

祖先崇拝の宗教形態を持つ地域
例えば沖縄
あるいは韓国や中国など
血縁を気にする集団って結構あって

今みたいに遺伝の科学がなかった時代でも
いとこ間結婚や同族結婚をタブーにしている社会は
それなりに体験的に
優性遺伝や優生学の知識は持っていたわけで。

面白い、でしょ?

こんなこと面白がっている私って
変人?

(明日に続く)







Last updated  Apr 6, 2007 09:40:29 AM
Apr 5, 2007
何度か扱った人類の軌跡
人類のおおいなる旅http://nng.nikkeibp.co.jp/nng/feature/0603/index.shtml
の研究者
SPENCER  WELLSの
THE JOURNEY OF MAN
を読んでいる途中なんですが

ふむふむ
頭では納得するけれど
今まで受けてきた教育や
今までに読んできた書籍が
既にインプットされているから
感覚的にはまだ納得できていないことがあります。

人種というものは無い
これ、
国立科学博物館の常設展示でも
説明されていました。

でもね、
ずっと今まで
人種というものがあるという前提で
人種差別が起きているわけで
人種差別反対が論じられているわけで

SPENCER WELLS氏の説明を理解できても
じゃぁ人種という言葉を使わずに
人種差別をどう説明する?
ってことになると
難しい。

世代交代で少しずつDNAが変化する
環境要素で変化の方向が決まる部分がある

一般的に(特に北米で)認知されている黒人は
かなり黒いけれど
現代の人類の一番元とされている
一応アダムとイブと名付けられているアフリカの人は
今のブッシュマン系列なので
いわゆる黒人より肌の色は黒くなくて
北中南米地域に奴隷として輸出された地域の黒人が
かなり黒い人々だった。

ブッシュマン形が
世代を経て
黒人、黄色人種、白人等になっていった。
(たとえばここでだって
黒、黄色、白を使わずに説明するって
とっても困難なわけ)
だから
科学的根拠のある人種分類はできないわけで。

それじゃぁ
なぜ北欧ではまっ白で
アジアでは黄色かってことになると

それほど地域間交流がなく
それほど(今みたいに)遠くまでいかない
狭い地域の中で婚姻があるわけだから
同じ遺伝子を持った人々が婚姻するから
その特徴が強調されていくわけで
確かに(どこの国でも)田舎に行くと
みな同じような風貌なわけで。

優性遺伝の結果なわけ。

これの限界を知っていたから
多くの文化の中で
いとこ同士の結婚あたりが
割とタブーの境目になっているわけで。
いとこまでなら簡単にたどれるしね。

そして
現在の人口から
過去の人口を探ると
とんでもなく少なくなってしまうのは

子供を作らないと
そこまででその血筋が途絶える
ってのもあるし。

現実的には
3世代、4世代前までさかのぼってなら
婚姻関係に至らないけれど
4世代が限界でしょ。

あなた
一般的には
あなたの両親のことはわかる
これで自分を含めて2世代。

あなたの祖父母のことも
会えることが多いし
両親から聞ける
祖父母だから4人ね
そして
これで自分を含めて3世代。

あなたの曾祖父母のこと
両親にとっては祖父母なわけだから
聞けるかもしれない。
8人います。
自分を含めて4世代。

でも
曾曾祖父母になると
祖父母の祖父母なわけだから
まだまだぎりぎり
聞けるかもしれないけれど
たとえ家系図があっても
その全員って
情報を得るのってかなり難しいでしょ。
何しろ16人います。
自分を含めて5世代。

婚姻の時に
ここまでさかのぼって
16人調べるのって
天皇家でもかなり難しくなる、でしょ?

だから
たとえ家系図があっても
同じ狭い地域にいたら
同じ社会階層の中でしか
結婚できない時代だったなら余計に
16人の自分の曾曾祖父母と
相手の16人の曾曾祖父母が
全く関係がないことって
証明できないまま
婚姻関係になる可能性って
高いわけで
優性遺伝で
似てくる・・・

1世代を平均25年で計算するそうです。
つまり
100年で4世代。
植木算で行けば5世代。

しかもこれ
一夫一妻での計算なわけで
実際には
結構婚外子がいるわけで
また早死にすると
再婚もたくさんあるわけで
直接の自分の曾曾祖父母は16人でも
その段階で
自分の結婚相手の16人と
すでに重なっている可能性が
どこまでわかるか・・・

(明日に続く)






Last updated  Apr 5, 2007 01:00:12 PM
Dec 29, 2006

我が子が
義務教育を受けていた頃
漫画を書いていた頃
キャラの一つに
「そんなぁちゃん」ってのがあったのでした。
他にも一杯あったのですが
「そんなぁちゃん」って名称が気に入った私
十年以上経っても覚えています。

そして今
えっ、そんなぁ
ってな気分です。

http://plaza.rakuten.co.jp/pombo/diary/200606040000/
↑を書いてから半年

再び人類の軌跡サイト ↓
https://www3.nationalgeographic.com/genographic/index.html
を訪ねて
自分のIDを入力してみたら

新たに質問が増えていたし
それに
何よりも

私の軌跡が延びている!
可能性はね
承知しておりました。

だって
参加者が増えれば増えるほど
詳細になっていくから。

でもね、
前は
ボルネオ島に入る直前だったから
ボルネオ島経由で
島伝いに
日本列島までやってきた
って
思っていたわけでして

ところが
今回延びてみたら

ボルネオ島と
スマトラ島の
両方に入っていて

スマトラ島の方は
島を越えて
オーストラリアに入っている!

えええっ?

私のご先祖様は
アボリジニ?

一度オーストラリアに入ってから
またまた北上したのかなぁ。

いずれにしても
海洋民族の末裔ってことになる…?

私、
そんなには泳げないし
あっ
でも
船・・・酔ったことない・・・

*****

以下はみかちさんへのご連絡

みかちさ~ん
みかちさんのも
きっと
延びているかもよぉ

軌跡だけじゃなくてね、

私の、
説明文も
少し延びていた
というより
一部消えている!

みかちさん
ご自分の
また訳します?

あはは
途中の文章が変わっていたりして?

比較するのは
ちとたいへん。

片方を読み上げてもらうとかね。






Last updated  Dec 29, 2006 11:23:50 AM
Sep 9, 2006
出たぁ!
Mr.Weasleyが剥いているsatsuma
(Harry Potter UKのpb版392ページ)

satsuma=蜜柑...
なんで有田や和歌山や三ヶ日じゃなくて
薩摩が英語になってしまった?

まさか薩英戦争の時代から
satsumaが英語になった?

satsumaって言葉に敏感な私の頭は
Harry Potterのストーリーからしばし離れてしまったのでした。

DNAではボルネオ島に入る前までしか辿れていないけれど
(→http://plaza.rakuten.co.jp/pombo/diary/200606040000/
明治以前から私の血の半分は薩摩なのです。

実は
もう少し前に
薩摩関連で
もう一つ気になっていたことがあります。

中国語の何かのリストで見つけたのが
国名の
薩摩○
○の所に入るのは
工業の業の字の上の部分

薩摩○を中国語の辞書でひくと
サモアのことなんですね。

可口可楽がコカコーラや
肯徳基がKFCってのはよく知られているでしょ。

同様に
愛普生がエプソンで
波音がボーイングで
好侍食品がハウス食品で
佳能がキャノンで

ってことは
意味と音とで作っている・・・

サモアという名称がいつからあったのか
薩摩という名称がいつからあったのか
どうして同じ漢字なのか...

一応
あちこちネットで調べたのですが...

もしかして
もしかして
薩摩ってサモアと関連あるのでしょうか...

関連は見つけられなかったのですけれど

中国で同じ漢字を使っている...

単に音?

薩摩ってサモって読んでいたことがあった?

気になっておりまする。

どなたか
何かご存じでしたら
お教え下さい。

サモアと薩摩の関係・・・

DNAの流れだとね
変でもないでしょ...

インドネシアから島国を経て薩摩に至る過程で
サモア経由ってのがあったって。






Last updated  Sep 9, 2006 12:17:50 PM
Aug 10, 2006
土曜プレミアム特別企画で
「新グレートジャーニー日本人の来た道」
をやります。

2002年に終えた
「グレートジャーニー」で
南米チリからアフリカまで
人類の足跡を逆のルートでさかのぼった
探検家の関野吉晴氏

(これ、見ていない!
結構ショック!)

今回は
日本人のルーツをたどるそうで
その第1弾

日本人の祖先が
日本にたどり着いた主要なルート3つの内
モンゴル、シベリア、サハリンの北方ルートを
扱うそうです。

これ
みかちさん→ http://plaza.rakuten.co.jp/mikachi1107/diary/200607190000/
のルートかなぁ。

その内
pombo夫(漢民族、弥生系?)や
pombo(縄文系)も
辿ってほしい...


DNA関連の日記は
トップのCATEGORYから
「人類の軌跡 その他DNA関連」で
選択していただければ
もっと
お読みになれます。






Last updated  Aug 10, 2006 06:26:10 PM
Jul 24, 2006
昨夏
国立科学博物館で
特別展「縄文VS弥生」というのがありました。
http://plaza.rakuten.co.jp/pombo/diary/200508220000/

盛況だったようですから
日本人のルーツを知りたいと思う方
たくさんいらっしゃる。

一年前にこの縄文展を日記に書いた時
私もみかちさんもみみずくさんも
弥生縄文ミックス...

そして
THE GENOGRAPHIC PROJECTに巡り会い
出た結果が
http://plaza.rakuten.co.jp/pombo/diary/200606040000/


みかちさんのが
→ http://plaza.rakuten.co.jp/mikachi1107/diary/200607190000/

えええっ
全然違う!

私は
確かに縄文系だそうです。

でも
アフリカを出て
ペルシア湾を渡った後に
ハプログループが
かなり早く
別れ(分かれ)ているのです。

みかちさんの母方ご先祖様は
北上し
ずっと北極圏ぎりぎりを通って
南米最南端にまで達する。

私の母方ご先祖様は
ともかくぎりぎり南を行き
ボルネオ島の手前までしか判明していない。

そして
みかちさんも私も
日本人。

みかちさんのも私のも
日本に到達していない!

みみずくさんも
この人類の軌跡DNA検査
なさってくだされば
面白いのに...
きっと
みかちさんとも私とも
違うルートのような気がします...

そして
間にお住みの方々が
DNA検査して下されば...
中国のあちこち
朝鮮半島の方々
台湾
フィリピン
インドネシア
の方々に
もっとDNA検査なさってほしい!



私日本人です。

タイ人
台湾人
ボリビア人
アメリカ人
ブラジル人
フランス人
フィリピン人
ヴェトナム人

私が今までに間違えられた国籍...

台湾人はあっても
中国人や韓国人に間違えられたことは無い。

いきなり未知の言葉で話しかけられたことも
何度かある。
そういう時には
「何人だと思ってた?」と
尋ねることにしている。

結構面白いのよ。
だって
相手は慌てているんだもんね。

この問いに
国名ではなく
言われたのが
先住民。
ケチュア語で話しかけられたのでした。

なぁるほど...

現時点では
私のDNAから辿れるご先祖さまは
母方だけですから
父方のは辿れないわけですから
どうなっているかわかりませんが

母方だけですと
タイ、フィリピン、ヴェトナムってのは
良い線行っているのかもしれません。

でも
同じく
母方だけですと

ボリビア、アメリカ、ブラジルは無理。
ケチュアも南米先住民ですし...
これはみかちさんの母方ご先祖さまの
辿られた道筋。

みんな同じ人間なのに...

アフガニスタンも
イラクも
イランも
レバノンも
昨日日記で扱った
ベネズエラも...

なのに
奪い合い...
ならまだしも
殺し合い...

動物が殺し合いするのは
自分の遺伝子を残したい時。
動物が「自殺」をするのは
個体数が環境許容能力を超えた時。

今の地球は
人口
多すぎるのでしょうか...

今の日本の少子化は
本当に
問題なのでしょうか...







Last updated  Jul 24, 2006 04:13:35 PM
Jun 5, 2006
不思議なんですよね。

昨日書いたように
紅海を渡った後
夫のご先祖様は北上
ずっと内陸移動

一方私のご先祖様は
ずっと海沿いに移動

なのに
夫はおさかなさん
大好き

一方私は
おさかなさん
苦手。

夫は肉はあまり好きでない。

一方私は
肉好きなんだなぁ。
特にぶたさん。

これ
変でしょ。

遠い過去のDNAでは
食べる機会の少なかったものを
近い過去のDNAで
食べていた?

私のDNAはおさかなさんに
夫のDNAは牛豚鶏さんに
辟易していた


なぁ...

ただね

20歳頃まで
豚肉、嫌いだったのね。

牛肉も嫌いというより
苦手な方。
もっぱら鶏肉。

牛肉の安い国にいた時にも
スーパーウエルダンと注文していたくらいで...
なんか、
私の消化器官が
牛肉を消化するのに
時間がかかるらしくて
胃が重くなるんだもの。

だからもっぱら鶏肉だったのに...
それが...
どうも30代半ばぐらいから
豚肉が一番おいしいと感じ始めて...

豚肉ってね
九州南部ぐらいまでだったのね。
日本全国で食べられるようになったのは
明治以降、特に戦後。

遠い過去の
海沿いにいたDNAが
おさかなさんに辟易して
ぶたさんを食べるようになって

近い過去の
ぶたさんを食べていたDNAが
ぶたさんに辟易して
鶏を食べるようになって

30代過ぎて
豚を食べるようになった私
そして
最近
おさかなさんも
結構食べるようになった私

歳と共に
私の嗜好
先祖帰りしている


なぁ。








Last updated  Jun 5, 2006 03:24:37 PM

全20件 (20件中 1-10件目)

1 2 >

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


ポンボ

Calendar

Favorite Blog

京都の旅3-3 最終に… New! KUMA0504さん

デイリー新潮の記事 New! みらい0614さん

手仕事の圧巻 New! ぼちぼち7203さん

異動と休養 New! k-nanaさん

一庶民の政治認識(A… msk222さん

Freepage List

最近読んだ本さんたち


風車祭カジマヤー


流転の王妃の昭和史


「少年A」14歳の肖像


黒蠅 上下


分身


東電OL殺人事件


77のしぐさでわかる犬の気持ち


乳児二重誘拐の謎


スノウ・グッピー


バガージマヌパナス


日本人中国人韓国人


あんこう刑事の鑑識事件簿


少年Aの犯罪


二度のお別れ


雨に殺せば


ifの迷宮


反日に狂う中国、友好におもねる日本


黒いモスクワ


八号古墳に消えて


声に出して読みたい方言


Twelve Y.O.


ざこ検事件簿


ケータイを持ったサル


写真記録 これが沖縄戦だ


沖縄やぎ地獄


ひめゆり平和祈念資料館 公式ガイドブック


沖縄県平和祈念資料館 総合案内


検事長ゲイツの犯罪


あの人の国、「韓国」を知りたい。


全国お郷ことば・憲法9条


AMERICAN TERRORIST


鎖 上・下


「少年A」この子を生んで......


少年にわが子を殺された親たち


鳥類学者のファンタジア


茶色の朝


五木の子守唄の謎


失踪症候群


改訂版 自由民権の民衆像 


誘拐症候群


宿命


シルミド


あたしのマブイ見ませんでしたか


最新アメリカ政治地図


沖縄の旅・アブチラガマと轟の壕


教皇暗殺


テレザ


鄙の記憶


超・殺人事件


取調室の心理学


調べる、伝える、魅せる!


古書店アゼリアの死体


探偵ガリレオ


世界の紛争地ジョーク集


時のかなたの恋人


メディア・コントロール


<私>の愛国心


遺伝子が解く! 男の指の秘密


明治・大正・昭和軍隊マニュアル


戦争のつくりかた


疫病は警告する


黒猫の三角


黄金の島


HARRY POTTER 5 ORDER OF THE PHOENIX


中大兄皇子伝


秩父事件


殺人作法


間諜 洋妾おむら


戦時用語の基礎知識


古事記の暗号


女帝推古と聖徳太子


刑務所を往く


損料屋喜八郎始末控え


都市と日本人


老残のたしなみ日々是上機嫌


シンメトリーな男


ふるさとは貧民窟(スラム)なりき


女龍王神功皇后


凶犯


日本語と韓国語


秋田殺人事件


刑事一代ー平塚八兵衛の昭和事件史


リミット


痕跡


韓国人のしくみ


LONE EAGLE


切断


「みんな」のバカ!


住まなきゃわからない沖縄


沖縄オバァ列伝


へその緒スープ


百年の預言


ミン妃暗殺


HUMAN CROQUET


灰夜 


男の民俗学 I 職人編


中国人民に告ぐ!


絵で見る幕末日本


月の砂漠をさばさばと


世界反米ジョーク集


北海道警察の冷たい夏


箸墓幻想


私はウコンでうつを治した!


嘘がつけないとウツになる!


環境考古学への招待


13階段


工学部・水柿助教授に日常


チャングム


上機嫌の作法


カツラーの秘密


この本読んだ? おぼえてる? 2


海賊丸漂着異聞


遠きに目ありて


北京原人


小さいときから考えてきたこと


海嶺


懐かしのアメリカTV映画史


起爆国境


陽気な容疑者たち


邪馬台国はどこですか?


白愁のとき


歴史の中のサンカ・被差別民


近代日本と国際社会


死の内幕


ファスト風土化する日本


異国トーキョー漂流記


鈍い球音


アップ・カントリー


沖縄決戦


大学のエスノグラフィティ


中国笑話集


日本はどう報じられているか


ポストコロニアリズム


皆殺しパーティー


GO


好きになってはいけない国


全席死定


ワセダ三畳青春記


警視庁捜査一課特殊班


地震・憲兵・火事・巡査


ヒトはなぜペットを食べないか


定刻発車


新・世界の七不思議


となり町戦争


かくも短き眠り


島田検定!! 国民的潜在能力テスト


名張毒ブドウ酒殺人事件


13th Juror


大学教授コテンパン・ジョーク集


The Stars Shine Down


零時の犯罪予報


怪しいシンドバッド


日本語なるほど塾


魂込め(まぶいぐみ)


犬語の話し方


彼が彼女になったわけ


子どもたちの8月15日


日本の古代語を探る


真相


殺しへの招待


訃報じゃ午後二時に届く


ニューヨーク大聖堂


三菱銀行事件の42時間


チェ・ゲバラの遙かな旅


炎の背景


天狗の落し文


博物館の誕生


南京難民区の百日


11文字の殺人


黒い春


99%の誘拐


愛犬家連続殺人


中央構造帯


HARD EVIDENCE


ことばと文化の日韓比較


宮崎アニメの暗号


Bloodline


ルート225


ノヴァーリスの引用


つくられた卑弥呼


ソロモンの指環


チャーム・スクール


サンカの民と被差別の世界


沖縄「戦後」ゼロ年


水滴


狂信


ホステージ


物語大英博物館


太平洋ー開かれた海の歴史


逃亡作法


復活の人


ぺギー・スー 1


世間のウソ


よい子はみんな天国へ


日本崩壊


月を曳く船方


EVITA Saint or Sinner?


トマシーナ


下級武士の食日記


フリーズする脳


そしてこうなった


ブラスでトラブル


模倣犯


浅草弾左衛門


古代朝鮮と日本文化


沖縄力検定


ペギー・スー ii


沖縄生活誌


さよなら、星のむこうへ


医療人類学入門


沖縄学


ラティーノ・ラティーノ!


誘拐の果実


ダ・ヴィンチ・コード


アルベルト・フジモリ、テロと闘う


「鼓動」 ・ 「決断」


ボクの町


プラムアイランド


23分間の奇跡


Windmills of the Gods


アイシテル物語


DZ


99・9%は仮説


武士の家計簿


神の手


ブレイブ・ストーリー


ワイルド・ソウル


犬のチカラ


図説 占領下の東京


言論統制


HARRY POTTER :HALF-BLOOD PRINCE


殺人の門


逃げる百姓、追う大名


贄門島


照柿


燃える蜃気楼


ダーティー・サリー


駐在巡査


紅茶を注文する方法


街の灯


黄金の羅針盤


風の影


王者のゲーム


殺人の教室


死角に消えた殺人者


戦時下日本のドイツ人たち


哲学者かく笑えり


裁判長! ここは懲役4年でどうすか


STATE OF FEAR


北朝鮮・驚愕の教科書


ナイト・フォール


笠原靖の犬、動物シリーズ


日本警察 裏のウラと深い闇


お金がなくても平気なフランス人~


人間は考えるFになる


遺伝子が解く! 愛と性の「なぜ」


マンガ日本の古典


社会人類学


四季 (春、夏、秋、冬)


おせい&カモカの昭和愛惜


ドイツの犬はなぜ吠えない?


反戦平和の手帖


毒魔


ぼくのキャノン


犬のことばがきこえる


ホジュン


こげぱん沖縄ぶらり旅日記


アルゼンチンババア


幻夜


タイムスリップ森鴎外


よそ者


死亡推定時刻


殺人格差


「みんな」のバカ!


大人力検定


三河高原鳳来峡殺人事件


タイムスリップ明治維新


新・民族の世界地図


愛犬をつれた名探偵


アブラムスの夜


婆ばあはじめるよ


リアルワールド


実録・アメリカ超能力部隊


沖縄ダークサイド


みんなで国語辞典!


五木の子守唄殺人事件


奥三河香嵐渓殺人事件


古代史への旅


雑学図鑑


配達される女 その他 逢坂剛


ローラ・チャイルズのお茶シリーズ


DNAから見た日本人


「お宝鑑定」殺人事件


黒い看護婦


リオ 警視庁強行犯係樋口顕


「脳が冴える15の習慣」


夏化粧


かつて読んだ本、処分する前にタイトルだけ


Headline News

Category


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.