805817 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

幸せなシッポッポ♪ II

2009.12月~2010.1月検査結果




ひめは、甲状腺機能低下症と診断される半年前、

健康診断で 総コレステロール値、ヘマクトリット値が要観察でした。

おそらく、既にこの病気が影響していたのであろう推測されます。

ここでは、主にこの2項目の数値と、

甲状腺ホルモンの値 T4、FT4、TSHの数値を記載します。

* 甲状腺ホルモンの検査は、外注の専門機関に依頼しています。


また、代謝が上がっていることを確認するバロメーターのひとつ 体重

(食事量を変えずに観察。代謝が上がってくると、ある程度まで体重が減る)

上記の検査結果によって決まる薬 ホルモン剤(チラーヂンS)の量

その時々の様子、体調の変化などについても記録していきます。









● 2009年6月11日  通常の健康診断時


総コレステロール値    450mg/dl   高値   ( 参考基準値 111~312mg/dl )
      
ヘマトクリット値        35.5 %   低値   ( 参考基準値  37~55 % )


体重 22.50kg







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




● 2009年12月21日  初めての甲状腺ホルモン等の検査


総コレステロール値    582mg/dl  
前回との比較 ↑   高値 ( 参考基準値 111~312mg/dl )
      
ヘマトクリット値        31.4 %   
前回との比較 ↓   低値 ( 参考基準値  37~55 % )


体重 21.85kg
 前回との比較 



--------------------------------------------------------------------------------


甲状腺ホルモン関連


T4(サイロキシン)       0.3未満 μg/dl   低値   (参考値 1.1~3.6)

FT4(遊離サイロキシン)    0.5    ng/dl   低値   (参考値 0.9~2.6)



TSH(甲状腺刺激ホルモン)  0.60ng/ml     高値   (参考値 0.08~0.32)



T4、FT4 共に低過ぎ。
特に T4  0.3未満 は 測定不能な意味を表すらしい。
ほとんど自力で作れていないという数値。

脳からの指令を示す数値 TSH は高過ぎ。
つまり脳が指令出しても甲状腺ホルモンが出てこないため、更に指令が出ている状態。


この時点で左右対称の脱毛が顕著だったため、これらのデータと合わせて 
間違いなく 甲状腺機能低下症と診断される。






○12月25日  ホルモン剤 服用開始

  チラーヂンS 50mg  2錠/日 ( 朝晩 各1錠 )


  * 初めてのホルモン剤の影響度が解らないため(個体差大)、 ひめにとって負担にならぬよう極めて微量な量からスタート




12月初めころから、妙なゲップが気になっていた。

空腹時でも大きなゲップ。非常に臭く、いつもと違うような気がしていた。

先生からは、特に胃薬などの治療はせず、まずはホルモン剤だけで様子を見るようにとの指示。

飲み始めて2日目以降、ゲップがぴたりと止まった。ビックリした。

代謝の悪さは、あらゆることに影響していたと思われる。









・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




● 2010年1月8日   年明け最初の診察(検査なし)



体重 21.25kg
 前回との比較 




○ ホルモン剤 増量

  年末から服用している50mgで大きな副作用が見られないため、順調に増量できる。

  チラーヂンS 100mg  2錠/日 ( 朝晩 各1錠 )









・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




● 2010年1月13日  ホルモン剤服用してから初めての検査


総コレステロール値    376mg/dl  
前回との比較    高値 ( 参考基準値 111~312mg/dl )
      
ヘマトクリット値     検査なし


体重 21.05kg
 前回との比較 



--------------------------------------------------------------------------------


甲状腺ホルモン関連


T4(サイロキシン)       2.0μg/dl   前回との比較   参考値内   (参考値 1.1~3.6)

FT4(遊離サイロキシン)    1.4ng/dl
    前回との比較   参考値内   (参考値 0.9~2.6)



TSH(甲状腺刺激ホルモン)  0.55ng/ml  前回との比較    高値    (参考値 0.08~0.32)




ホルモン剤を服用した効果が見られホッとする。

コレステロール値は、まだ高値ながらも大幅に下がった。
肝心の T4、TS4 は、 まだ低めながらも 共に参考基準値内にアップした。
甲状腺ホルモンが入ってきたことで、脳からの指令 TSH も若干下がる。



この頃、見た目にも、シッポの毛が極端に脱毛していた。

お尻周りは、ほんの少し産毛のような毛が生えてきていたが、シッポは見る見るうちに細くなっていた。

顔の表情も更に元気なくなっていたように思う。

身体のだるさ、状態の悪さはピークだったのではないか?と先生のお話。

年末から、少量でもホルモン剤を飲んでいてこの状態。

これがもし気づかずに、年越していたら?

治療せずに過ごしてしまっていたら? そう思うと怖くなる。

治療が始められて よかった とつくづく思った。










・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




● 2010年1月27日  検査


総コレステロール値    289mg/dl  
前回との比較    参考値内 ( 参考基準値 111~312mg/dl )

      
ヘマトクリット値        37.3 %   
前回との比較    参考値内 ( 参考基準値  37~55 % )


体重 20.95kg
 前回との比較 



--------------------------------------------------------------------------------


甲状腺ホルモン関連


T4(サイロキシン)       2.3μg/dl   前回との比較   参考値内   (参考値 1.1~3.6)

FT4(遊離サイロキシン)    1.6ng/dl
    前回との比較   参考値内   (参考値 0.9~2.6)



TSH(甲状腺刺激ホルモン)  0.50ng/ml  前回との比較    高値    (参考値 0.08~0.32)



コレステロール値は順調に下がって参考基準値内になった。
貧血の具合 ヘマトクリット値も改善されてきた。
まだ低めの数値ながらもギリギリ参考基準値。
できればもう少し数値がアップすることが望ましいとのこと。

T4、FT4 は、かなりよくなっている。
よかった。













⇒   2010.2月~3月検査結果へ
















Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.