005207 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

とあるナマケモノの備忘録

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天プロフィール

設定されていません

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

太陽の息子@ Re:社会復帰!(03/13) 訪問有り難うございます、このハーブ定食…
太陽の息子@ Re:無職生活からの脱出。(03/04) ブログはじめて1ヶ月位、健康とダイエッ…
sumie@ イメージなんでしょうか 既存品の販売、というより新しい事業をど…
katochi_yokosuka@ 今の状態では買わんな 個人的にはスバリ3.ではなくとも、フジテ…
katochi_yokosuka@ マスコミの報道姿勢に疑問 当方のBlogでも何回も書いてますが、近年…

フリーページ

全75件 (75件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >

2006年07月30日
XML
カテゴリ:単なる日記
長い間、楽天ブログでお世話になりました。
一身上の都合で、別のブログへ移動致します。

私がはじめてのブログを開設した楽天に幸あれ!!

ではでは。。。





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2006年07月30日 17時54分12秒
コメント(0) | コメントを書く
2006年03月13日
カテゴリ:社会復帰!
久々に朝起きたヒロシです。

会社に行き、人事と打ち合わせ。
配属先が伝えられた。。。。ん?!何か書いてあるぞ。

えーーー役職がついてる!!!

と、いうことでいきなり管理職になりました。
おそるべしベンチャー。。。

色々と書類を作成して配属先へ。
んー緊張するぅ。みんなの前で挨拶。超簡単にあっさり終わらせた。

次いで、自分の机にいく。あれ?ダンボールがおいてある。

ノートPCじゃん!

隣の人に「ご自分でセットアップして下さい。」とつれない言葉。

セットアップ、ネットワーク設定諸々、私は未経験です。。。
でもやるしかない。おそるべしベンチャー。。。

昼食をはさんで、シコシコとセットアップ。
ちなみに、昼食は同じ部署の人たちと外に食べに行く。
あっさり会話になじむ。んードライな環境はいいね!

ようやくセットアップ完了。メールで全社に自己紹介。

OJTということで同じ部署の人に業務内容を聞く。

・・・・・ちんぷんかんぷん(汗)

でもビジネスの進め方は前職と一緒(のはず)

製品知識を覚えて、社内事務に慣れればなんとかなるのでは。

略語が多すぎ。。。やっぱり意味わかんね。

とりあえず時間が許す限り、色々と教えてもらった。

ちょっと残業した帰宅。

帰り途中でヤケ酒。。。

疲れた。。。





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2006年03月15日 23時51分12秒
コメント(1) | コメントを書く
2006年03月12日
カテゴリ:転職活動
とうとうニートな生活が終わってしまうヒロシです。

朝、ミステリーホテルで起床。
同級生と一緒にチェックアウトし、駅前で朝から餃子。。。

帰りは新幹線を回避して私鉄で帰京。

小山経由大宮。遠い。。。

なんだかんだで昼過ぎに自宅に帰宅。

休憩してからジムへ行く。今日は上半身の日。

淡々とプログラムをこなす。膝が不調なのでバイクを40分こぐ。
結構きつい。。。

帰宅してから夕飯を食べて、鉄腕ダッシュを観る。

明日の準備をして、布団に入る。
でも寝れない。。。あーなんでーーー明日は社会復帰なのに!

何だかんだで、いつの間にかニート生活を終えたのであった。





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2006年03月15日 23時41分40秒
コメント(0) | コメントを書く
2006年03月11日
カテゴリ:単なる日記
キャッシュフローが悪化中なヒロシです。

昼前に起床。なんか体がダルダル。

ちょっと運動ということで、近くの公園でランニング。
凡そ7kmぐらい走った頃、膝の皿にグラグラ感。
急遽ランニングを中止。自宅に退却。

シップを貼って、しばらく休憩。

夕方になって床屋さんへ行き、ソフトモヒカンにしてもらう。
今度の会社では営業なので、抑え目なカットにした。

帰宅後、小奇麗な格好をして宇都宮へ。
後輩の結婚式二次会に参加するため。

大宮から新幹線。お金がないので迷ったが時間がないので。

夜の9時開始。遅くねー、ちょっと。

んで飲む飲む飲む、騒ぐ、騒ぐそして騒ぐ。
結局後輩の嫁の顔を覚えていない。。。

二次会後は駅前のホテルに突入。一泊4,000円。。。
和室、風呂無し。ホラー映画に出そうな感じ。

でもすぐには寝ないで、久々に会った同級生と駅前の居酒屋で
また飲む飲む飲む。。。

閉店と共にホテルに戻り、撃沈。





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2006年03月15日 23時35分50秒
コメント(0) | コメントを書く
2006年03月09日
カテゴリ:社会復帰!
ビールと泡盛、ウイスキーで二日酔いなヒロシです。

今夜は前職の会社でお世話になった先輩と会食。
この先輩は私よりも一足早く転職をし、今は外資系メーカーに勤務中。

一軒目は銀座のこじゃれた居酒屋。
カウンターで生ビールを飲む飲む飲む。

外資系の職場はドライな感じらしい。
上司はドイツ人と香港人。二人とも優秀らしいが、酒が入れば
万国共通なキャラになるらしい。ってな話をしつつ泡盛を飲む飲む飲む。

前職の経験は意外と様々な業界で活かせるらしい。
来週入社する会社では是非とも経験を活かしつつ頑張ろう!と
心に誓いつつ、また生ビールを飲む飲む飲む。

ふと気づくとお客さんが誰もいない。。。
まだ閉店前なのに、今日の売上は少なそうだな・・・という
余計なことを考えつつ、生ビールを飲む飲む飲む。

「もう一杯!」と頼もうとした瞬間、テレビで見たことのある銀と
オレンジの服装をしたおじさん達、そしてご一緒に警察官が乱入!

酔った頭で「おやーー?」と考えていると、なんのことはない、
飲んでた居酒屋でガス漏れ騒ぎがあったらしい(というか進行中)。
確かに店内はガス臭い。。。

10名程の消防士と2、3名の警察官に囲まれていたが、
酔っ払っていたのでことの重大さに気づかず、生ビールをまた飲む。。。

結局店を出ることにし、会計をして外に出てみれば、消防車が6台。。。
店の前は黄色いテープで囲まれているし、野次馬がうじゃうじゃ。

我々は野次馬さんの不審げな視線を浴びつつ、二軒目へ向かう。
一次会のお会計は二人で18,000円也。(先輩のおごり)

二軒目はポン引きを交渉し、銀座のクラブへ。
スーツを着ていないことをちょっと気にしつつ、店に突入。

人がたくさん座っている。。。久々の雰囲気にちょっと違和感。
でもウイスキーを飲んで、飲んで、さらに飲んだら、雰囲気に
馴染んできた。

会話の内容は。。。記憶に無し。結局一時間半滞在。
二人で36,000円也。(また先輩のおごり。。。)

時は既に夜の一時。先輩は明日も仕事なのでご帰宅。

金欠の私を気遣ってタクシー代を支給してくれた。

銀座から首都高経由で自宅へ。。。と思ったが、もう一軒ということで
地元のバーに直行。タクシー代は9,380円也。(また先輩のおごり。。。)

バーでもビールを飲む飲む飲む。

撃沈。。。

先輩、どうもありがとうございました!!!





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2006年03月10日 19時35分54秒
コメント(0) | コメントを書く
2006年03月04日
カテゴリ:社会復帰!
一時間に10kmをまだ走れないヒロシです。

次の就職先から内定を頂き、これまで生活パターンをあと一週間で
変えなければならない。ここ半年間(平日)はこんな感じ。。。

午前10時:起床及び朝食
午前11時:新聞(三紙)熟読、メールチェック。
午後 0時:”笑っていいとも”を観つつ、昼食。
午後 1時:”ごちそうさま”を観つつ、メールチェック。
午後 2時~午後7時:外出。(外出先は次の通り。)

1.図書館で勉強。(TOEIC、会計等々)
2.喫茶店で読書or勉強。
3.映画鑑賞
4.散策(例:上野公園、渋谷etc.)

午後 7時:夕食(基本的に自宅)
午後 9時~11時:近所のアスレチックジム
午前 0時:地元のバーに飲みに行く。(週五日以上)
午前 2時:帰宅
午前 4時:就寝

このようなノンストレスな生活でした。とてもダレダレ。。。

生活パターンを変えるために、最近始めていることはこれ↓。

1.「起床時間」を早めること。
  いきなり6時起床は正直つらいので、今は8時起床。
  一日の三食を決まった時間に食べることが大事。(当たり前だが)

2.「体を鍛える(自己管理の一つ)」ことの習慣化。
  今は時間があればジムに行っているが、社会人に復帰したら
  週二回行ければいいほう。しかし、サボらずに続けることが大事。

  前職では過労で倒れて救急車で運ばれるという無様な姿を
  さらしたので、次の会社では激務に耐えられる体を作るために、
  昨年12月からジム通い。

  最近フットサルを始め、またホノルルマラソン出場を目標とした
  ので、コツコツとランニングを始めた。最初の2,3kmは辛いけど、
  越えれば楽しくなる。意外と続きそうだ。

  ちなみに、3ヶ月間で基礎体重は5kg減、体脂肪率は6%減となり、
  最近多少飲み食いしても維持ができる。ポイントは20時以降には
  何も食べないこと。(可能ならばアルコールもだが、これは厳しい。)
  尚、朝食と昼食は普通に食べるが、夕食は白米抜きで腹八分目。

ダラダラ生活でも得た教訓はある。それは「物事の習慣化」。
多くの人が何かの継続に挑戦し、そして(日常の仕事や付き合いで)
挫折したと思うが、何も束縛されなかったこれまでの生活によって、
語学や会計の学習、ジム通い等を習慣化することができた。

社会人復帰後は習慣を妨げるイベントが増えると思うが、
半年間で身につけた習慣は意地でも維持するつもり。

最後に、半年間で失敗して得た教訓。
金銭は「出るを制する」ということ。無駄を省く。
(特にエンゲル係数を下げる。)

只今本当に金欠なので。。。

以上、自らの覚書の意もこめて。





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2006年03月05日 00時05分08秒
コメント(1) | コメントを書く
2006年03月02日
カテゴリ:転職活動
筋トレによって体脂肪率6%Downなヒロシです!

いつの間にか転職活動が終わっちゃいました。
転職活動のレポートするつもりが、(案の定)まめな更新が出来ず。。。

結局、本格的に転職活動を開始したのが2月2日(木)で、
最終的に就職先を決定したのが本日(3月2日)です。

結果報告を簡単にすると、

面接を受けたのは三社(すべて上場企業)。
1.モバイル関係のベンチャー
2.インターネットショッピングモールのベンチャー
3.機械部品の商社

内定は1.と2.の二社。
3.は一次面接を通過したが、途中から希望職種を変更したので
二次面接は辞退。

1.2.はそれぞれの面接が同じタイミングになるように、
転職支援会社のコンサルタントに依頼したので、内定の時期も
ほぼ一緒。

時系列で一連の流れを書くとこんな感じ。

2月第一週:一次面接
1.は人事部、担当部署の本部長とCOO(最高執行責任者)と面談。
2.は担当部署の統括部長及びマネージャーと面談。

2月第二週:
両者から一次通過の通知を受ける。
ここで本来ならば二次面接があるのだが、
評価が(たまたま)良かったので二次面接は両社共にパス。

結局、いきなり最終面接(社長面談)へコマを進める。

2月第三週:
両社の社長と面談。

やはり社長と担当部署の役職者はコメントが違うことを肌で感じた。
細かな内容はあえて聞かず、短期、中長期スパンでの経営方針や
経営戦略を聞いた。一方、こちらのキャリアパスも説明し、シナジーが
あるかどうかを確認。

2月第四週:
両社から内定通知。
給与待遇面もすべて希望通り。

但し、ここから一週間は非常に悩んだ。
結局両社共に魅力があり、恐縮ながら高い評価を貰ったおかげで、
どちらに入社すべきかをとても考えた。

2月最終週(3月第一週を含む)

1.の会社へ就職することを決定!
決め手は社長のビジョンと海外展開。

両社の社長のビジョンはそれぞれ非常に明確であったが、
参入する”市場”の具体性がより明確だったのが、今回選択した会社。
(就職先が特定されるのを避けるために、あえて詳細は省くが。。。)

そして、本日に至ったもの。

今回は正直、予想していたよりも順調に物事が進んだと思う。
無論、評価を頂いた分、或いはそれ以上の成果が求められるので、
今後の仕事が大事なのだが。。。

今回の転職活動を成功と考えた場合、勝因となるのが一つ思い当たる。
それは、

「会社に自分を選んでもらうのではなく、自分が会社を選ぶ。」

という姿勢。これは当たり前と思われがちだが、どこかで会社にとって
都合の良いことを回答しようと思うのが人の常。自分の中で(落ちても
構わない)と割り切ることができないと、意外と難しいかも。

しかし、今回の面接では相手が誰であろうと、最初の自己紹介や
職務経歴の説明を求められた以外はこちらから色々と聞きまくっていた。
会社全体の方向性から細かい業務の進め方、時には離職率なども。。。
根掘り葉掘り、時には重箱の隅をつつくように、そして会社にとって
好ましくないかもしれない内容も、必要であれば質問し続けた。

加えて、今後5年、10年後のキャリアパスを先方に伝えることで、
会社の目標と自分の目標が同じレールに乗せられるかどうかを
互いに検証した。

ちなみに、いわゆる”想定問答集”の類は一切作成せず。
その場その場で考えて回答をしていた。(単に面倒くさかったのも
あるが。。。)

結果として、大事な30代で働くところを見つけたのである。

さようなら、半年間のニート生活!(正直なところ、名残惜しい。。。)





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2006年03月03日 00時42分21秒
コメント(0) | コメントを書く
2006年02月02日
カテゴリ:転職活動
只今風邪っぴきのヒロシです。

今日は初めての一次面接。
今日から本格的に転職活動をするぞ!
会社に選んでもらうのではなく、こちらが選ぶというスタイルで
望むつもり。従って、(都合の悪い質問がこないように誘導しつつ)
色々と聞きまくってやるぞーーー!

訪問したのはとあるメーカー(東証一部)。

会社の雰囲気は前の会社と一緒。
通されたのはホワイトボードとかがある会議室。

待たされること5分。30代前半の人事担当者が来室。
「んー何を話そうかな?」とちょっと楽しみ♪

事前に会社については色々(業務内容、組織、社風、財務状況、
市場など)調べていたので会社概要を説明されてもつまらない。

担当者が事前に送った職務経歴書などに目を通していないことが
会話でわかる。。。このような状況で判断してもらえるのだろうか?

風邪で頭がボーっとしていたが、質問事項にはテキパキ(結論から、
そして理由はロジカルに)答える。質問はけっこうありきたり。

担当者:「当社で何がやりたいのですか?」
ヒロシ:「新規事業の立ち上げでーす♪知識無く未経験であっても
     何でもできまーす。」
担当者:「でも弊社は既存品の販売がメインなので。。。」
ヒロシ:「・・・・。」

あえなく撃沈。。。

あれれ?「新しい事業をどんどん立ち上げていただきます。ベンチャースピリットの持ち主や新規事業開発経験者を求む!」みたいなことが書いてあった気がするんですけど。。。

とにかく後は色々質問したりして一時間の面接が終了。
久々に仕事関係で他人と話したものだから、うきうきしてしゃべりすぎた。

明日は情報関連のベンチャー企業を訪問する予定。
楽しみ~♪





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2006年02月03日 01時16分51秒
コメント(1) | コメントを書く
2006年01月26日
カテゴリ:単なる日記
読売新聞のナベツネがライブドアの新社長(平松氏)の
仲人だったことからライブドア株が買いだと勘違いしている
ヒロシです。

以下の話はライブドア株が買いであるという裏付けなき推測。
思うままに羅列してみる。

1.多方面からの新生ライブドアに対する援護

今回、ナベツネから何らかの形でフジテレビ
日枝会長に「ライブドアを助けてやってよ~♪」ぐらいは
言っているんでは?フジテレビも保有しているライブドア株の
含み損によってフジテレビの株主から訴訟を起こされたくないので、
両者の利害は一致。結果として、新経営陣(というよりは平松氏)に
対する多方面の援護が入ることは十分あり。

但し、新経営陣の代表取締役である熊谷氏はグループ全体の
運営等に関する情報を引き継いだ後に、代表権を平松氏へ移す
必要がある。(例え今回の事件に関与していないと言及しても)
株式100分割の立案者であり、かつ前経営陣の一員であるため、
残念ながら周囲の”疑惑”は簡単に払拭できず。また、ニッポン
放送及びフジテレビ買収劇では侍大将として先頭に立った
人物なので、フジテレビの熊谷氏に対する印象は悪い。

2.社内監視体制の構築
別途”外部から招聘した”有識者による企業統治、経営及び報酬
委員会等によるコンプライアンス及びコーポレートガバナンスの
監視体制は必要。グループ内のメンバーによる各委員会では
市場の理解は得られず。

3.上場廃止、そして再上場
現在捜査中の粉飾決算が立証されて上場規定に抵触した場合、
上場廃止の可能性が高い。とはいえ、膨大な株主数を考慮すると、
東証も安易に上場廃止することは困難かと。

仮に上場廃止となっても現在の事業及び(熊谷氏を除く)新体制ならば
再上場は可能。

と、いうことからライブドア株保有はありかも。そもそも
株価も安いし。。。








楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2006年01月26日 23時27分31秒
コメント(1) | コメントを書く
2006年01月24日
カテゴリ:カテゴリ未分類
ライブドア事件の余波で、2月上旬の日経平均株価(17,000円)及び
為替(JPY110/USD)の予想が外れそうなヒロシです。

メディアの中立性を無視し、世論形成と取られかねない新聞、雑誌、
テレビ等の報道には聊か辟易している。大半のマスコミは予想通り、
家宅捜査の前と後ではライブドアに対する見解が手の平を返したように
豹変。従い、メディア(評論家、解説者を含め)の主観が入り混じった
内容は排除し、視聴者としては常に事実を追うべし。

日本の司法は「疑わしきは罰せず」。
従い、立証・起訴に至っていない現状で各容疑者を一方的に悪者に
仕立て上げる報道に惑わされずに(繰り返すが)視聴者は常に
事実のみを追うべし。

報道には速報性が重視されるとはいえ、今回の事件では
入手した情報を咀嚼せずに報道している民放が非常に多かった。

例えば、マネーライフを買収した投資事業組合とライブドア及び
ライブドアグループとの関係が明確でないままにマネー還流の
スキームが報道されたこともあった。数時間後にはさりげなく
修正がされていたものの、事実を伝達する報道体制の脆弱さは
怒りを通りこして、情けない。。。

報道番組に出演している解説者(評論家、元検事、大学教授等々)は
一様に同社に対する言論攻撃を始めた。可能性が高いとはいえ、
偽計取引、風説の流布及び粉飾決算に対する疑惑が立証されていない中
での一方的なコメントは短絡過ぎて聞き苦しいもの。

事件の表面を追うならば、彼らの論旨は通用するものの、実際に
今回の事件が発生した根本的原因(米国譲りの株価至上主義、
知識産業と労働産業があいまったIT業界のビジネスモデルなど)を
追究した上で、実際の事件との関わりから議論するべき。

例えば、「証券取引法の盲点は各企業の倫理観で埋められるべき」
などという、法治国家の進歩を妨げるような抽象的発言を公然と
言い放つ一部の大企業経営者は旧態依然とした経済発展に
胡坐をかいているのみであり、今後の経済に寄与する企業に対する
コメントにバイアスが生じることは避けられない。それらのコメントを
安直に鵜呑みにせずに解釈する必要がある。

メディアは厳然たる立場に自らをおいて、唯一の事実のみを報道する
一方、各当事者に対しては偏りなき”批判”をしてこそ、存在価値が
見出せるのではないだろうか。

今回のキーマンである堀江貴文氏に対する功罪も、双方
明確にして公表すべき。何故ならば、結果はどうあれ、国民の貧富の
格差抑制に注力する日本の社会主義に酷似した疑似資本主義に対して
、本来の資本主義に向かう上で必要不可欠な賃金格差を(露骨ではあるが)
前面に出し、経済発展に有益な若者の起業を奮起させた数少ない
一人であることは事実。また、戦後からの米国譲り体質から
株価至上主義を安易に受け入れそうになった日本の各企業に対して、
買収劇を通じて国際的危機感を植えつけた張本人でもある。
(無論、すべては自社の利益に基づいたものであるとはいえ)

メディアの革新を祈る。











楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2006年01月25日 01時47分12秒
コメント(1) | コメントを書く

全75件 (75件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >

Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.