1419605 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ポムブログ~ポム・スフレの名曲大百科

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


ポム・スフレ

Category

Favorite Blog

今日の音楽〜RED GAR… PeTeRさん

MY PET SOUNDS kawasima9さん
ANDY DAYS akikkiさん
僕のお気に入り junktion2006さん
Kids Don't Look Back Kid Blueさん
Elimのブロォグ Elim Garakさん

Comments

tk4@ Re:The Beatles 「The Fool On The Hill」(04/13) ポールで、というかビートルズで一番好き…
tk4@ Re:The Beatles 「Don't Let Me Down」(04/27) この曲はもう断然オリジナルの方がネイキ…
tk4@ Re:The Beatles 「I Will」(07/13) 私もこの曲大好きです。 Paulの曲で5指に…
tk4@ Re:John Lennon 「Nobody Loves You(愛の不毛)」(08/31) 普遍性。 この一言に尽きると思います。 …
Cream Wind@ Re:Bob Dylan 「Sad Eyed Lady Of The Lowlands」(11/20) はじめの、はじめ LP2枚組 バッチリも…

Archives

2020.08
2020.07
2020.06
2020.05
2020.04
2020.03
2020.02
2020.01
2019.12
2019.11

Freepage List

2007.12.04
XML
象の次はラクダでいくか。

キャメルというと、白鳥のジャケットとロマンティックな演奏が美しい『The Snow Goose』が有名だが、ラクダさんが天を仰いでいる(上写真)アルバム『Breathless』('78年)も見逃せない名盤だったりする。

この前年には、カンタベリーの重要人物、リチャード・シンクレアが。
そしてこのアルバムからは、メル・コリンズが正式加入(前作でもゲスト参加はしていた)。

役者が揃った状況で制作された本作は、フュージョン色をさらに強めた、ダイナミックで美しい演奏が素晴らしい一枚となった。
全体的に聴きやすく、どれをとってもプログレ云々を越えた名演なのだが、やはり白眉なのはドラマティックで幻想的な演奏が圧巻な「Echoes」や、アンディ・ラティマーの美しいギターが存分に堪能できる「Summer Lightning」といった所か。

その一方で、普通にポップスとして楽しめる曲が収められているのも本作の魅力。
そこで今回取り上げたいのが「Down On The Farm」だ。
作詞作曲は、リチャード・シンクレアである。

4分15秒という、コンパクトにまとめられたこの曲。
「農園にて」なんてタイトルを持つ割りには、パワーポップよろしくなギター・リフのイントロで、おおっびっくりと引き込まれる。

かと思うと、続いて始まるのは、歯切れのいいリズム・ギターとふくよかなフルートの響きが印象的な、スリリングでいて、のどかな演奏ひよこ
その上に紳士然としたシンクレアの低音ヴォーカルが乗っかる(何気に早口なのが楽しい)。
優雅でメロディアスに流れていく、この感触がステキ。
バックではニワトリも鳴いてるし。ん~、確かに農園だぶた

曲は中盤に入ると、もういちどソリッドなギター・リフが唐突に飛び出し、そしてまた何事もなかったかのように元の演奏に戻る。
ユーモラスでいいねえ、この構成。そのくせ楽曲も演奏もしっかりしてるし。
英国の片田舎でのんびり陽の光晴れでも浴びながら聴きたい、チャーミングなポップ・ナンバーさウィンク 普段プログレを聴かない人にもオススメよ。

つーコトでここをクリック!
のどかな田園風景を眺めながらお楽しみください。

<結論>
アルバム「Breathless」は、この曲や前述の「Echoes」をはじめとして、駄曲なしの名盤じゃ!






Last updated  2007.12.04 15:11:38
コメント(4) | コメントを書く
[プログレッシヴ・ロック] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.