000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

日本酒類文化振興会

PR

X

Archives

2021/04
2021/03
2021/02
2021/01
2020/12
2020/11
2020/10
2020/09
2020/08
2020/07

Category

2013/03/18
XML
カテゴリ:日本酒・三重県
香りと旨味と甘味と酸味がバランスよく調和して、日本酒ファンをうならせる而今。
石高が小さいこともあって、一部でプレミアム価格で取引されています。

ですから日本酒処で適正な値段でメニューに載っていれば、次々と注文が入ります。
カウンター左隣にいた東京マラソン完走のHさんも、右隣にいた「柔道界の松岡修造」さんも頼んでいました。

その雄町米による純米吟醸・無濾過生。
  • HI3B2057.JPG


立ち香がやや強いですが、それ以上に口に含んだ時の旨味の洪水が満足感を高めてくれます。

雄町は私の好きな酒米ですが、それ以外に八反錦、千本錦、酒未来、山田錦等ありますので、それらを同時に飲み比べたら面白いだろうなあ。

なお、蔵元の木屋正酒造は「きやしょう」と読みます。






Last updated  2013/03/18 09:35:39 PM
コメント(0) | コメントを書く


Keyword Search

▼キーワード検索

Comments

よしたか@ Re:若竹・プレミアム純米大吟醸(静岡県島田市・大村屋酒造場)(11/05) 息子と静岡の娘さんとの婚約の席で、若竹…
星野 勝@ Re[2]:名人 安東焼酎のこと(08/09) 北岡さん ご丁寧にありがとうございます。…
北岡慶太郎@ Re[1]:名人 安東焼酎のこと 星野さん 色々と有り難うございました。近…
stars77@ Re:名人 安東焼酎 45%(韓国ソウル・眞露)(08/09) 北岡さん、申し訳ございません。国内での…

© Rakuten Group, Inc.