1133592 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

今日も何かあたらしいこと

2013年04月18日
XML
「雲の階段」第一話、崖っぷちな長谷川博己さんをじっくり鑑賞できSな気分。

それにしても人口500人の島に、手術もできるし一応の人手もある診療所があるって。

従順そうな事務職員をつかまえて医師の真似事をさせる大友康平さんって。

このままじゃ患者が死ぬからって事務職員に手術をさせる看護師・稲森いずみさんって。

どうにか盲腸の手術をやったと思ったら、どさくさにまぎれ子宮外妊娠の手術も成功って。


にせ医者って(もちろん許せないんだけど)ブラックジャックみたいな超名医か、

にこにこ人情派で患者に好かれるけど、内科を名乗って手術なんかしないか、

だと思っていたのに、ものすごく押しの強い大友さんの言うなりな長谷川さん。

無資格とは言ってもせめて医学生だったとか看護師だとかならわかるけど高卒って。

話の前提からあふれる無理やり感が、長谷川さんを全包囲し追い詰める。


素質があると持ち上げられて悪い気はせず、自ら勉強したりする屈折感とか、

稲森さんに二者択一を迫られて断れない優柔不断さとか、人を殺した罪悪感に苦しむ姿とか。

そして、木村文乃さんのお腹を引っ掻き回したと思ったら、血の海の中手術は成功。

失敗だったら長谷川さんも観念し、犯罪捜査の話でもう終わってしまうのに。

木村さんの婚約者に説明する長谷川さんは、すっかり医師の気分になっており、

人の命を救った充足感やら高揚感やらで別人格を得たかのよう。


これは、初回から破滅への道を転がる長谷川さんの悲劇を楽しむドラマ。

それに、稲森さんと木村さんとの三角関係がからんで、昼メロみたいになるのかな。

久々にレビューを書く気になった私は、たしかに、他人の不幸が大好きなおばさん。








Last updated  2013年04月18日 18時31分13秒
コメント(0) | コメントを書く
[テレビドラマの部屋] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


PR

Category

Calendar

Archives

2020年04月
2020年03月
2020年02月
2020年01月
2019年12月

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.