1128072 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

今日も何かあたらしいこと

全262件 (262件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 27 >

フィギュアスケートの部屋

2012年12月23日
XML
フィギュアスケート全日本選手権で浅田真央・羽生結弦両選手が優勝きらきら

でも浅田選手は、優勝はしたけれどちょっと残念そうな表情でした。

今季は全勝しているけれど、いろんなミスが出た上での勝ちが続き、

今回もまたという事で、アスリートとしての彼女が納得いかないという感じ。

天才がさらに努力しているのに、彼女の歩む道はどこまでも厳しいです。

世界選手権で、勝ってしかも晴れやかな笑顔の浅田選手が見たいです。


2位の村上佳菜子選手、ショート5位からの追い上げは見事です。

でもあの不自然すぎるメイクはなぜ?無理に年齢以上に見せてるような。


男子は、羽生結弦選手が高橋大輔選手を退けて初優勝しました。

これには、高橋選手のファンから悲鳴に似た疑問が聞こえています。

特にフリーでは高橋選手が、気魄あふれる怒涛のような演技で、

ショートの遅れを逆転できるほど、他を圧倒していたのではないか、と。


でも、羽生選手は、高橋選手がすごい高得点を出した後の最終滑走で、

優勝のかかったぎりぎりの場面に立ち、あれだけの演技ができたのはすごい。

そのメンタルの強さには脱帽で、伸び盛りの可能性を見せつけてくれました。

どうも高橋選手はダウングレードを取られることが多いような。

ジャンプの着地が氷にささるみたいに流れが止まってしまうのも残念。

だけどまだまだ、印象に強く残るのは高橋選手の演技の方です。

世界選手権・最終的にはソチまで、その戦いを応援したいと思います。

【送料無料】フィギュアスケートファン(2013)

【送料無料】フィギュアスケートファン(2013)
価格:1,575円(税込、送料別)








Last updated  2012年12月23日 23時28分19秒
コメント(0) | コメントを書く


2012年12月08日
浅田真央選手がグランプリファイナルで4年ぶりの優勝ですきらきら

今季、明るくはじけるショートは素晴らしい出来なんだけど、

芸術性の高いフリーではジャンプで失敗してしまう事が多かった。

NHK杯の後で腰痛にもなったというので、大丈夫かなと思ったけれど。


今大会の公式練習のあとで、リンクの氷が溶けかかっているなどと、

男子選手たちが不満を漏らしたというのに、平気な顔をしていたという彼女。

もちろん、不備があればどんどん言っていいのだけれど、その適応力、

前向きで柔軟な精神力はさすがだな、と思いました。


長い回り道になるかもしれなくても、ジャンプの矯正に取り組み、

スケーティングの基礎から練習した積み重ねが、無駄なくすっきりと、

洗練された美しい動きとなって、その演技にますます惹きつけられます。


これから全日本や世界選手権や、大きな試合が待っているので、

どうか腰痛をしっかり治して、いいシーズンにしてほしいと思います。








Last updated  2012年12月08日 22時41分58秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年11月03日
フィギュアスケートグランプリシリーズ・中国杯で浅田真央選手が優勝きらきら

しばらくぶりに、伸び伸びと晴れやかな浅田選手を見て、本当にうれしい!

なにしろもう22歳の大人なんだから、いくら浅田選手の演技がかわいくても、

「子供っぽい」とか変な言いがかりをつける人なんていなくて気分すっきり。


特にショートはいたずらっぽくて軽快で、リズムとスピードによく乗って、

くるくる動き回る浅田選手に、まるでエキシみたいな解放感がありました。

フリーは、優雅な前半とはつらつとした後半と、濃い内容で目が離せない。

回転不足を取られるなど、ジャンプのミスがあって本人は不満足みたいだけど、

ジャンプ前後の演技の流れがよくて、全体の印象がとてもきれいでした。

いつもスロースターターと言われる浅田選手がこれだけできているので、

もうすぐに迫ったNHK杯には、もっといい演技を期待しています。


フリーで大失敗の高橋大輔選手は…NHK杯、ぜひがんばってね!








Last updated  2012年11月04日 00時02分26秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年10月07日
暑い夏がいきなり終わって急に涼しくなったと思ったらジャパンオープン。

楽しみにしていたフィギュアスケートのシーズンが今年も開幕しました。

浅田真央選手のフリー「白鳥」、いつも初戦は苦手なのに、素晴らしい演技でした。

表情も落ち着いて自信ありそうだし、少しふっくらしてスタミナも戻ったよう。

大人の女性らしく、優雅で上品で、なめらかな動きが白鳥を表現し美しい。

かわって後半のステップでは、生き生きと軽快に、しかも力強く。

こういう浅田選手が見たかった、と思わせるような演技でした。


高橋大輔選手は「道化師」で、モロゾフコーチと再び組んだ作品。

でも、王道を行く重厚なクラシックで、ここ数年の高橋選手のような、

挑戦的だったり演劇的だったりする個性的な路線とは違っていたかな。

モロゾフコーチが何を見せてくれるのか、と思っていたけれど。

逆に言うと、ソチの金メダルを真っ向から狙っている、っていう事かな。

練習してまだ一か月というのに、安定感のある完成された演技だったので、

これからますます深まっていくのでは、と期待しています。








Last updated  2012年10月07日 21時13分14秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年04月23日
高橋成美選手とペアを組み、世界選手権で3位に入ったトラン選手。

カナダ国籍の彼は、このままではオリンピックに出場できないのですが、

日本国籍を取得し日本代表としてソチを目指す決心をしてくれたようです。

今回の国別対抗戦は、観客も暖かく、とてもいい雰囲気で盛り上がったので、

彼の気持ちを動かしてくれたのだとしたら、本当にうれしい事です。

トラン選手には日本在住の実績がなく、日本語もできないみたい。

でも、日本ではペアの素地が薄いので高橋成美選手がカナダに行ってるのだし、

彼女が英語がぺらぺらなので、彼が日本語を覚える必要なかったのだし。

ペアでオリンピックに出場するために、井上怜奈選手や川口悠子選手は、

アメリカやロシアに住み国籍を変えた、という苦労もあったのだし。

例えばマラソンの選手と違って、ペアは日本に他に選手がいないのだし。

どうか特例中の特例として、彼の大決心を受け入れ認めてほしいと思います。


ちょっとテレビで見ていても、高橋成美選手ははっちゃけていて、

明るくきっぱりとした強気な性格であるらしい、と思われます。

そんなフリーダムな彼女を、誠実に静かに包むような、穏やかな彼。

日本語ができるようになったら、きっと日本になじめると思います。

どうか、いい方向に話が進んで、二人が心おきなく練習できますように。








Last updated  2012年04月23日 12時53分34秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年04月22日
フィギュアスケート第2回国別対抗戦で日本チームが優勝しましたきらきら 
高橋大輔・鈴木明子選手はともに1位となり、日本の優勝に貢献してくれました。

特に高橋大輔選手は、今季無敗のパトリック・チャン選手を破りました。

ショート、フリーともに4回転を決めただけでなく、もう完璧な演技。

ある時はシャープにある時はけだるくまた力強く、大人の魅力が満載でした。

セクシー部長も裸足で逃げ出す、見てるだけでも女性が膝から崩れ落ちそうな。

これこそが男子のフィギュアスケートなんだ、っていう到達点のような。


4月も終わりに近いこの時期に、大きな試合をやる事には批判もありました。

でも、各国の選手たちがとにかく楽しそうで、盛り上がりはじけて応援し、

時には他の国のブースにまで来て応援しあっていた姿に、心なごみました。

かといって、演技に力を抜いていたのではない、1・2を争う相手には、

決して負けたくないという気迫もあって、見ごたえのある試合でした。

例えるなら、個人競技の陸上選手が、リレーや駅伝で燃えるみたいな感じ。

ただ団体戦だけに、リード選手みたいに怪我をした選手には気の毒でした。


今回、失敗が多くて笑顔なくシーズンを終えたパトリック・チャン選手は、

きっと来季でのリベンジを心に誓った事だろうし、また楽しみが増えました。

【送料無料】氷上の奇跡

【送料無料】氷上の奇跡
価格:1,890円(税込、送料別)



【送料無料】高橋大輔

【送料無料】高橋大輔
価格:1,890円(税込、送料別)










Last updated  2012年04月22日 15時52分58秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年04月05日
雫井脩介さんの「銀色の絆」、フィギュアスケート選手の母と子の物語、

という事で期待して読み始めたのですが、現在から過去を振り返る構成で、

最初から結末が読めてしまうという、作者の力量を問われる造りでした。

残念ながら、その構成の難しさをはねのけるだけの深さはなかったかな。


主人公は、高校生にもなろうという年齢で才能を見出される、遅咲きの選手。

競争心がうすくメンタルも弱いのに、なんと四回転が跳べてしまう。

そんな娘以上に、娘のスケートにのめり込み、人生を賭けていく母親。


そういうと、娘にまとわりつくうっとおしいステージママみたいだけど、

この母親は、娘以上に成長し自立し、ある時点でさっと身を引く潔さがある。

子供の送り迎えだけでなく、練習につきそい声をかけ、コーチのお弁当を作り、

学校との交渉、夜はマッサージ、衣装のデザインと、マネージャーのような母親達。

しかしこの作品はありがちなライバル物語ではなく、足を引っ張り合ったりせず、

選手も母親たちも、お互いに尊敬しあい高め合う、とてもきれいなお話でした。


でも、そんな年齢まで無名の選手が、四回転トゥループを跳べるなんて。

そして中途半端な成績のままスケートを引退してしまうのも、なんだかなあ。

結局彼女にとってはスケートは、人生を賭けるにたる魅力のないものだった。

この作品の主人公はむしろ母親で、娘のスケートはその起爆剤といった所か。

親子の絆を描くというより、それを結びつつ互いに自立していく物語なのかな。


それにしても、浅田真央選手をほうふつとさせる天才選手の母親が、

若くして病に倒れ亡くなってしまう、という、これは予言の書なのだろうか。

その後浅田選手に起こった運命の辛さを思うと、胸がつまる思いがした。

【送料無料】銀色の絆

【送料無料】銀色の絆
価格:1,680円(税込、送料別)










Last updated  2012年04月05日 17時15分41秒
コメント(2) | コメントを書く
2012年04月02日
フィギュアスケート世界選手権で高橋大輔選手2位・羽生結弦選手3位きらきら

高橋選手について、あの素晴らしいフリーの演技に点数が出ないってひどい。

どう見ても、パトリック・チャン選手を勝たせるためとしか思えず、

いつか見たような、フィギュアの暗黒面がうごめいていてがっかりします。

チャン選手の技術は確かに高いけど、フリーはミス連発だったのに。

高橋選手の演技をほめるより、ジャッジへの不信を書かないといけないなんて、

いったいフィギュアスケートって何なのか、この感動をどうしてくれるのか。

見る方がうんざりするくらいだから、努力する選手には本当に気の毒です。


羽生結弦選手・鈴木明子選手・そして高橋・トラン組の初の3位はおめでとう!

一方で、残念だったのは浅田真央選手と小塚崇彦選手で、体調悪かったのかな。

特にフリーの浅田選手は、体に力が入っていないというのか、元気がなかった。

3月終わりまでの長いシーズンだったので、ゆっくり回復して、来季に備えてね。










Last updated  2012年04月02日 18時47分44秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年02月12日
四大陸選手権、アシュリー・ワグナー選手が優勝し浅田選手は2位。

アシュリー・ワグナー選手のフリー「ブラックスワン」はもう完璧でした。

邪悪な黒鳥を激しく情熱的に演じ、でも繊細な表現もあって素晴らしい。

自分がやりたいもの、自分に合うものをやっている、という確信からの迫力。

そんな勢いに乗ってジャンプを次々と決め、ミスなく強烈な印象を残しました。


一方の浅田選手は新しい衣装でしたが、デザインはとても素敵だけれど、

色が沈んでいて地味な感じで、リンクに映えなかったのがまず残念。

トリプルアクセルは着氷したけれど、また厳しい回転不足の判定。

他のジャンプにもミスがあって、わずかに及ばず2位に終わりました。


今回は高地のリンクという事で、ちょっとした波乱含みの大会でした。

そんな中でも勝負強さを見せたチャン選手やワグナー選手は素晴らしい。

高橋大輔・浅田真央両選手は2位となったけれど、次の世界選手権で、

またきっといい演技を見せてくれる事を期待しています。








Last updated  2012年02月13日 00時07分26秒
コメント(0) | コメントを書く
高橋大輔選手が四大陸選手権の結果2位となりました。

優勝はやっぱりパトリック・チャン選手で、ノーミスの演技でした。

フリーで四回転をふたつ決めたチャン選手に対し、高橋選手は、

四回転はどうにか決めたけどトリプルアクセルで失敗してしまった。

細かい表現力は平板だけれど、45度も倒したような深いエッジで、

足元を見ていると目がくらむような思いがするチャン選手。

残念だけれど彼がノーミスなら、高橋選手も完璧じゃないと勝てない。

しかも、練習では失敗した所も本番では決めた、という勝負強さ。

これにはもう脱帽なので、来月の世界選手権もどきどきしそうです。







Last updated  2012年02月12日 15時32分28秒
コメント(0) | コメントを書く

全262件 (262件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 27 >

PR

Category

Rakuten Ranking

Calendar

Archives

2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.