1393723 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ポムブログ~ポム・スフレの名曲大百科

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


ポム・スフレ

Category

Favorite Blog

今日の収獲〜ポケモ… PeTeRさん

MY PET SOUNDS kawasima9さん
ANDY DAYS akikkiさん
僕のお気に入り junktion2006さん
Kids Don't Look Back Kid Blueさん
Elimのブロォグ Elim Garakさん

Comments

tk4@ Re:The Beatles 「The Fool On The Hill」(04/13) ポールで、というかビートルズで一番好き…
tk4@ Re:The Beatles 「Don't Let Me Down」(04/27) この曲はもう断然オリジナルの方がネイキ…
tk4@ Re:The Beatles 「I Will」(07/13) 私もこの曲大好きです。 Paulの曲で5指に…
tk4@ Re:John Lennon 「Nobody Loves You(愛の不毛)」(08/31) 普遍性。 この一言に尽きると思います。 …
Cream Wind@ Re:Bob Dylan 「Sad Eyed Lady Of The Lowlands」(11/20) はじめの、はじめ LP2枚組 バッチリも…

Archives

2020.07
2020.06
2020.05
2020.04
2020.03
2020.02
2020.01
2019.12
2019.11
2019.10

Freepage List

2008.09.24
XML
テーマ:洋楽(2568)
カテゴリ:70年代洋楽
童話の挿絵みたいな上のジャケットは、「世界一悲しい声の持ち主」と言われるロバート・ワイアットが結成したマッチング・モウル(そっくりモグラ)のアルバムである。
'45年生まれのワイアットは、イギリスのプログレ/サイケ・ポップ・バンド、ソフト・マシーンのドラマーでありヴォーカリストだった。
ソフト・マシーンの1stから4thアルバムまで参加したワイアットだったが、音楽性の違いを理由に'70年にグループを脱退(本人いわくクビだったとか)。
その翌年に、元キャラヴァンのデヴィッド・シンクレアやフィル・ミラーと組んで新しく結成したのがマッチング・モウルだった。

1stアルバム『Matching Mole』の発表は'72年。
バンド名は、ソフト・マシーン(Soft Machine)のフランス語読みであるマチンヌ・モル(Machine Molle)をもじったものだとか。
不思議な感触をもつポップ・ソングと緊張感のあるジャズ・ロックが同居した音楽性は、ある意味ソフト・マシーンの音楽をワイアット流に受け継いだものと言える。
そしてそれは、プログレというかどうかはともかく、カンタベリー・サウンドと呼ぶにふさわしい個性を持っていた。

アルバムの冒頭を飾る「O Calorine」は、ワイアットとデヴィッド・シンクレアの共作による哀しくて美しい一曲。
のちの名唱「Sea Song」や「Shipbuilding」(※)にも通じる珠玉のバラード・ナンバーだ。

曲は、ワイアットの弾くメロトロンからはじまる。
淋しげで、どこかほのぼのとした音色。
それを包みこむデヴィッド・シンクレアの優しいピアノがたまらない。
メロディはやや暗めだが、ポップで耳にスッと入ってくる分かりやすさだ。
後ろで淡々とリズムを刻む打楽器の音も、なんともいえない。

ワイアットはこの時28歳。
彼の歌声はくぐもっており、すでに何かを達観しているかのような老成感がある。
同時に、そこにはセンシティヴで少年の心を残したような純朴さも感じられる。
「I Love You Still...Caroline」というストレートな一節も胸を打つ、ワイアット印の名唱だ。

この後、もう一枚アルバムを残してマッチング・モウルは一旦解散する。
新しいバンドの結成に向けて意欲的にリハーサルをこなしていたワイアットだったが、神は彼に残酷な仕打ちをする。
その直後('73年7月)に起こった転落事故により、ワイアットはなんと下半身不随になってしまうのだ。
ドラマーとしての生命を絶たれたどころか、歩くことすらもできなくなった彼は、絶望の淵に立たされながらも曲を書き続けた。
そして'75年、友人達のあたたかいバック・アップを受けて、ワイアットは車椅子に座ったまま音楽シーンへの復帰を果たし、現在に至る。
そんな彼の壮絶なミュージシャン人生を思うと、「O Caroline」の歌声がよけい胸に突き刺さる涙ぽろり

マッチング・モウルのほか、ワイアットのソロ・アルバムは『Rock Bottom』、『Nothing Can Stop Us』、『Shleep』など名盤多数
モンキーズの曲をカバーした「I'm A Believer」での、はかなげな歌唱も忘れられない。
運命にもめげず、今も歌い続ける孤高の音楽家ワイアット。

つーコトで、「O Caroline」を聴いて彼の世界に触れてみよう。
ここをクリック。
車椅子の戦士の歌声に泣け!


※ エルヴィス・コステロの作品






Last updated  2008.09.24 06:43:38
コメント(2) | コメントを書く
[70年代洋楽] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.