070948 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

ぽんぎず日記

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天プロフィール

設定されていません

お気に入りブログ

プデチゲ第3弾 New! はんらさん

くるみのブログ くるみ1101さん
愉快なジョン家 *ライム*さん
タノシクイキタイ はんな。さん
韓国で育児 キメ5313さん

コメント新着

らめ仙人@ 初セッ○ス大成功!! 例のミドリさん、初めて会ったのに、僕の…
開放感@ 最近の大学生は凄いんですね。。 竿も玉もア○ルも全部隅々まで見られてガ…
まさーしー@ なんぞコレなんぞぉ!! ぬオォォーーー!! w(゜д゜;w(゜д゜)w…
通な俺@ 愛 液ごちそうたまでしたw http://hiru.kamerock.net/ir-dlnb/ フ○…
バーサーカー@ ヌォォオオ!!!!!! http://bite.bnpnstore.com/at81bs6/ お…

フリーページ

息子のりん,せんとの
韓国生活をつづった日記です。
ふたりが寝てる間に日記更新~♪ 
cat2.jpg




cc-wivesグループに参加する


2006年10月02日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
すっご~く久しぶりの日記更新です。
日記やめちゃったの?と言われて久しいですが・・・。
せっかくはじめた日記だし、せんのこともいろいろ書いておかないと、
私のことだから、ぜんぶきれいさっぱり忘れてしまうに違いないわ。
ということで、また気を取り直して続けることにしました。
読みに来てくれた方、また来てくださいね~。
それはそうと、日記をさぼってるうちにりんは満3歳、せんもはや7ヶ月になってしまった。
りんは、日本の夏を満喫してすっかり焼けて黒くなり、口も達者になった。
自分の要求が通らないと、”そしたら、もうオンマ(お母さん)に何にも買ってあげないよ!!!”と脅すか(笑)、
”りん、さみしいな~・・。”とすねてみせるというわざを身につけ、
その時の状況に応じて使い分けるようになった。(笑)
せんはなんだかりんの時よりもだいぶやることが早くて、はいはいが上手になってきたな~と思ってたら、なんと早くもつかまり立ちをするようになった。
あちこちはいはいで動き回って、いろいろなものを口にいれて探索に忙しい。
相変わらず、よく遊び、よく笑い、よく寝て、よく食べる、乳児の鏡みたいな子だ。
離乳食も口に運ばれてきたものを、スプーンごとかぶりつくようにくわえて、
けっこう上手に飲み込む。それにけっこう食べる。
もっとあげようと思ってスプーンを口から抜こうとすると、とられると思うみたいで
抵抗して離さない。
食欲旺盛なためか母乳だけで育ってるのに、背は平均で、体重はいつも1ヶ月先の平均値をマーク。母乳で育った子はスリムっていうのにね~。
ああ~、将来の我が家の家計、大丈夫なの~?!
そんな健康優良児のせん。実は先月韓国の看護協会とかいう団体が主催している
“母乳授乳健康児大会”という忠清道の催しに出場してきた。
これは、以前保健所で予防接種をした際に登録したデータをもとに、いくつかの条件
(大会時に満何ヶ月で、母乳のみで育っていて、身長体重が基準以上で・・というもの)に該当する子を適当に選んで電話をかけてきているようだ。
中でも、外国人母の子の枠が何人かあったようで、どうも私が外国人だったために
選ばれたようだ。
というのも、この大会、あとで知ったことだけど、参加希望者が多くてなかなか出場できないらしい。
なんで、みんな参加したがるの?と思って聞いてみたら、賞をとれば金メダルがもらえるし、子どもとのいい思い出になるとのこと。
そうか、それなら参加してみるか?金メダルもらえたらうれしいなーと軽い気持ちで承諾。
その後、授乳体験記をB4用紙に2枚分書いたり、授乳中の写真を撮ったりして、いよいよ当日。
会場が近所だったこともあって、りん、せんをつれてふらふら~と気軽に行ってみたら、なんか雰囲気がすごい・・・!
私のように母子だけで来てるひともいるにはいるけど、だんなさんが休暇を出して来ていたり、じいちゃん・ばあちゃんまで一緒に来てる人も多かった。
そんなんだから、記念撮影の時なんか、カメラマンが“こちら見てください~!”というのでそっちを見ると、別の偽カメラマンたち(誰かのお父さん)が何人も“こっち見て~!”と叫ぶので、どこを見ていいのやら収拾がつかなくて、写真撮るのにも時間がかかったわ。
ただでさえ、6,7ヶ月の子たち50人くらいで写真を撮るって大変なことなのにね。
ところで、出場前から疑問だったのが、“何を競うのか?”ということ。
発育が早いとか、からだが大きいとか、そういうことを競うのも変だしな・・・と。
行ってみてしたことといえば、授乳をして見せること、栄養相談を受けて離乳食の仕方を話すこと、小児科の先生の前で発育チェックを受けることだけだった。
それに、授乳体験記、写真の出来による得点がプラスされて各自持ち点が計算されたようだ。
で、せんはというと、なーんと、ジャンリョ健康賞という賞を受賞!!
受賞の理由もよくわからないまま出て行くと、親指のつめほどの大きさの金のメダルをもらえた。
ラッキー!でかしたぞ、せん!
さっそくだんなに電話で金メダルをもらったことを伝えると、だんなったら
一瞬喜んだかと思ったらすぐに、“それ、早いとこ売ってしまおう”だと・・・。
“え、せっかくの記念の金メダルなのに?”という私に、
だんなは“今、金の価格がすごく高いんだ。そのくらいの金なら、7万ウォン(6000円くらい)になるよ。本棚ほしいだろ?”
そうなのだ。実は先月、同じ本ばかり読んでるりんを不憫に思って、中古で本を買ってあげたんだけど、その本が70冊。(韓国ではこういう風にテーマ別にセットで買うのが普通なのだ)
思い切って買ったはいいけど、本棚がなくて、変な小さい棚に無理やり入れてあるのだ。
本棚がほしいとは思っていたものの、お金がなくて・・・という状況だった。
それを聞いて、私はすぐに心変わりした。
だんなは帰宅するやいなや、近所の宝石屋に電話して金の価格を聞いている。
そして、“今から行けば今日のレートだけど、週末はさんで月曜日に行ったら、
レートが下がってきてるから安くなっちゃうよ。今すぐ行こう“といって慌ただしい。
なんか、よくわかんないけど、本棚は13万ウォンだから、少しでも高く売れたほうが助かるし・・、今すぐ写真撮影して、売りに行ってもらうことになった。
せんはというと、寝起きでなんか不機嫌。泣くせんをなだめて、さっさと写真を撮って
金を売りに・・・。
なんか、6ヶ月の子がもらってきた記念品をさっさとお金に換えちゃう私たちってさ・・。
記念品は記念品としてとって置けるような、余裕のある生活、したいわ・・。
でも、せんったら、孝行息子だわ。ほんの6ヶ月にして稼いでくるなんて!
せんちゃん、これからも頼むよ~。








最終更新日  2006年11月28日 00時51分27秒
コメント(87) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.