981636 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

日本酒類文化振興会

PR

X

Archives

2021/04
2021/03
2021/02
2021/01
2020/12
2020/11
2020/10
2020/09
2020/08
2020/07

Category

2013/04/10
XML
テーマ:お酒大好き(3998)
カテゴリ:お店
鰻も高嶺の花となって、久しく鰻屋さんに行かなかったが、知り合いが日本酒をプロデュースしているという店が近所にあるので、最近ちょろっと顔を出しています。

この店の良いところ。
1.日本酒を片口徳利にたっぷりと注いでくれること。
2.炙り若鶏(焼き鳥)がべらぼうに美味いこと。(→日本酒に合う!)
3.ふわふわの「う巻き」が美味しく、ボリューミーなこと。
4.この地の鰻屋さんにしては日本酒の品揃えが、心配になるくらい(劣化を)数多いこと。
5.料理長と女将の人柄が良いこと。


この日はカウンターに座っただけで女将が「焼き鳥にされますか?」と聞いてくれたので、「是非とも、あの美味しいのを!」とお願いしました。
タレでお願いすると、あの蒲焼のタレを焼く良い臭いが漂ってきます。

お酒は前回と入れ替わっていましたが、あの「山間」を造る新潟第一酒造の「越の白鳥・純米吟醸・無濾過生原酒」を頼みます。

HI3B2111.JPG

この「越の白鳥」は、独特のエステリーさがあって、ジュニパーベリー風の香りが「ジン」を彷彿させるドライな印象を持ちました。

HI3B2112.JPG


食べ散らかしてしまった「炙り若鶏串焼」。スタイリッシュな片口徳利は結構容量もある。
HI3B2061.JPG


う巻き(1400円)は二人用。一人前の注文は出来ないので、これを独りで食べることになる。
これだけで腹一杯になるので、うな重を注文する腹の余地はもはやない。
HI3B2116.JPG
  • HI3B2117.JPG

  • 次に頼んだのが「澤屋まつもと・うるとら純米」。
    旨味が載りながら、飲みやすい優しい酒。

    この2種類を飲んだだけで、実感としては充分に3合以上は飲んだ感じ。
    だいぶサービスしてくれているかな?

    これでトータルのお勘定は、特上うな重一つと同じ位の値段だから、ちょっと申し訳ないような・・・。

    ちなみに前回は「作・恵乃智」と「真秀・純米吟醸」を飲みましたが、やはり結構いい気持になりました。

    家の近くの店なので、これからの季節はサンダルでフラッと寄るかも。






    Last updated  2013/04/10 03:52:13 PM
    コメント(0) | コメントを書く
    [お店] カテゴリの最新記事


    Keyword Search

    ▼キーワード検索

    Comments

    よしたか@ Re:若竹・プレミアム純米大吟醸(静岡県島田市・大村屋酒造場)(11/05) 息子と静岡の娘さんとの婚約の席で、若竹…
    星野 勝@ Re[2]:名人 安東焼酎のこと(08/09) 北岡さん ご丁寧にありがとうございます。…
    北岡慶太郎@ Re[1]:名人 安東焼酎のこと 星野さん 色々と有り難うございました。近…
    stars77@ Re:名人 安東焼酎 45%(韓国ソウル・眞露)(08/09) 北岡さん、申し訳ございません。国内での…

    © Rakuten Group, Inc.