1132313 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

今日も何かあたらしいこと

2013年02月24日
XML
「泣くな、はらちゃん」第6回、見ているこちら側が試されているかのようなドラマ。

展開がゆっくりで台詞がとろっとしていて、かといって、アクティブなはずの、

漫画ノートからキャラクターが出てくるシーンなど、ちっとも迫力がなくて眠くなる。

岡田惠和さんの名作「イグアナの娘」だと、しょっちゅう交通事故が起こっては死んでた。

そんな力ずくの悲劇もあんまりなくて、死んだ光石研さんは漫画でよみがえるし。

コメディタッチなのに軽くなくて、子供みたいなのに濃いはらちゃんにうんざりしたり。


それでも切なさにひかれては毎回見て、じれったさにストレスたまりながら放っておけない。


最初のころ忽那汐里さんが歌っていた素人っぽい曲は「私の世界」というタイトル。

これをまた子供たちが無邪気にも歌うので、耳についてどうにも離れてくれない。

音楽は井上鑑さん、なんとも切なくて恥ずかしくなるほどセンチメンタルを誘います。








Last updated  2013年02月24日 15時19分08秒
コメント(0) | コメントを書く
[テレビドラマの部屋] カテゴリの最新記事


PR

Category

Rakuten Ranking

Calendar

Archives

2020年03月
2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.