970751 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

日本酒類文化振興会

PR

X

全18件 (18件中 1-10件目)

1 2 >

お店

2016/03/03
XML
カテゴリ:お店
都営地下鉄「本所吾妻橋」駅のエレベータから徒歩ゼロ分のこの店は、エレベータのドアが開くとすぐ右手に、杉玉が下がる店構えで迎えてくれる。

店主の佐々木さんは元々設計関係のお仕事をされていて、有楽町の国際フォーラム等にも関与されている異色の経歴の持ち主。

飽くなき食への探究心から、和洋を問わず時間の許す限り食べ歩き、それらへの投資が現在の山介の創作性溢れる料理に反映されている。

蕎麦屋ではなく日本酒処なので、酒を飲まない人はお断りの店としてスタートしたが、元々同地の店舗が蕎麦店だったため、家族連れ等蕎麦目的の人を断るのに苦労していた。
昨年9月より、思い切ってコース料理オンリー(3800円、5800円~)に変更したことにより、そうした説明も不要になり、料理の提供もスムースになった。

5800円のコースでは、〆の蕎麦のみならず、途中で創作的な蕎麦の一品で変化をつけるなど、蕎麦へのこだわりは勿論強い。

肝心の日本酒は常時30~40種類以上は必ず用意されていて、選ぶのに嬉しい悩み事になるに違いない。
(写真のアップの制限数より、全ては掲載できていない。)
rblog-20160303150632-00.jpg
rblog-20160303150632-01.jpg
rblog-20160303150632-02.jpg
rblog-20160303150632-03.jpg
rblog-20160303150632-04.jpg
rblog-20160303150633-05.jpg
rblog-20160303150633-06.jpg
rblog-20160303150633-07.jpg
rblog-20160303150633-08.jpg
rblog-20160303150633-09.jpg






Last updated  2016/03/03 03:06:46 PM
コメント(0) | コメントを書く


2016/03/02
テーマ:お酒大好き(3961)
カテゴリ:お店
上野広小路の人気店「鳥恵」で腕を磨いて、一昨年開業された浅草の「鳥なお」にお邪魔しました。
きっかけは本所吾妻「山介」のカウンターで、店主の影山さんと偶然隣り合わせになった事から。
店内はお客さんが居たので撮ってませんが、カウンター8席と小上がり6席。外国の方も3名いました。
丁寧な仕事で美味し過ぎるので、お酒が進みます。
なおかつ、コスパも最高でした。
DSC_0629.JPG
DSC_0632.JPGDSC_0633.JPGDSC_0634.JPGIMG_20160217_232631_1.jpgIMG_20160217_232539_1.jpg1455710453220.jpg1455710171725.jpg1455712937305.jpgDSC_0631.JPG1455708149061.jpg1455710300256.jpg1455711971558.jpg






Last updated  2016/03/02 10:08:23 PM
コメント(0) | コメントを書く
2013/05/06
テーマ:お酒大好き(3961)
カテゴリ:お店
「飲み屋の至宝」とも言われる神楽坂の「伊勢藤」を訪れました。
6時過ぎに入店しましたが、ちょうど一人分のカウンター席が空いているだけという繁盛振り。タイミングが良かったです。

お店に入った瞬間、独特の臭いを感じますが、恐らくこのお店の看板メニューの一つであるクサヤが染み付いたものだと思います。
  • DSCN3285.JPG

  • 一汁三菜のお通しが黙っていても順を追って提供されてきます。
    飲み物は白鷹のみ。燗で飲むか、冷やで飲むかの選択だけです。
    その潔さがこの店の真骨頂。

    白鷹はご存知の通り、伊勢神宮の御料酒で、毎日献上されていますが、私自身はこの酒はそこそこ気に入っていて、居酒屋の壁に「白鷹」袖看板を見つけると入ることもあります。


    大勢で騒ぐ店でないことはご承知の方も多いと思いますが、この日も座敷に向かって「お静かにお願いします!」と店主が二度ほど注意していました。

    たたずまいは鶯谷の「鍵屋」と通ずるところもありますが、あちらは下町らしいおおらかな気楽さがあるのに比べ、「伊勢藤」は凛とした雰囲気で、会話もせいぜい二人単位で小さな声でしています。

    こうした文化財的居酒屋へ、日本酒好きな外国人を案内したら面白いでしょう。


    伊勢藤は食べログで4.01ポイントでしたが、食事をしに3.97ポイントの「あげづき」へ。
    トンカツ屋さんですが、日本酒もそろえています。
    本当はここでは日本酒を飲むつもりはなかったのですが、特ロースカツを頼んだら、美味そうな飲み心を誘うポテサラが出てきたので結局飲みました。
    店主が日本酒好きのようです。
    DSCN3287.JPG



  • 特ロースカツですが、自分でトンカツを注文して食べること本当に自体久しぶり。
    実物はわらじのような大きさで、見た瞬間「これは腹一杯になる!」と直感しました。
    DSCN3288.JPG

  • 柔らかくて美味しく、文句は無いのですが、これからバーに行くことを考えると少々やりすぎました。
    しかもご飯と味噌汁等のセットで頼んでしまったので。


    スコッチ文化研究所のテイスティングスクール講師・谷嶋さんがオーナーバーテンダーをしている「フィンガル」へ。
    DSCN3289.JPG

  • バックバーはレアウィスキーばかり。ボトラーズ品等平均すると30年物くらいだろうか。
    12年前後のスタンダードボトルはカウンターにポンと置かれている。

    スコッチに関してはまだまだ初心者の私ですが、カウンター並びに座った若い人は一杯5千円のレア物を頼んでいた。


    DSCN3293.JPG

私が入店したときは先客が一人居ただけだったので、師匠といろいろ会話できましたが、途中からどんどん来店者が増えてほぼ満席の状態に。
頃合いを見計らって、神楽坂でのぶらり飲み食いを終えました。






Last updated  2013/05/06 09:25:22 PM
コメント(0) | コメントを書く
2013/04/27
テーマ:お酒大好き(3961)
カテゴリ:お店
「キング・オブ・居酒屋」とも食べログの口コミでは評されている鶯谷の「鍵屋(かぎや)」に行ってきました。
昭和レトロにタイムスリップしたような感覚で燗酒を味わいました。

  • DSCN3340.JPG

  • 神楽坂の「伊勢藤」同様、古民家風の味わいあるたたずまいです。
    この日も、次々と人が押し寄せ、ほぼ満席の状態でした。


    DSCN3343.JPG

  • お通しは大豆の煮物でしたが、注文した中ではこの「煮奴」がはやく出てきました。
    豆腐以外には、鶏のモツと長ネギが煮込んであります。


    DSCN3344.JPG

  • 木の板に書かれたメニューが、各グループに渡されます。
    どれも本当に古典的居酒屋の肴。


    DSCN3345.JPG

  • 昭和30年代の雰囲気が漂う店内。(と言って、その頃の居酒屋には行っていませんが・・。)
    「伊勢藤」よりもカップルが多い感じだろうか。
    少々大きな声を出して会話していても怒られることはない。
    それにしても「カブトビール」というのは知らないです。

    DSCN3346.JPG



  • 鍵屋は長っ尻する店ではなく、ツマミ以外は無いので、しっぽりと雰囲気を満喫したところで、場所を替える事にしましたが、この日は生憎入谷の「侘助」が満席。

    そこでフラフラと歩いて見つけたのが「天下一」。
    うどん屋さんのようですが、酒と肴もある。
    ダメ元で飛び込みました。
    DSCN3348.JPG

  • 鰹のたたきですが、これが480円とは安い。
    その他、煮込みやかき揚も安くて美味い。
    日本酒も有名銘酒が1合5-600円とこれまたお値打ち。


    DSCN3351.JPG

最後の冷やしうどんは大盛りですが、料金は並みと同じとの事。
一人前で3人が充分に腹一杯になりました。

帰ってから食べログで調べたら、この店は最近改装して綺麗になったと思われます。
口コミの内容とだいぶ違いましたから。






Last updated  2013/04/27 08:52:00 AM
コメント(0) | コメントを書く
2013/04/22
カテゴリ:お店
アクロバティックなカクテル作りで人気のフレア・バーテンダー「ゴリチョ」と「ミツ」の二人が、Tokyo International Bar Showのメインステージに登場。

熱狂的な大勢のギャラリーの声援を受けて見事な腕さばきを披露されました。

DSCN3315.JPG
ステージのライティングもカラフルに変化をつける。

DSCN3328.JPG
右がゴリチョ、左がミツ。それぞれ池袋と目黒のバーで会うことができる。
まさにジャグラー!

DSCN3329.JPG
シェーカーを重ねて、7つのグラスに、7種類のカクテルを一度に注ぐ。
ワザですね!

DSCN3331.JPG
出来上がったカクテルをギャラリーにふるまう。
大勢いた中で、ゴリチョがなぜか私のようなオジサンにグリーンのカクテルを渡してくれた。

曲芸的に作ったわりには美味しい!!
一人で飲むのは申し訳ないので、隣りの人とおすそ分けしました。

ゴリチョはサッカー日本代表の遠藤選手に似ていて、思わず「ヤット」と声をかけてしまった。
彼は池袋東口の「COLORSOL resort Dining(カラソル リゾートダイニング)」、
ミツは目黒の「ガーデン」で見ることができます。






Last updated  2013/04/22 10:09:08 PM
コメント(0) | コメントを書く
2013/04/20
カテゴリ:お店
地酒屋「のぼる」初イベントとして、岐阜・中津川「三千櫻」蔵元および群馬・藤岡「巌」蔵元をお招きし、さらにゲスト解説者として日本酒評論家の松崎晴雄さんにお越しいただいて、14号酵母を深く知る会が催されました。

この二つの蔵とも14号酵母主力です。

ガバガバ飲みだす前に、松崎さんから酵母についての概略講義。
この日は数年前に結婚された奥様といらっしゃってました。
  • DSCN3283.JPG

まずは9号酵母を元祖・香露(熊本)で試飲。
吟醸酒ではなく、特別純米なので香りは抑え気味ですが、一昔前「YK35」(山田錦を35%まで精米し、熊本(9号)酵母で醸す。)と称された新酒鑑評会入賞の方程式の片鱗をうかがわせるリンゴ様の立ち香。

なお、今は出品酒は18号酵母が主流。

次に、その18号酵母で造った越前岬・純米吟醸が提供される。
この酵母は、6,7、9号などと違い、特定の蔵が出身地ではなく、改良を重ねて生み出されたものだそう。

私のあまり得意としない、吟醸香プンプンの華やかな香り。

これが「カプロン酸エチル」香。
松崎さん曰く「F1カーのように一気にダッシュする華やかなパンチ」。

たくさんの出品酒の中で、目立つための方策がこのような形にとのこと。
したがって、何杯も飲めるようなタイプではないだろう、と。 同感。
「南国系の蜜を含んだ果実」との例えも。
さらには、熟成に向く酒ではないだろう、香りが変化し、味が重くなる傾向が多いとのコメント。

ちなみに16号酵母は香りが強すぎて消えたとのお話しだった。


次にいよいよ14号酵母で醸した酒。
三千櫻と巌が提供される。

この酵母は昭和の終わり頃、金沢の蔵が良く使っていたことから「金沢酵母」とも言われる。

18号とは打って変わって、メロン、梨、リンゴのような白いフルーツ系の爽やかでスタイリッシュな香りが鼻腔をくすぐる。
これが「酢酸イソアミル」と。
私好みです。

松崎さん曰く「白身魚や豆腐などにも合う、透明感のある酒質」。
「香りだけではない上品さがあり、第一印象のインパクトは弱いが量を飲めるタイプ。」
最近は使用する蔵が増えつつあるらしい。

ここで「巌・うすにごり」で乾杯!
甘く、爽やかな純米酒。


これ以降は、二つの蔵の中からお好きな銘柄をのことで、同じテーブルの日本酒ファン女性が「三千桜・純米吟醸・渡船・袋吊り」という高そうなお酒を所望。
まさに透明感のある綺麗なお酒です。

席に来られた蔵元兼杜氏の山田さんによると、渡船や強力といった酒米は、穂先に針がでるとのこと。
なぜなら、鳥に食われないように。
凄いですね、自然界の生命力は!
酒質はガッチリしたものになると。

なお、この日の私たちのテーブル4人の中での一番人気は、「愛山」米で仕込んだ三千桜。
渡船がシャキッとしているのに対して、こちらはなんとも「艶やかで色っぽい」旨味。
甘さの消え方が艶(なま)めかしい。

申すまでも無く、もともと剣菱が開発した専用米ですが、阪神大震災以降他の蔵の手にも入るようになったらしい。

あとから松崎さんにその辺の感想を申し上げると、
そもそも愛山は元々がもち米で甘いとのこと。


あと、京大卒の野球好き若手蔵元・高井さんが張り切る「巌」もスキッとしたシャープな切れ味が美味しかった。

「直汲み」はガス感が残る酸味がなんとも言えない。


こうして、酒造好適米による酒質の違いは、同じ蔵の同じ銘柄で飲み比べると良く分かる。

一方、今回の酵母にスポットを当てたイベントは、ただ漫然と飲み比べる試飲と違い、大いに勉強となり、理解を深めることができました。

主催された「のぼる」の山田さん、ウマイ酒をご提供いただいた蔵元さん、解説をしていただいた松崎さん、そして同じテーブルの同好の人たちにあらためて感謝申し上げます。

いろいろなイベントに参加させていただいてきましたが、今回の催しは出色だったように思います。






Last updated  2013/04/20 07:47:11 PM
コメント(0) | コメントを書く
2013/04/10
テーマ:お酒大好き(3961)
カテゴリ:お店
鰻も高嶺の花となって、久しく鰻屋さんに行かなかったが、知り合いが日本酒をプロデュースしているという店が近所にあるので、最近ちょろっと顔を出しています。

この店の良いところ。
1.日本酒を片口徳利にたっぷりと注いでくれること。
2.炙り若鶏(焼き鳥)がべらぼうに美味いこと。(→日本酒に合う!)
3.ふわふわの「う巻き」が美味しく、ボリューミーなこと。
4.この地の鰻屋さんにしては日本酒の品揃えが、心配になるくらい(劣化を)数多いこと。
5.料理長と女将の人柄が良いこと。


この日はカウンターに座っただけで女将が「焼き鳥にされますか?」と聞いてくれたので、「是非とも、あの美味しいのを!」とお願いしました。
タレでお願いすると、あの蒲焼のタレを焼く良い臭いが漂ってきます。

お酒は前回と入れ替わっていましたが、あの「山間」を造る新潟第一酒造の「越の白鳥・純米吟醸・無濾過生原酒」を頼みます。

HI3B2111.JPG

この「越の白鳥」は、独特のエステリーさがあって、ジュニパーベリー風の香りが「ジン」を彷彿させるドライな印象を持ちました。

HI3B2112.JPG


食べ散らかしてしまった「炙り若鶏串焼」。スタイリッシュな片口徳利は結構容量もある。
HI3B2061.JPG


う巻き(1400円)は二人用。一人前の注文は出来ないので、これを独りで食べることになる。
これだけで腹一杯になるので、うな重を注文する腹の余地はもはやない。
HI3B2116.JPG
  • HI3B2117.JPG

  • 次に頼んだのが「澤屋まつもと・うるとら純米」。
    旨味が載りながら、飲みやすい優しい酒。

    この2種類を飲んだだけで、実感としては充分に3合以上は飲んだ感じ。
    だいぶサービスしてくれているかな?

    これでトータルのお勘定は、特上うな重一つと同じ位の値段だから、ちょっと申し訳ないような・・・。

    ちなみに前回は「作・恵乃智」と「真秀・純米吟醸」を飲みましたが、やはり結構いい気持になりました。

    家の近くの店なので、これからの季節はサンダルでフラッと寄るかも。






    Last updated  2013/04/10 03:52:13 PM
    コメント(0) | コメントを書く
    2013/04/06
    カテゴリ:お店
    千鳥町とは風流な地名。
    酒飲みにとっては「千鳥足」を連想させる。
    が、周囲は閑静な住宅街で、千鳥足になるような飲み屋街はない。

    そんな東急池上線の千鳥町駅近くに、一昨年オープンした日本酒処を紹介していただいた。

    • HI3B2097.JPG
    • HI3B2098.JPG
    • HI3B2099.JPG
    • HI3B2100.JPG
    • HI3B2101.JPG
    • HI3B2102.JPG
    • HI3B2103.JPG
    • HI3B2104.JPG




    正直申し上げて、(私も大田区の住人ですが)この辺鄙な大田区にはもったいないような垢抜けた雰囲気のお店。

    カウンター内でそろいの服を着たご兄弟が二人で切り盛りしている。

    今、流行の小布施ワイナリー製の日本酒も。(9号酵母はやはり9号酵母の味)
    吟味された地酒の数々。もちろん燗酒での提供も可。
    そして、もちろん刺身をはじめとして、ツマミ類もとても美味しい。

    今回、また新しい日本酒処を知って、やはり胃袋と肝臓がもう二つ、三つ欲しい!






    Last updated  2013/04/06 10:16:43 PM
    コメント(0) | コメントを書く
    2013/04/03
    カテゴリ:お店
    燗酒で酒飲みを唸らせる「佳肴みを木」。
    昨年4月の「dancyu」日本酒特集号でも燗づけの記事で、ここの女将・渡辺愛さんが登場していましたね。

    だからというわけではないですが、この日は燗酒だけで6種類を楽しみました。

    • HI3B2069.JPG
    • HI3B2070.JPG
    • HI3B2071.JPG
    • HI3B2072.JPG
    • HI3B2073.JPG
    • HI3B2074.JPG
    • HI3B2075.JPG
    • HI3B2076.JPG
    • HI3B2077.JPG
    • HI3B2078.JPG


    この日の私の中でのベストは、疋田さん(残念ながら3月末で辞められました)のお勧めで飲んだ伯楽星・純米吟醸・うすにごり本生の燗酒です。
    (45度位まで上げて燗づけし、その後42度くらいまで下げた後に、お銚子に移して、提供温度は39度くらいとおっしゃっていました。)

    伯楽星というとメジャーになった感じがして、最近はあまりこちらから注文していなかったのですが、まさに香味、甘辛のバランスが良くて、最終的にはお銚子3本頼んでしまいました。

    島根県松江に住んでいたことがあるので、島根のお酒も2種類あります。

    どれもそれぞれの特徴があって美味しかったのですが、妙の華の備前雄町・山廃無濾過火入れが、従来の妙の華のイメージを超える、包み込むような旨味が口中に広がる、素晴らしい燗酒でびっくりです。

    この日は結局、閉店近くまでいて、長っ尻で失礼しました。

    相当飲んだので、向かいの「SAPPHIRE by RAGE」には寄らずに真っ直ぐ帰宅です。






    Last updated  2013/04/03 02:09:42 PM
    コメント(0) | コメントを書く
    2013/03/22
    カテゴリ:お店
    ディープスポット大井町で今年開店した本格的日本酒処。
    といっても場所は阪急の裏の辺りだから、ディープな一画ではない。

    大森「吟吟」で活躍していた「山ちゃん」こと山田さんが、おやっさんと開いたお店ですが、30数席の店内はいつも満席!

    東急大井町線沿線って、意外と日本酒専門店がなかったのでこの界隈の人たちは喜んでいることでしょう。

    元美容院だった店舗は、ガラス張りの明るい雰囲気。
    (外観写真をクリックして大きくしていただくと分かるのですが、外装には釜か樽の蓋らしきものを使っていたのですね!)

    • DSCN3226.JPG
    • DSCN3227.JPG
    • DSCN3228.JPG
    • DSCN3231.JPG
    • DSCN3235.JPG
    • DSCN3236.JPG
    • DSCN3238.JPG
    • DSCN3239.JPG
    • DSCN3244.JPG
    • DSCN3247.JPG


    店内にも杉玉があしらってある。

    この日は定番酒を5-6種類飲みましたが(小グラスがある)
    「ドコマデモ地酒屋のぼる ノボレ!」なんて暖かいラベルの貼ったボトルもありました。
    蔵から愛されているのですね!

    この日の私にとってのベスト一杯は福島県天栄村の「廣戸川・特別純米」。
    山田さんにとっても思い入れのある蔵のようですが、しっとり落ち着いた中にも飲みあきしないアツイ旨味を感じた。
    話を聞けば、儲からない酒米から食用米に転作する農家が多く、来期は地元米を必要量調達出来るかどうか分からないとのこと。
    なんとかこの酒の味は続いて欲しいと願った次第でした。






    Last updated  2013/03/22 04:00:43 PM
    コメント(0) | コメントを書く

    全18件 (18件中 1-10件目)

    1 2 >


    Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.