981797 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

日本酒類文化振興会

PR

X

Archives

2021/04
2021/03
2021/02
2021/01
2020/12
2020/11
2020/10
2020/09
2020/08
2020/07

Category

2010/08/06
XML
テーマ:お酒大好き(3999)
カテゴリ:日本酒
1300年の歴史を持つ史跡「尾去沢鉱山」へ行ったので、せっかくだからその土地・鹿角の酒をスーパーで物色していると、ピッタリ尾去沢の酒がありました。

ところが、たった今「尾去沢鉱山」の見学をしてきて、その時の説明によると「製錬カス」の堆積場が崩れて300人以上の犠牲者を出した事故が過去にあったこと、銅山ならではの公害があったこと、などを聞いていたのでさすがの酒好きの同行者も、「尾去沢の伏流水で造った酒というのは、ちょっとやばいんじゃない?」と言い出したので、残念ながら地元の酒はやめました。
実際は大丈夫だと思うんですけどね。

尾去沢鉱山跡はこんな感じ。
IMGP3030-1.jpg
煙害で製錬所の煙突周辺はハゲ山になっています。煙突は戦時中に建て替え、高さ60mあります。(土木資産認定)

現在、長崎の軍艦島史跡ブームとあいまって、この尾去沢鉱山も来場者が増えているとのこと。
HI3B0435-1.jpg
選鉱場跡。自慢ではないですが、この位置からの写真は特別に許可をいただいて写しましたので、普通は撮れません。

さて酒の話に戻って、そこで購入したのが、十五代彦兵衛・特別純米酒。
IMGP3113-1.jpg

福禄寿という酒を造っている蔵の製品です。
使用米は秋田県産吟の精と美山錦で、これらを50%精米、「こまち酵母」で醸して、日本酒度+3、酸度1.4に仕上げています。

箱入りですから、4合瓶で1575円。
淡麗ながら穏やかな味わいで、料理との相性も良し。

元禄元年(1688年)創業の蔵ですが、戦後昭和28年から平成16年までは「株式会社渡邉彦兵衛商店」という社名だったので、代々蔵元が襲名していたのでしょうね。
現在は女性社長のため、さすがに「彦兵衛」は名乗れなかったでしょう。







Last updated  2010/08/06 10:18:13 AM
コメント(0) | コメントを書く


Keyword Search

▼キーワード検索

Comments

よしたか@ Re:若竹・プレミアム純米大吟醸(静岡県島田市・大村屋酒造場)(11/05) 息子と静岡の娘さんとの婚約の席で、若竹…
星野 勝@ Re[2]:名人 安東焼酎のこと(08/09) 北岡さん ご丁寧にありがとうございます。…
北岡慶太郎@ Re[1]:名人 安東焼酎のこと 星野さん 色々と有り難うございました。近…
stars77@ Re:名人 安東焼酎 45%(韓国ソウル・眞露)(08/09) 北岡さん、申し訳ございません。国内での…

© Rakuten Group, Inc.