1126728 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

今日も何かあたらしいこと

全295件 (295件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 30 >

私の部屋

2012年12月06日
XML
カテゴリ:私の部屋
FNS歌謡祭で華原朋美さんが5年ぶりに歌うのを見ました。

生放送なので、すごくうまい歌手もいれば、あれっ?と思う人も多かったのに。

一発勝負の緊張の中で、華原さんの歌声は素晴らしく、感動しました。


もともと「I’m proud」という曲がとても好きで、特に、

届きそうで掴めないいちご、というフレーズに心惹かれていました。

それは、デリケートな女性の幸せ、美しくてはかないものを表現して、

ちょっと少女趣味だけど、詩的で夢の中の言葉のように聞こえました。


平成のシンデレラと呼ばれた華原さんの人生は、そんな美しいイチゴを、

掴んだと思ったら手からこぼれていき、また探し求める繰り返しだったのでは。

愛も結婚の夢も、芸能人としての栄光も、追いかけるほどに遠くなる。

きれいなイチゴを、ぎゅっと握りしめてはつぶし汚してしまうように。


かつて小室哲哉さんが涙したというその歌声は、皮肉なことにも、

彼女が傷つき悩むほどに深みを増して響き、胸に迫ってきました。

どうか、手にしたいちごを大切に、自分の手でつかみ取ってほしいと思います。









Last updated  2013年04月21日 00時48分05秒
コメント(0) | コメントを書く


2012年01月22日
カテゴリ:私の部屋
野田聖子さんのドキュメンタリー「私は母になりたかった」を見ました。

野田さんのお子さんの事が女性週刊誌に載ったのは知っていたけど、

まさか、小児ICUにカメラを入れて、こんな記録を撮らせていたなんて。


アメリカの医師は、健康なら50歳の出産に何の問題もないと言ってたけど、

出産後、ぼろぼろになって出血の止まらない野田さんの子宮を見ると、

やはり50歳での妊娠出産には、相当な危険があると言わざるをえない。


多くの問題を抱え、たくさんの手術を受け続ける子供に野田さんは、

「野田の看板をしょってやるよと言っている」と解釈していた。

野田さんは、以前の夫とも今の夫とも事実婚で、今回入籍したのは、

今の夫が野田姓を名乗る事になったから、ではなかったのか。

政治家としての彼女にとって、野田とは巨大な看板なのかもしれない。

しかし、彼女はそれにとらわれすぎて、この究極の不妊治療の根底にも、

野田を受け継ぐ者がほしいという思い込みがあったのではないか。

人工呼吸器につながれた子供にとって、野田の看板に何の意味があるのか。


同じ女性国会議員にも、不妊治療に時間を費やすよりも仕事に専念する、

と、子供をあきらめた方がおられるのだが、その潔さの方を支持したい。


しかし一方で、このドキュメンタリーが教えるものは大きかったと思う。

女性が子供を産まない限り、この国の未来はくすぶったままだ。

女性には、妊娠出産にふさわしいタイミングを逃さず、子供を持ってほしい。

不妊治療を望む人には、早い段階からのしっかりした支援が必要だと思う。

そしてどうか、元気な赤ちゃんを産み育ててほしいと心から願う。


もちろん、全く罪のない野田さんの子供には、どうかよくなってほしい。

【送料無料】生まれた命にありがとう

【送料無料】生まれた命にありがとう
価格:1,365円(税込、送料別)







Last updated  2012年01月22日 09時51分01秒
コメント(0) | コメントを書く
2012年01月05日
カテゴリ:私の部屋
あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

暮れから新年にかけて、お正月準備や子供の帰省で忙しく、

疲れが出たのか、ちょっと体調をくずしています。

早く元気になって冬を乗り切りたいところです。








Last updated  2012年01月05日 16時11分06秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年12月31日
カテゴリ:私の部屋
今年はいろんなことがあったけど、来年はどうかいい一年でありますように。

よいお年をお迎えください。










Last updated  2011年12月31日 18時06分02秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年04月20日
カテゴリ:私の部屋
楽天ブログのトラックバック受付機能が廃止となる、という予告はあったけど。

今までのトラックバックも全部消えてしまうなんて、まさか、そこまでやるとはほえー

ネットの上とはいえ、大切なおつきあいであり歴史だったのに、全否定された。

トラックバックを送る機能はまだ残っているけど、一方的に送信するだけなんて。

しばらくブログをお休みしていて、4月からまたやろうかなと思っていたのに。

今さら引越ししたり、他のブログを構築する元気まではない私が悪いのか。







Last updated  2011年04月20日 11時25分03秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年04月18日
カテゴリ:私の部屋
楽天ブログが明日19日からトラックバック受付機能を廃止するそうですほえー

トラックバックを送ることはできるけど、受け付けることはできないって。

迷惑トラバが多いからって、面倒だ全部やめちゃえ、って、ああ楽天らしいこと。

それも、一度発表して→ユーザーから批判を浴び→実施延期→でも結局はやる、って、

楽天様とのお付き合いの中で、何度も繰り返されたパターンです。


ドラマのレビューを書いて、トラックバックのやり取りがとても楽しかったのに。

トラバだと、そのドラマへの評価がぜんぜん違う人とでも、気軽に返答し合えた。

コメントを入れるとか他のツールなら対立してしまう意見でも、さりげなく言い合えた。

これから先は、「手紙を出せるけど返事はもらえない」住所不定みたいな状態になる。


今はもう、ブログっていうツール自体が衰退の一途にあるのだろう。

楽天ブログを閉鎖します、っていきなり告知される覚悟をしておくべきかな。







Last updated  2011年04月18日 16時27分17秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年03月30日
カテゴリ:私の部屋
三月に入って、なにかと気ぜわしい日が続き、そうして大震災が起こり、

ブログを書く気になれないまま、今日まで来たのだけれど。

今日は、とてもいいことがありました。

なので久々に、アップしてみる気になりました。

いろんなことに感謝して、自分にできることからまた始めようと思います。

四月もまた忙しくなりそうなので、気が向いたらまた書こうかな。







Last updated  2011年03月30日 17時00分35秒
コメント(2) | コメントを書く
2011年03月13日
カテゴリ:私の部屋
なんという大災害が起こってしまったことか。

しばらく留守にしていて、更新するのが遅れました。

被災された方にお見舞い申し上げるとともに、一日も早い復興のため、

なにかできることはないか、見つけたいと思っています。

楽天で、何度もお買い物したお気に入りのショップさんのなかにも、

東北地方のお店ではページを開けないところがあり、とても心配です。

ネット通販を始めて以来、こうして日本全国とのご縁を結んできたのだなと、

あらためてありがたく、そして心が痛みます。

これから、日本全国が結び合って、助け合っていければと思います。

大惨事の中、冷静に丁寧に行動する人々の姿に、胸を打たれています。

海外からの援助も、とてもありがたいことです。

とりあえずは、節電が大切、ということなので、協力したいと思っています。







Last updated  2011年03月13日 20時21分24秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年02月17日
カテゴリ:私の部屋
ふと左手を見たら縦のしわがなんだかたくさんあるのでびっくりして調べたらバイバイ

これが三奇紋(さんきもん)とか三喜紋と言ってすごい強運相であるらしい賞金

中指、薬指、小指の下から出た三本の線が途中で一本につながっていて、

ちょうど、三本足の熊手が手のひらにあるような感じに見えます。

だいたい、縦に伸びる手相は吉相らしいけど、これは特に金運の相なんだとか。

いつからこんな線があったのか、ぜんぜん気がつきませんでした。

右手の方はもっとつるんとしていて、こんなしわしわな線はないし。

顔にしわ出現だと大ショックだけど、手のしわだと吉相だったりするのか…


確かに金運はすごくありがたいけど、私が本当に欲しい物はもっと他にあるウィンク










Last updated  2011年02月17日 14時07分34秒
コメント(0) | コメントを書く
2011年01月04日
カテゴリ:私の部屋
今はVistaを使っていますが、Windows7が軽快で使いやすいと聞いてほしくなりました音符

楽天市場での最安値は、今のところ楽天ブックスのようですね。










Last updated  2011年01月04日 18時46分07秒
コメント(0) | コメントを書く

全295件 (295件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 30 >

PR

Category

Rakuten Ranking

Calendar

Archives

2020年02月
2020年01月
2019年12月
2019年11月
2019年10月

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.