000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

日本酒類文化振興会

PR

X

全911件 (911件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 92 >

2016/03/03
XML
カテゴリ:お店
都営地下鉄「本所吾妻橋」駅のエレベータから徒歩ゼロ分のこの店は、エレベータのドアが開くとすぐ右手に、杉玉が下がる店構えで迎えてくれる。

店主の佐々木さんは元々設計関係のお仕事をされていて、有楽町の国際フォーラム等にも関与されている異色の経歴の持ち主。

飽くなき食への探究心から、和洋を問わず時間の許す限り食べ歩き、それらへの投資が現在の山介の創作性溢れる料理に反映されている。

蕎麦屋ではなく日本酒処なので、酒を飲まない人はお断りの店としてスタートしたが、元々同地の店舗が蕎麦店だったため、家族連れ等蕎麦目的の人を断るのに苦労していた。
昨年9月より、思い切ってコース料理オンリー(3800円、5800円~)に変更したことにより、そうした説明も不要になり、料理の提供もスムースになった。

5800円のコースでは、〆の蕎麦のみならず、途中で創作的な蕎麦の一品で変化をつけるなど、蕎麦へのこだわりは勿論強い。

肝心の日本酒は常時30~40種類以上は必ず用意されていて、選ぶのに嬉しい悩み事になるに違いない。
(写真のアップの制限数より、全ては掲載できていない。)
rblog-20160303150632-00.jpg
rblog-20160303150632-01.jpg
rblog-20160303150632-02.jpg
rblog-20160303150632-03.jpg
rblog-20160303150632-04.jpg
rblog-20160303150633-05.jpg
rblog-20160303150633-06.jpg
rblog-20160303150633-07.jpg
rblog-20160303150633-08.jpg
rblog-20160303150633-09.jpg






Last updated  2016/03/03 03:06:46 PM
コメント(0) | コメントを書く


2016/03/02
テーマ:お酒大好き(3956)
カテゴリ:お店
上野広小路の人気店「鳥恵」で腕を磨いて、一昨年開業された浅草の「鳥なお」にお邪魔しました。
きっかけは本所吾妻「山介」のカウンターで、店主の影山さんと偶然隣り合わせになった事から。
店内はお客さんが居たので撮ってませんが、カウンター8席と小上がり6席。外国の方も3名いました。
丁寧な仕事で美味し過ぎるので、お酒が進みます。
なおかつ、コスパも最高でした。
DSC_0629.JPG
DSC_0632.JPGDSC_0633.JPGDSC_0634.JPGIMG_20160217_232631_1.jpgIMG_20160217_232539_1.jpg1455710453220.jpg1455710171725.jpg1455712937305.jpgDSC_0631.JPG1455708149061.jpg1455710300256.jpg1455711971558.jpg






Last updated  2016/03/02 10:08:23 PM
コメント(0) | コメントを書く
2015/02/15
カテゴリ:日本酒・広島県
賀茂泉の蔵の特徴は二つ。
昭和40年より純米酒を商品化していること。
炭素濾過をしないこと。

今回四人で利いたが全員がウマイの声を漏らした。
田酒好きの人に合うと思います。
rblog-20150215124145-00.jpg






Last updated  2015/02/18 04:09:44 PM
コメント(0) | コメントを書く
2014/04/09
カテゴリ:日本酒・愛媛県
明治11年創業ながら、平成初期の10年ほどを休業しており、平成13年に現在の社長が周囲の反対を押し切って復活させ、現在新居浜市で唯一の蔵となった近藤酒造です。
この蔵の酒は今回初めて飲んだと思います。(酔っ払って何を飲んだか記録していないことがしばらく続きましたので。)

米の旨味がしっかり載ったまさに米の酒。気に入りました。
rblog-20140409111016-00.jpg






Last updated  2014/04/09 11:10:20 AM
コメント(0) | コメントを書く
2014/04/08
カテゴリ:日本酒・石川県
菊姫というと、初代IWCチャンピョン・オブ・SAKEの「鶴乃里」をはじめ、山廃純米など、かつて農口尚彦杜氏が築いたどっしりした酒を想起して、「にごり酒」というイメージはありませんでした。
それが今回たまたま飲む機会を得ました。

スッキリ、しっかり、甘酸バランス良し。これはスイスイ飲んでしまいそう。
さすがに菊姫、使用米は兵庫県三木市吉川町(特A地区)産の山田錦を全量使用していますが、「アルコール添加が酒の美味さを昇華する」との信念を持つこの蔵らしく、酒の分類上は普通酒です。
従って、価格も一升瓶で2000円強と、難しいことを言わなければ手頃なお値段で飲み応えあるにごり酒を楽しむことが出来ると言えるでしょう。
rblog-20140408113011-00.jpgrblog-20140408113012-01.jpg






Last updated  2014/04/08 11:30:18 AM
コメント(0) | コメントを書く
2014/04/07
カテゴリ:日本酒・秋田県
美味いながら日本酒に新しい息吹を吹き込んでくれる「山本」。
春限定のうすにごり純米吟醸がピンクの「うきうき」です。

「吟の精」を55%まで精米し、ゴージャス山本酵母で醸したこの酒は、スッキリ軽快、白神山地の春を想像させてくれる爽やかさです。
うきうきと何杯でもいけそう(^-^)
rblog-20140407145534-00.jpg






Last updated  2014/04/07 02:55:38 PM
コメント(0) | コメントを書く
2014/04/04
カテゴリ:日本酒・佐賀県
伊万里で「松浦一」を醸す松浦一酒造は、創業1716年というから再来年には300年になります。
そして、この蔵を長きに渡って守ってきたのは、水神としての河伯(カッパ)であるとして、そのミイラの実物を見学に供しているという珍しい蔵でもあります。

この大吟醸は一本3000円(税抜き)。山田錦を35%まで精米した、いわゆる鑑評会出品酒的なもので、香りも吟醸香が華やかに立ち上がってくる。
同席したペアの人は「美味しい!」と絶賛していました。
rblog-20140404122210-00.jpgrblog-20140404122210-01.jpg






Last updated  2014/04/04 12:22:16 PM
コメント(0) | コメントを書く
2014/04/03
カテゴリ:日本酒・大分県
一昨日の「沙羅(さら)」が純米大吟醸で、1本5859円(4合瓶)に対して、本日の「光樹」は2257円と半値以下。
だけど、価格差ほどの味わいの差は感じない。
むしろ、やや酸を感じさせる沙羅よりも、こちらの光樹のほうが飲み口はオーソドックスかもしれません。

大分の酒というと「西の関」が真っ先に浮かびますが、まだまだ奥行きが深い。もっと飲まなくては!
rblog-20140403151819-00.jpg






Last updated  2014/04/03 03:18:22 PM
コメント(0) | コメントを書く
2014/04/01
カテゴリ:日本酒・大分県
大分市内唯一の日本酒蔵「倉光酒造」は、ちょうど150年前の創業です。
本品は山田錦を40%まで精米して醸し、斗瓶取りした無濾過の純米大吟醸。
日本酒度は+6、酸度は1.4。

ちょっと個性的な香りがそこはかとなく漂いますが、綺麗で飲みやすい酒です。
rblog-20140401123312-00.jpg






Last updated  2014/04/01 12:33:15 PM
コメント(0) | コメントを書く
2014/03/31
カテゴリ:日本酒・秋田県
田从(たびと)といえば、酸味が強く、決して軽快ではない個性的なお酒ですが、燗づけすると劇的に変身する「燗あがり酒」として存在感ある銘柄ですね。
その山廃純米ということで、覚悟してまずは冷やで飲みました。
ところが、槽掛袋搾りによる贅沢な搾りのためか、アルコール度18-19%を感じさせない飲みやすさで、9号系酵母の穏やかな香りも心地良い。

燗づけもしてみましたが、この一本に関しては冷やのままの方が私の好みでした。
rps20140331_114057.jpg
rps20140331_114129.jpg






Last updated  2014/03/31 12:22:33 PM
コメント(0) | コメントを書く

全911件 (911件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 92 >


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.