000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

幸せなシッポッポ♪ II

PR

Profile


ポンママ♪

Free Space


g8KcX.gif
ポンママ♪ へのメッセージ
メールは こちらから



にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村

にほんブログ村


Category

Archives

2020.11
2020.10
2020.09
2020.08
2020.07

Comments

ポンママ♪@ Re[1]:そら(11/01) ★アリス*蘭ママさんへ ママさん、こん…
アリス*蘭ママ@ Re:そら(11/01) すっかりご無沙汰をしてしまって… そらち…
ポンママ♪@ Re[1]:そら(11/01) ★ラフィあみサラままさんへ ままさん、…
ラフィあみサラまま@ Re:そら(11/01) あ、見つけた!やっと更新♪ と思ったら、…

Favorite Blog

フッセとマッテのク… 特選ハムさん

幸せなシッポッポ♪ poppoママさん
気ままなラブラドール max&daiママ♪さん
ばにくるもぐたん つくね串912さん
Lovely Eyes ショコラララさん

Freepage List

Keyword Search

▼キーワード検索

2012.03.18
XML







何から書いたらいいでしょう?







ここしばらくの間、数日ごとに様々に変化してました。


試し、様子を見て、結果にドキドキして。。。


そして次に進む。



その繰り返しで、ずいぶんいろいろな事が進んでいきました。












どの時点で日記に書くべきなのか?


どの時点を 当初 私が描いた 『 元気になったとき 』 というのか?


とても悩みました。






悩むというより 私の気持ちの整理がつかなかったのが本音です。









すっかり元気になったときに書くはずだった。


私が思っていた 『 すっかり元気 』とは どんな状態のことを言うのだろう?








また中途半端で書くのはどうなのか?



書いてどうなるのか?



自分のためと言いつつ、今さら書く必要があるのだろうか?











こんなこと書くと いかにもぐったり元気なさそうでご心配かけてしまうので


まずはご覧ください。









そら & ひめ 見た目はこのとおり元気です。



2012-0316-01.jpg



16日(金) 病院に行く前のおさんぽ♪












2012-0316-02.jpg


病院に向かう 車内での2ワン。













2012-0316-03.jpg



いつもどおり運転席にくっつきたい ひめ。。。。


近すぎるよ(笑)




















2012-0318-01.jpg


今日 18日(日)


小雨まじりの中、ママとデート中の ひめ















2012-0318-03.jpg


お得意の トドのようなアゴのせスタイル♪















2012-0318-02.jpg


ちょっと痩せたけど、見た目は何も変わらない


私の大切な宝物。


可愛い、可愛い 最愛の娘。


































大切な宝物を なんとか捕まえておきたくて

この手に留めておきたくて

掌を精一杯お椀のようにしてるのに

指の隙間から、どんどんこぼれ出てしまいそう。。。。。





お願いだから留まって!


神様、お願いだからもう少し!





大げさではなくて、そんな想いがめぐる数週間でした。











ひめは 蛋白漏出性腸症 ( 腸炎 または 腸疾患 ) 


という状態らしいです。







これは病気の名前ではありません。

文字通りの症状。。。。

腸からタンパクが漏れ出てしまってる状態です。






この症状を引き起してる病気は別にあるそうです






ヒトもワンコも 身体の20%はタンパクと聞きます。( 間違ってたらすみません )

こんな大事な栄養が漏れ出てしまっている。


いいはずがありません。


間違いなく衰弱します。












らしい。。。と書いたのは、これだ!と元の病気を確定するためには

病理検査が必要だから。

ただ、今まで行った他のあらゆる検査、治療の成果から

ひめ の身体でこの症状が起きてることは、ほぼ間違いはありません。









こう言い切るために日数が必要でした。








血液検査、尿検査、レントゲン、エコー、そして念のためのアレルギー検査を行いました。


血液検査は何回も。






これらの検査の結果によって薬を変え、

次のステップへ進む。

歯痒くても、その繰り返しをし、やっとこの症状に間違いないであろうと確定しました。









蛋白漏出性腸症

ヒトにもあるそうですが、私は初めて聞いた言葉です。

( ヒトとワンコでは まったく同じという訳ではないようですが )





とても簡潔に書いてあったサイトが 右矢印 コチラでした。





右矢印 コチラも解り易いと思いました。

( 漏出と喪失 で言葉は違いますが、症状は同じです)







もう一つ、右矢印コチラ






何度読み返しても理解するのが難しい。

でも、これだけはすぐに理解できました。




とてもやっかいなことである。


診断も難しい。


ゆくゆくは 非常に受け入れ難い事がおこる可能性がある。




つまり命に関わります。












当初、検便で特殊な菌が見られると言われていましたが、

今になると、その菌が多いから下痢してるわけでなくて

この症状で腸内環境が変わったことで 菌が増えてしまっていたことが解りました。









三週間以上つづく下痢は難治性。

排便回数が多いと大腸性。回数が少ないのは小腸性。

小腸性の下痢の方がやっかい。



これは りゅう のときから聞いてましたが、本当にそのとおり。

ひめ はまさに小腸性の下痢。

本来 栄養を吸収するべくところから栄養が漏れ出てしまってるのです。








こんなこと当初は考えもしませんでした。

先月末に、先生が、ちらっとこういう症状の疑いも。。。。と仰いました。

その時は、私は ふ~~~~んと 聞いただけ。

別に大きな問題に思いませんでした。





ただ、前にも書いたとおりに何かイヤな胸騒ぎあり、

ひめの下痢が 単純に「ウン〇がゆるい」では済まない気がしてました。





そのうちに ご心配頂いてる方たちに良いお返事ができない申し訳なさと、

どうにも説明ができないもどかしさと、言いようのない不安が入り混じって

ブログはお休みさせて頂きました。






だから 「次は元気になったときに。。。。」 と。





なぜ あのときに 「すっかり治ったときに」 としなかったのか?

これも変な予感がありました。

すっかり治ったという日がこないような予感。

まだ先生から詳細を聞いたわけでも調べたわけでもなかったのに。






なんだったんでしょうね?


今でも不思議です。











今月 1日(木)の 血液検査で 先生がタンパクの値に着目されました。

基準値 5.0~7.2 q/dl のところ 5.1。


気になると仰いました。





基準値内だし、そらもそんな数値だし。。。大丈夫じゃないの?と私は楽観してました。

( そら は下痢してないので タンパクが低値ぎみでも問題ではありません。

その分、尿にタンパクが出ていたことがあります。

腎臓の数値が要観察でしたが、悪くならずに今に至ってます。)






その後も薬を変更してみて、少しはウン〇が改善されてきましたが、

やはり形があるとは言い難い状態。

そして、先生が懸念されたとおりに、あっという間にタンパクが下がりました。




一週間のうちに 5.1 ⇒  4.8  ⇒  4.7





基準値を下回った4.8の数値を見て

蛋白漏出性腸症 がほぼ間違いないだろうということを、自分の目で確認しました。




泣くまいと思ってましたが、

目の前にした数値に 涙が溢れてしまいました。








先生にはたくさん質問しました。

先生はひとつ、ひとつ丁寧に答えて下さいました。

なんとなくネットで見ていた答えとほぼ同じです。




まず治らない。


進行する。


薬が効かなければ最悪のことも。





受け入れ難いけど、私がしっかり受け止めて向き合うためには


とても大事な質問でした。


どれも必要な答えでした。









一度 気持ちをリセットしたくて 

松ぼっくり咥えた そら と、ほしい~~~ とつきまとってる ひめ 

寄り添う2ワンの日記をアップしました。



この2ワンを どうかどうかこのままでいさせて!



そんな祈りを込めて。













その後、薬の効果を確かめ、次のステップへ。


頼む! 薬 効いて!!


これが効かなかったらどうしよう?


お願いだから効いて!!


毎日 祈りながらドキドキでした。







そんなわけでなかなか日記に書くことができず、すみませんでした。


たくさんご心配かけてごめんなさいね。


書くまでには心の整理と勇気が必要でした。









今、ひめはお薬の効果が出て、まず初期の治療の成果は良好です。


未知の部分が多くて、手探り状態だけど、


幸いにも初期段階で先生に気づいてもらえて、本当によかった。


治療の手段があり、効果が出てることを素直に喜びたいと思います。







ひめはとっても頑張ってますよ!!






私はたくさん泣いて、


なんで ひめばかり? と恨みがましいことも思ったけど、


もう泣きません。


だからこうして書きました。






泣くもんか!!









まだ いろいろ書きたいことがありますが


続きや経過は 少しずつ、自分の中で消化しながら書きたいと思います。






皆さんに頂いた温かい言葉、応援、心から感謝しています。


その力をお借りして、


ひめは 私が守ります!!


























QLOOKアクセス解析






Last updated  2012.03.19 09:04:10
コメント(44) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.