000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ポムブログ~ポム・スフレの名曲大百科

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


ポム・スフレ

Category

Favorite Blog

今日の収獲〜ポケモ… New! PeTeRさん

MY PET SOUNDS kawasima9さん
ANDY DAYS akikkiさん
僕のお気に入り junktion2006さん
Kids Don't Look Back Kid Blueさん
Elimのブロォグ Elim Garakさん

Comments

tk4@ Re:The Beatles 「The Fool On The Hill」(04/13) ポールで、というかビートルズで一番好き…
tk4@ Re:The Beatles 「Don't Let Me Down」(04/27) この曲はもう断然オリジナルの方がネイキ…
tk4@ Re:The Beatles 「I Will」(07/13) 私もこの曲大好きです。 Paulの曲で5指に…
tk4@ Re:John Lennon 「Nobody Loves You(愛の不毛)」(08/31) 普遍性。 この一言に尽きると思います。 …
Cream Wind@ Re:Bob Dylan 「Sad Eyed Lady Of The Lowlands」(11/20) はじめの、はじめ LP2枚組 バッチリも…

Archives

2020.08
2020.07
2020.06
2020.05
2020.04
2020.03
2020.02
2020.01
2019.12
2019.11

Freepage List

2007.12.03
XML
直感でクリムゾンを聴く事にした。
どんな直感だ、と聞かれるかもしれないが、それは内緒だ

アルバムは「Discipline」('81年、上写真)。CDをデッキに入れプレイ・ボタンを押す。

Talk , It's Only Talk♪
エイドリアン・ブリューが、ギターで象のトークをやっている。
エフェクターを駆使した、パオーンな響きがあまりにも有名な曲だ。

1981年、2枚のソロ・アルバムといくつかのセッション活動を経たロバート・フリップは、「Drive To 1981」なるテーゼを掲げて、新しいバンドを結成する。
メンバーはフリップの他に、クリムゾンの『太陽と戦慄』にも参加していたビル・ブラッドフォード(Dr)、フリップのソロ・アルバムに参加していたセッション・ベーシスト、トニー・レビン。
そして、フランク・ザッパ・バンド出身の個性派ギタリスト、エイドリアン・ブリューである。クリムゾン参加以前にもデヴィッド・ボウイやトーキング・ヘッズのサポート・メンバーとして来日経験もある人物だ。
新しい個性を得たフリップは、この四人でリハーサルを開始。バンド名は"Discipline(訓練)"と決まり、ツアーも始まった。
だが、ツアーの途中で突然、フリップが「これはクリムゾンだ」とか言い出したため、バンド名は急遽キング・クリムゾンに変更。かくして新生クリムゾンが誕生する事となった。
元のバンド名は、1stアルバムのタイトルとして残った。

で、「Elephant Talk」だ。
複雑かつ有機的に絡み合う四つの個性。
だが、フロントに出ているのは、ヴォーカルも担当するエイドリアン・ブリューだ。
クリムゾン史上、初のアメリカ人であり、ギタリストがヴォーカルを兼任するのも初の試みだった。

エキセントリックなブリューと、学者的なフリップ。
対照的な二人のギタリストが微妙なバランスで渡り合い、そこに職人肌のリズム隊が交わる事で、スリルとキッチュさを持った空間が生まれる。
それは"いわゆるクリムゾン"とは全く違うものであり、スケール的には若干こじんまりとしているが、これはコレでなかなか面白い。

ただし、曲調やリズム・アレンジは、ブリューも参加していた同時期のトーキング・ヘッズからの影響丸出し。
ブリューのヴォーカルなんて、まんまデヴィッド・バーンやんけー犬
けど、楽しめるから許す猫
アルバム3曲目には「Matte Kudasai(待ってください)」なんて曲も入ってるし。

それにしても、これを「クリムゾンの作品」として世に出したフリップは凄い。
輝かしい過去にこだわらず、前進しようとするその姿勢。
うーむ、このオッサン、文字通りプログレッシヴだ。
あるいは単に支離滅裂なだけなのかもしれないがスマイル

タイトル曲の演奏がブツリと切れる。
アルバムが終わった。
もういちどクリムゾンだ。プレイ・ボタンを再度押す。

象の咆哮が聞こえてきた。
ロバート・フリップがつべこべとギターを弾き、トニー&ビルのリズム隊がわちゃわちゃと動く。
イッツ・オンリー・トーク。
すべてはムダ話だ、と歌うエイドリアン・ブリューの声を聴きながら、俺は今日も、くだらないブログを書く。


「Elephant Talk」を聴くにはここをクリック!






Last updated  2008.10.20 09:43:59
コメント(6) | コメントを書く
[プログレッシヴ・ロック] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.