969936 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

日本酒類文化振興会

PR

X

全3件 (3件中 1-3件目)

1

日本酒・埼玉県

2012/12/08
XML
カテゴリ:日本酒・埼玉県
しばらく前になりますが、「日比谷バー」グループのカクテルコンペティションが、東陽町のホテルイースト21で行なわれました。
その時のお土産の日本酒です。

DSCN3060.JPG

日比谷バーというのは、都内を中心に20数店舗をかまえるショットバー・グループですが、銀座5丁目に「SAKE HALL」という、”日本酒カクテル” 専門店があります。(すみません、私は行ったことがありません。)

洋酒バーのグループが、若い世代に日本酒を知ってもらおうと、このような店舗をはじめたことに敬意を表します。

その関係でカクテル競技会のお土産が日本酒になったようです。

DSCN3062.JPG

パッケージはまるでワインかのようですが、中身は埼玉県上尾市の「文楽」によるもの。
しかも精米歩合55%の純米酒です。

東京に極めて近い酒蔵ですが、不勉強ながら飲んだことがありませんでした。


この面白いラベルの酒を一人で飲んではもったいないので、東京国税局酒税部門に勤める酒友主催の飲み会に持ち込みました。

私自身は飲んでみて、オーソドックスなそしてある意味古風な味わいを持つ香りを抑えた日本酒だな、と思いましたが、
女性陣は「ワー、フルーティ!ワインみたいで美味しい!」との評価。

持ち込んだ私に対する気遣いもあるでしょうが、それ以上にラベルのツラ構えに影響されているのではないかと思われます。

鑑定官室所属の現役鑑定官氏は「ウン、しっかりした造りですね」とのコメント。


文楽は創業明治27年の酒蔵ですが、伝統芸能である“文楽”の名前を冠した理由は、義太夫・三味線・人形遣いの三位一体の精神を、米・水・麹で造りだす日本酒に生かしたいとの思いが込められているとのことです。

平成19年に新築された蔵は大きなガラスが張られた近代的な建物で、従業員数も50名を超える中堅メーカーです。

というようなことを今回を契機に勉強しましたので、今後どこかの居酒屋で見かけましたら、普通のラベルの文楽を飲んでみたいと思います。






Last updated  2012/12/08 10:19:54 PM
コメント(0) | コメントを書く


2012/01/30
テーマ:お酒大好き(3956)
カテゴリ:日本酒・埼玉県
埼玉県の小川町は水が綺麗で、和紙と造り酒屋(昔は20軒、今は3軒)の街として知られていますが、街を歩くと「うなぎ屋」がやたら多い。

町のたたずまいはしっとりしていて、「武蔵の小京都」と言われるだけのことはある。

晴雲酒造は関東ではあまり多くないと思われる自家精米の蔵。

詳しくはありませんが、「無為」は純米吟醸の原酒シリーズのように思います。

HI3B1430a.jpg

その中で、「樽からそのまま詰めた」のが今回の限定たる酒。

HI3B1431b.jpg

麹米は「さけ武蔵」、掛米は「彩のかがやき」で、精米歩合は60%、日本酒度は+2で酸度は1.8、アルコール分は17-18度。

東武東上線沿線の酒蔵ですから、池袋の東武百貨店が販売者になっていますね。

このデパートは日本一の日本酒売り場面積百貨店を誇ります。

晴雲酒造へは「官ノ倉山」ハイキングのあとに寄ったことがありますが、訪問者の受け入れ態勢が整った蔵です。

そのとき「手造り純米吟醸 晴雲」を買って帰りましたが、それ以来久しぶりにこの蔵の酒を飲みました。

おそらく作り手の方の人柄というか性格なのでしょう、「整然とした尖がりの無い酒」です。
その意味で誰でも構えることなく安心して飲めると思います。






Last updated  2012/02/11 03:35:58 PM
コメント(0) | コメントを書く
2011/06/02
テーマ:お酒大好き(3956)
カテゴリ:日本酒・埼玉県
ゴールデンウィーク中、芝桜が綺麗だった秩父市に所在する蔵元・矢尾本店は、市内に百貨店や葬儀社などを経営するグループ企業の中核。

「酒づくりの森」と名付けた醸造工場に酒蔵資料館、物産館を併設した観光酒蔵でもあります。

創業は寛延2年(1749)というから、歴史も260年余と長いですね。

秩父と言えば、荒川水系の水と秩父盆地特有の寒冷な気候が、酒造に適していると思われますが、一方で歴史的には激しく変動する世情の中で、激動を乗り越えてきた過去があるのも事実です。

HI3B0594a.jpg
こういうオーソドックスなパッケージも嫌いではないです。
地元を大切にするイメージがあって良い。

HI3B0595b.jpg

全量美山錦を使用、60%まで精米、日本酒度+2、酸度1.5、アミノ酸度1.4、というこれまたオーソドックスなスペック。

立ち香はほとんどなく、含み香も控えめ。

思わず同じ埼玉の「晴雲・純米」(小川町)を思い出してしまいました。

香りが控えめなのはまったくウェルカムなのですが、この酒の前に飲んだ酒の影響か、味わいまで控えめに感じてしまいました。






Last updated  2011/06/02 11:05:58 AM
コメント(0) | コメントを書く

全3件 (3件中 1-3件目)

1


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.