981831 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

日本酒類文化振興会

PR

X

Archives

2021/04
2021/03
2021/02
2021/01
2020/12
2020/11
2020/10
2020/09
2020/08
2020/07

Category

2008/04/18
XML
テーマ:お酒大好き(3999)
カテゴリ:日本酒
秋田県潟上市飯塚の小玉醸造は、明治12年に醤油・味噌の醸造で創業し、その後大正時代に入ってから我々にも馴染み深い「太平山」の名称で日本酒をこの世に送り出した。

小玉醸造のある羽後飯塚駅
RIMG1273.JPG

小玉醸造の全景
RIMG1271.JPG

この蔵を訪問した時、試飲した生もと純米は安くて旨かったが、東京でも手に入るので、酒は買わずに醤油を買って帰った。

ここの醤油は今では珍しい「秋田杉」の大樽で醸す貴重なもの。
歴史を感じさせる醤油醸造蔵の入口
RIMG1267.JPG

秋田杉の樽はこのように、背丈よりも大きい!
使用に耐えなくなって取り壊した時に、樽の製造年月と製作者の名前が分かるという。
明治時代より100年以上醸してきた樽がたくさんある。
RIMG1266.JPG

醤油の香りが充満する樽を上から見たところ
RIMG1265.JPG

蔵の展示試飲場はこのようになっている
RIMG1262.JPG


さて、神月(しんげつ)・生もと純米「杜氏 藤田喜代美隠し酒」であるが、武蔵小山の信濃屋で購入したもの。4合瓶1050円。
RIMG1524.JPG

原料米は美山錦100%、精米歩合59%、使用酵母1701号、杜氏は藤田喜代美(山内杜氏)。
外観は今流行りの古新聞包みだが、なぜか英字新聞を使っている。

味わいとしては想像していたよりも個性は強くなく、万人受けするタイプだろうか。
香りは抑えて、昔ながらの酒を思い起こさせるオーソドックスな造りとなっている。

今度はもう一度ベーシックな生もと純米を味わってみようかな。






Last updated  2008/04/18 02:31:43 PM
コメント(0) | コメントを書く


Keyword Search

▼キーワード検索

Comments

よしたか@ Re:若竹・プレミアム純米大吟醸(静岡県島田市・大村屋酒造場)(11/05) 息子と静岡の娘さんとの婚約の席で、若竹…
星野 勝@ Re[2]:名人 安東焼酎のこと(08/09) 北岡さん ご丁寧にありがとうございます。…
北岡慶太郎@ Re[1]:名人 安東焼酎のこと 星野さん 色々と有り難うございました。近…
stars77@ Re:名人 安東焼酎 45%(韓国ソウル・眞露)(08/09) 北岡さん、申し訳ございません。国内での…

© Rakuten Group, Inc.