1413615 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ポムブログ~ポム・スフレの名曲大百科

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


ポム・スフレ

Category

Favorite Blog

CD購入〜JOHN FOXX A… New! PeTeRさん

MY PET SOUNDS kawasima9さん
ANDY DAYS akikkiさん
僕のお気に入り junktion2006さん
Kids Don't Look Back Kid Blueさん
Elimのブロォグ Elim Garakさん

Comments

tk4@ Re:The Beatles 「The Fool On The Hill」(04/13) ポールで、というかビートルズで一番好き…
tk4@ Re:The Beatles 「Don't Let Me Down」(04/27) この曲はもう断然オリジナルの方がネイキ…
tk4@ Re:The Beatles 「I Will」(07/13) 私もこの曲大好きです。 Paulの曲で5指に…
tk4@ Re:John Lennon 「Nobody Loves You(愛の不毛)」(08/31) 普遍性。 この一言に尽きると思います。 …
Cream Wind@ Re:Bob Dylan 「Sad Eyed Lady Of The Lowlands」(11/20) はじめの、はじめ LP2枚組 バッチリも…

Archives

2020.08
2020.07
2020.06
2020.05
2020.04
2020.03
2020.02
2020.01
2019.12
2019.11

Freepage List

2008.08.21
XML
テーマ:洋楽(2589)
カテゴリ:70年代洋楽
Big Starというバンドを作ったアレックス・チルトンは、ロック史上に残るカルト・スターとなってしまった。
誉めているのかケナしているのか、書いている自分もよく分からないのだが、とりあえずこれは事実だと思う。
実際、アレックスという人は、好きな人にとっては"神レベル"なアーティストかもしれないが、そうでない人には「誰それ?」ほえーな存在ではないかと。
それくらい、落差のある才人なのだ。
パワポオタである自分にとっては、当然、前者なワケだが。。。ひよこ


メンフィス生まれのアレックス・チルトンが世に出たのは'67年、16歳の時である。
ブルー・アイド・ソウル系グループ、ボックス・トップスのヴォーカリストとしてだった。
代表作として知られる「The Letter(あの娘のレター)」は、'67年9月に全米1位を記録。
ジョー・コッカーにも歌われたこの曲は、60年代ヒット・ポップスのファンなら知っている人も多いだろう。

しかし、チルトンの本領はボックス・トップスを脱退した時からはじまる。
地元メンフィスに戻ったチルトンは'71年、高校時代の級友であるクリス・ベルと、そのバンド仲間だったアンディ・ハメル(b)、ジョディ・スティーヴンス(Dr)とともにビッグ・スターを結成する。
バンド名は、彼らが見たスーパーマーケットの店名から取られたという。

エルヴィス・プレスリーの故郷でもあるメンフィスは、黒人音楽のメッカとして知られていたが、チルトンやベルの指向していたものはそれとは全く違っていた。
二人が作ろうとしたのは、"60年代ブリティッシュ・ビート"風のギター・ロックだった。
それは、ビートルズやキンクスなど、彼らが少年時代に親しんだ音楽へのオマージュでもあった。

チルトンとベルの共作を大半とした12曲は、ビッグ・スターの1stアルバム『No.1 Record』('72年、上ジャケット)としてまとめられた。
そこにおさめられた音楽は、「ビートルズのコーラスと、キンクスやThe Byrdsのギター・サウンドを合体させた」という形容がふさわしいものとなっている。
のちに"パワーポップのルーツ"とも言われるこのサウンドは、今聴いてもシンプルで強く、美しい響きをたたえていると思う。

「Ballad of el Goodo」はアルバムの二曲目に配された、アコースティック風味の名曲。
クレジットはアレックス・チルトンとクリス・ベルの共作となっているが、楽曲およびアレンジはベルの個性が色濃く出ている。
あたたかな感触を持つギター・サウンド、センシティヴなメロディは、素晴らしいの一言。サビ部分の広がるような美しさは特筆ものだ。
計算されたコーラス・ワークにも注目したい。独特かつ清涼感あるハーモニーが曲の完成度を高めている。
演奏はタイトに引き締まっており、そのせいか、バラードでありながら湿っぽくならない絶妙の仕上がりとなった。
ちなみに、アレックス・チルトンの唱法はボックス・トップス時代のものとはまったく異なっており、言われなければ「The Letter(あの娘のレター)」と同じ歌い手だとは誰も気づかないだろう。
それほどまでにこの曲は美しく、そして繊細だ。

アルバム自体も素晴らしい出来で、一部の評論家からは高い評価を受けたという。
だが、事実上のインディ扱いだったこともあり、何のプロモーションもされなかったこの作品は、当時まったく売れなかった。
そのうえ、チルトンと音楽的に対立したクリス・ベルは程なくバンドを脱退。
ビッグ・スターは、チルトンを中心としてさらにアルバムを二枚出すがやはり売れず、そのまま消滅してしまう。

クリス・ベルは、正式な音源を発表することも出来ないまま、'78年に交通事故で死去
チルトンはその後もソロ活動を続け、ロカビリー・バンドで演奏したりもするが、一時はレストランで皿洗いをするまでになってしまったという。
才能に恵まれながらも、時代の中で居場所を見つけられなかった男達の悲劇だった。

だが、ビッグ・スターおよびチルトンの名は、アンダーグラウンド・シーンの中で生き続け、次世代のミュージシャン達によって再びスポットを当てられる。
'86年にメジャー・デビューしたバングルズは、1stアルバムの中で「September Gurls」をカバーしていた。
リプレイスメンツは、'87年のアルバムで「Alex Chilton」というその名もズバリの曲を収録している。
その後もR.E.M、プライマル・スクリーム、ティーネイジ・ファンクラブといったバンドの後押しにより、チルトンの評価はウナギ昇りとなる。
'93年には、ポウジーズのメンバーを加えた編成でビッグ・スターは再結成された。
'94年には、幻とされていた1stと2ndがCD化され、その素晴らしさが若い世代にあらためて知られることとなった。
'05年には27年ぶりのオリジナル・アルバム『In Space』も発表され、'06年にはトリビュート・アルバムも出ている。
そういえばチープ・トリックも近年のライヴで、ビッグ・スターの曲をカバーしていたっけなぁ。

ポップで美しく、だけどコマーシャリズムに媚びない鋭さを持ったビッグ・スターの音楽は孤高であり、これからも輝きを失わないと思う。
愚直でガンコ親父面で、本能のままに、だけどいーかげんに現在も音楽活動を続けるアレックス・チルトン。
優れたメロディ・メイカーでありながら時々トチ狂ったようなこともするこの男には、カルト・スターの称号がふさわしい。
クリス・ベルも草葉の陰でほくそ笑んでいることだろう。

ビッグ・スター名義でのアルバムはすべてが必聴!

つーコトで「Ballad of El Goodo」を聴くにはここをクリック。
元祖パワーポップともいえる名曲「September Gurls」(2ndアルバム収録)はこちら


※ポム・スフレのメインHPではクリス・ベルのソロ・アルバムについて取り上げられています。






Last updated  2008.08.21 04:14:52
コメント(2) | コメントを書く
[70年代洋楽] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.