1458186 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ポムブログ~ポム・スフレの名曲大百科

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


ポム・スフレ

Category

Favorite Blog

今日の音楽〜JOURNEY New! PeTeRさん

MY PET SOUNDS kawasima9さん
ANDY DAYS akikkiさん
僕のお気に入り junktion2006さん
Kids Don't Look Back Kid Blueさん
Elimのブロォグ Elim Garakさん

Comments

tk4@ Re:The Beatles 「The Fool On The Hill」(04/13) ポールで、というかビートルズで一番好き…
tk4@ Re:The Beatles 「Don't Let Me Down」(04/27) この曲はもう断然オリジナルの方がネイキ…
tk4@ Re:The Beatles 「I Will」(07/13) 私もこの曲大好きです。 Paulの曲で5指に…
tk4@ Re:John Lennon 「Nobody Loves You(愛の不毛)」(08/31) 普遍性。 この一言に尽きると思います。 …
Cream Wind@ Re:Bob Dylan 「Sad Eyed Lady Of The Lowlands」(11/20) はじめの、はじめ LP2枚組 バッチリも…

Archives

2020.10
2020.09
2020.08
2020.07
2020.06
2020.05
2020.04
2020.03
2020.02
2020.01

Freepage List

2007.11.07
XML
テーマ:洋楽(2642)
カテゴリ:60年代洋楽
"Love"という、そのものズバリな名前を持ったこのバンドは、鬼才アーサー・リーを中心として60年代半ばに、アメリカはロサンゼルスで結成された、白人黒人の混合バンドだった。
バンドの3rdアルバムである「Forever Changes」(写真)がリリースされたのは、サイケの花が咲き誇る1967年。
商業的な成功には至らなかったものの、サイケ、ガレージ、フォークなどの要素をゴッタ煮にしたサウンドにポップなメロディを乗せたその内容は、評論家筋から高い評価を受け、米ローリング・ストーン誌による「オールタイム・ベストアルバム」でも上位に選ばれている。

アルバムの冒頭を飾る「Alone Again Or」は、サイド・ギターにしてサブ・リーダーであるブライアン・マクリーンの作。
ソフトで親しみやすい感触を持ったフォーク・ロックだ。

なめらかにフェイド・インしてくる、アルペジオによるギターの音色が美しい。
流麗なメロディ、耳障りのいいボーカル、ストリングスや管楽器を大胆に使ったアレンジは、サイケとビートルズとバート・バカラックの美味しいトコ取りのようでもある。
それはアズテック・カメラペイル・ファウンテンズといったネオアコ系アーティストにも大きな影響を与えた。
間奏におけるスパニッシュ風のギターやトランペットもツボ。
曲全体を包む雰囲気もデリケートかつお洒落

発表から40年経った今でも瑞々しさを失わないこの曲は、「世紀の名曲!」…ってほどでもないかもしれないけど、聴くたびに心が洗われる気分になるのは確かだ。

この曲は後にダムド(!)がカバー。
ロバート・プラント(ex:Led Zeppelin)も、ラヴのファンである事を公言している。

「Forever Changes」は21世紀に入ってから、大量のボーナス・トラック入りでリイシューされた。
ポップスとしての美しさとほのかな狂気を兼ね備えたこのアルバムは、良質なポップ/ロックを求める人なら一度は聴いておいてもいいかもしれない。


「Alone Again Or」を聴くにはここをクリック!






Last updated  2007.11.07 07:37:27
コメント(0) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.