000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

日本酒類文化振興会

PR

X

Archives

2021/03
2021/02
2021/01
2020/12
2020/11
2020/10
2020/09
2020/08
2020/07
2020/06

Category

2013/08/28
XML
カテゴリ:日本酒・北海道
札幌に単身赴任中の酒友も9月末で任が解かれるとのこと。
最後の帰省時に、「同じ蔵で、同じ精米歩合で、同じ造りで、使用米だけ違う」酒として、国士無双の純米大吟醸を2本買ってきてくれた。

  • IMG_20130812_143344.jpg

  • 右が北海道産米「吟風」使用の「あさひかわ」。吟風は心白が大きいという。

    左が同じく北海道産米「彗星」使用の、「北海道限定」。こちらはタンパク質含有量が低く、淡麗な仕上がりになるという。

    精米歩合はどちらも45%、アルコール度15~16%、酸度1.3、日本酒度だけ「彗星」使用のほうが+5~6で、「吟風」使用よりも2~3+になっている。

  • IMG_20130812_143418.jpg

  • 「北海道限定」には裏ラベルが貼られていて、「洋梨を思わせるようなフルーティな香り云々」と記載されているが、実際は立ち香は少ない。
    私自身は香り系が得意ではないので好ましいが、フルーティさを期待した人にとっては「ちょっと違うだろう・・」となりかねない。特に最近は香りを際立たせる酒も多いので。

    どちらも複雑な旨味が折り重なった、しっかりしたお酒ですが、こうしたタイプは燗上がりするので試してみると、見事味わいが昇華しました。

    とりわけ、40度弱の「吟風・あさひかわ」は、そのゴツさが丸味を帯びてなんとも言えぬ嬉しさが。
    こうして飲むと「やはり夏でも燗酒が身体に優しい」と思う。

  • IMG_20130812_155805.jpg

そして、今回彼は「王子サーモン」ではなく、日高産「銀聖」の炙り焼きサーモンを持ってきてくれた。
この美味さは思わず感嘆するほどの筆舌に尽くし難いものでした。
彼が北海道を去れば、これを味わえるのも最後だろうか・・。






Last updated  2013/08/28 11:00:48 AM
コメント(0) | コメントを書く


Keyword Search

▼キーワード検索

Comments

よしたか@ Re:若竹・プレミアム純米大吟醸(静岡県島田市・大村屋酒造場)(11/05) 息子と静岡の娘さんとの婚約の席で、若竹…
星野 勝@ Re[2]:名人 安東焼酎のこと(08/09) 北岡さん ご丁寧にありがとうございます。…
北岡慶太郎@ Re[1]:名人 安東焼酎のこと 星野さん 色々と有り難うございました。近…
stars77@ Re:名人 安東焼酎 45%(韓国ソウル・眞露)(08/09) 北岡さん、申し訳ございません。国内での…

Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.