1029771 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ポーの部屋

乳房再建

全摘手術をして1年経った頃このまま一生パットの生活を送るのか・・考えました。
確かにパットは見た目にはわかりません。
でも私の場合健側が大きいのでパットも重いのです。しかも夏は通気性が悪いので汗びっしょりになります。

私は毎日ジムでトレーニングしてプールで泳ぎます。
泳いでいる時専用のパットを使用していますが浮いてしまうか心配で胸を確かめる事しばしば。
パットが泳いでいたら洒落にならないですからね。
シャワーをあびて着替える時もさっさーとこなします。
別に病気を隠している訳ではないのですが、見た人が気を悪くしたり気を使ったりしては申し訳ないと思って。

そんな生活が普通だと思っていたらうきふねさんのプログに出会いました。
本当に衝撃でした。

まず。自分が再建をあきらめていた理由。
1.腹筋を取っての再建は手術後かなり静養が必要。
2・お金がかかる。

腹筋をとっての再建だと数日間はベットの上で静養しなければならない。一生のうちの1週間だけど私には耐えられない。


シリコンだと自費部分が多い。
私は働いてもいないしそんなにお金をかけるのは申し訳ない


でもうきふねさんのプログに出会って人生が変わった。
Y市大付属病院のS先生の再建術。
マイクロサージャリーによる再建。
腹筋を取らずにお腹の脂肪だけを移植する手術です
手術後2~3日でトイレに行かれる。脂肪だけを取っての再建だから手術後運動も前と同じように出来るようになる。
しかも保険が利く。

すぐに主治医に話をしました。
そうしたら再建を考える事はとってもいい事だよ。だったら1年検査を早くやって紹介状を書くよって言われました。

紹介状を持っていざY市大へ。
初めてS先生に会いました。

とっても気さくな先生でお任せできると思いました。
熱心だしこの先生におっぱいを作ってもらいたいと思いました。
うきふねさんの話を聞いても素晴らしい先生だってわかります。

8月に再建手術をします。
経過はお知らせします。



© Rakuten Group, Inc.