1394329 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ポムブログ~ポム・スフレの名曲大百科

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


ポム・スフレ

Category

Favorite Blog

今日の収獲〜ポケモ… New! PeTeRさん

MY PET SOUNDS kawasima9さん
ANDY DAYS akikkiさん
僕のお気に入り junktion2006さん
Kids Don't Look Back Kid Blueさん
Elimのブロォグ Elim Garakさん

Comments

tk4@ Re:The Beatles 「The Fool On The Hill」(04/13) ポールで、というかビートルズで一番好き…
tk4@ Re:The Beatles 「Don't Let Me Down」(04/27) この曲はもう断然オリジナルの方がネイキ…
tk4@ Re:The Beatles 「I Will」(07/13) 私もこの曲大好きです。 Paulの曲で5指に…
tk4@ Re:John Lennon 「Nobody Loves You(愛の不毛)」(08/31) 普遍性。 この一言に尽きると思います。 …
Cream Wind@ Re:Bob Dylan 「Sad Eyed Lady Of The Lowlands」(11/20) はじめの、はじめ LP2枚組 バッチリも…

Archives

2020.07
2020.06
2020.05
2020.04
2020.03
2020.02
2020.01
2019.12
2019.11
2019.10

Freepage List

2008.09.29
XML
テーマ:洋楽(2569)
カテゴリ:70年代洋楽
大好きってわけでもないけど、時々ムショーに聴きたくなってしまう曲がある。
ルパート・ホルムズの「Escape」もそのひとつだ。
'79年12月22日付ビルボード第1位。
70年代最後の全米ナンバー・ワン・ヒット曲である。
昔、これが収録されている『Partners In Crime』の中古LPを、掘り出し物市の百円コーナーで買ったのはワタシですスマイル

ルパート・ホルムズはイギリス生まれのニューヨーク育ちというミュージシャンだ。
'47年生まれの彼は、裏方として音楽業界で仕事をはじめ、ジーン・ピットニー、ドリフターズ(もちろん黒人グループの方)、パートリッジ・ファミリーなどに曲を提供していた。
「Tracy」('69年、米9位)のヒットで知られるグループ、カフ・リンクスにも一時在籍してたというトリビアな過去もある。

そんな彼の、自身のアーティスト・デビューは'74年。
1stアルバム『Widescreen』は商業的には失敗したが、そのアルバムを聴いたバーブラ・ストライザンドはルパートの曲を取り上げ、プロデューサーとしても招いた。
その後、ジョン・マイルズやスパークスなどのプロデュースを手掛けた彼は、'78年に名盤の誉れも高い『Pursuit of Happiness(浪漫)』を発表。
さらにその翌年に発表されたのが『Partners In Crime』だった。

「Escape (The Piña Colada Song)」は、そこからの第二弾シングルである。
AOR寄りの軽快なポップ・チューンで、"ピニャ・コラーダ"(←カクテルの一種)という名前を広めるのに一役かった名曲だ。
この曲の一番の特徴は、歌詞がひとつのドラマ仕立てになっている所だろう。

ストーリーを要約するとこうだ。
男は、今の恋人と倦怠期を迎えている最中だ。彼は新しい刺激を求めていた。
ある日彼は、雑誌かなんかの文通広告欄(今でいう出会い系)に載っていたひとりの女性の文章に興味を持ち、アプローチを試みる。
二人はバーで会うことになったのだが、約束の日にバーに入ってきた女性の顔を見て、男は仰天する。
その女性は、飽き飽きしている今の自分の恋人だったのだ。
相手も自分と同じ鬱屈した思いを抱えていたのだ。
この出来事がきっかけで、二人は互いを見つめ直し、そしてやり直すのでした--------じゃんじゃん。
ん~、ライト系短編小説というか、お手軽なハリウッド映画みたいですね。

楽曲的にも、小粋で覚えやすいメロディ、オシャレだけど歯の浮かないサウンドは悪くない。
ルパートの歌声も、いい意味で中庸だ。
秋の夜長に聴くにはちょいとオススメな一曲です。
お供としてピニャ・コラーダがあれば、なお良し。なんちってスマイル
ちなみにこの曲、「シュレック」、「マーズ・アタック」、「デトロイト・ロック・シティ」など、映画の中で使われることも多いです。

これが収録されている『Partners In Crime』は、他にも全米6位を記録した「Him」や「Nearsighted」、「Answering Machine」などの佳曲が入った一枚。
あるいは「Speechless」、「Terminal」などの名曲も入っているベスト盤で聴くのもいいかも。

なお、現在のルパートさんはポップ・フィールドから距離を置き、劇作家、小説家として活躍中との事。
やっぱりドラマを書くのが好きなんですね、この人猫


つーコトで「Escape」を聴くにはここをクリック!
If you like Pina Coladas, and getting caught in the rain...♪






Last updated  2008.09.29 08:32:18
コメント(2) | コメントを書く
[70年代洋楽] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:Rupert Holmes 「Escape」(09/29)   rokuchan さん
懐かしい曲、そしてアルバムですね。
私の場合、無性に聴きたくなるのは「Him」の方で、しょーもない浮気がテーマですけど、引きずるようなリズムと、裏声のパートがくせになります。
ルパートさんが来日したとき、「ベストヒットUSA」で小林克也氏のインタビューを受けた後、突然「この人、俺より英語がうまいよ!」と言い出したのは有名な話かな? (2008.10.02 21:06:37)

Re[1]:Rupert Holmes 「Escape」(09/29)   ポム・スフレ さん
rokuchanさんどうもです。

>懐かしい曲、そしてアルバムですね。
---考えてみれば、コレが出てから来年でもう30年になるんですね。
ひえ~、です。

>私の場合、無性に聴きたくなるのは「Him」の方で、しょーもない浮気がテーマですけど、引きずるようなリズムと、裏声のパートがくせになります。
----分かります(笑
僕も「Him」のサビが時々アタマの中でリフレインするんですよ。
ルパートさん、何気にスゴイ人だと思います。

>ルパートさんが来日したとき、「ベストヒットUSA」で小林克也氏のインタビューを受けた後、突然「この人、俺より英語がうまいよ!」と言い出したのは有名な話かな?
-----ワタシは全然知りませんでした(笑
ん~、その時の映像見てみたいなぁ。

なお、このブログは2008年9月をもって終了させていただきました。
今まで読んでいただき本当にありがとうございます。
今度はrokuchanさんが楽天で音楽ブログをやってくださいな(笑

またいつの日か会いましょう。
あらためて、ありがとうございました(^―^)

ではでは。
(2008.10.03 05:55:07)


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.