1077486 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

「野球ソムリエ」 キャッチャーズ・アイ

PR

楽天カード

カレンダー

カテゴリ

ランキング市場

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

つける薬がない New! 徳虎さん

VIVA!! YOK… toshi-bohさん
きっずのagariブログ… きっず8さん
千葉ロッテ好き達へ ケズ0825さん
2008.10.22
XML
カテゴリ:野球戦術
前捌きとはミートポイントを身体からより前で打つバッティングである。
それと反対なのが、身体のより近くで打つバッティングである。
以前では、前捌きのバッティングは長距離打者、
身体の近くで打つ打者は、アベレージヒッターか、出塁重視と言われていた。
だが、今はそんな区分けの通用する時代ではない。
前捌きでは、そこそこホームランは打てるだろうが、打率を上げることは望めない、
それどころか、不安定な成績に繋がる打ち方になりつつある。
もちろん、前捌きで毎年安定した成績を残す打者もいる。
だが、そういう打者は年々少なくなって来ているし、
これからはさらに減っていくことになるだろう。

それはなぜか。
変化球の質が変わってきたからである。
野球解説者の言葉からも、その事ははっきりとわかる。
最近になって野球解説者が変化球の球種を言い当てられなくなってきている。
真っ直ぐ系、2シーム系、スライダー系、など、この【 系 】が多用されている。
今やはっきりと区別できるのはカーブだけと言っていい時代なのだ。
これはMLBの影響によるものだろう。
隔年で行われる日米野球、MLBでプレーする日本人選手、
それが相まって今のような変化球があいまいな時代になったのである。
しかし、この事は悪い事ではない。
むしろ野球が高度化する方向へ向かっている、と言えるだろう。

近年、流行の変化球はスライダー、カットボール、チェンジアップだが
スライダーは曲がりが大きく、カットボールは小さく曲がる。
チェンジアップは緩いスピードから、ほぼ投手の利き腕の方に滑りながら落ちる。
フォークは真っ直ぐと同じような体感速度から急激に落ちる。
スプリットはフォークの握りを浅くしたもので、その落差が小さい。
シュートと2シームはほぼ同じ球種と言っていい。
気持ち指の力加減を変えるのがシュートであり、
真っ直ぐと同じように投げるのが2シームである。
また、投げる投手自身の意識で呼び方が違うことになる。
その代表的な球種が2シームと、左腕投手やサイドスロー投手のチェンジアップだ。
見ている方が2シームだと思っても、
投げる当の投手がシュートだと言えばその球はシュートと言うしかない。
左腕投手、サイドスロー投手のチェンジアップは、シンカーと見分けがつかない。
投げる当の投手がチェンジアップだと言えば、チェンジアップだし、
シンカーだと言えばシンカーと呼ぶ他ないのだ。
要は小さく曲がる、わずかに曲がる、落ちると言った変化球を投げる投手が
以前に比べて多くなってきているのだ。

この小さく曲がる、落ちるといったところが打者の打ち方に影響を与えている。
小さく曲がる、落ちると言う変化球は、
それだけ打者の手元で曲がることになる。
その微妙な変化に打者がついていけずに、
バットの芯を外したり、打ち損じたりするのである。
以前よりもバットの折れるシーンをよく見るのはこれが原因なのだ。
これに対応するにはより長く球を見るしかない。
ミートポイントを身体寄りにしないと球を長く見る事は出来ない。
前捌きでは対応が難しいのだ。
対応が難しいと言う事は打率、安定度に大きく響く。
私が指摘したいのはこれである。

分かりやすい例をあげると、
今年ホームラン数を伸ばした埼玉西武の中村選手、ベイスターズの吉村選手だ。
彼らふたりに共通する事はホームラン数は多いものの、打率が低いことである。
彼らは前捌きのバッティングである。
前で捌くことで飛距離は出るが、もろさも抱えている。
私個人の見方では、中村選手のホームラン数であの打率なら仕方がない、と思える。
三振とホームランは背中合わせだし、中村選手に足はない。
だが、吉村選手はもともとから飛距離は持っているし、足が速い。
ホームラン30本中盤で、打率2割5分台はいかにももったいない。
持てる能力を最大限に生かせていないと思えるからだ。
そして、今後も前捌きのバッティングであるならば、
成績も大きく上昇することはない、と私は思っている。

対照的なのが、今年大きく飛躍したベイスターズの内川選手だ。
今年内川選手を大きく飛躍させたのはミートポイントを近くしたからだ。
今までとは打ち方がまるで違うし、
その事は本人も、周りも、野球解説者も否定する人はいない。
球を長く見ること、近くで捌くことで確実性が格段に増した。
もともとミート力には定評があった部分もあるが、
この打ち方が打率を急上昇させたのは間違いない。
では身体の近くで捌くことはホームランを減らすのか。
それは違う。
身体の近くで捌いていてもホームランは打てる。
Gのラミレス選手やベイスターズの村田選手がその例である。
彼らはホームラン数も多く、打率も高く安定している。
前捌きでなくとも、ホームランは打てるのである。

これからも小さく曲がり、落ちる変化球は駆使されるだろう。
そういった投手が増えれば増えるほど、前捌きの打者は対応に苦しむ。
時代の流れは前捌きの打者を不利にする方向へと流れている。
この趨勢はもはや変わる事はないだろう。
前捌きのバッティングでは高いレベルでの成績安定は望めないのである。





にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
ご覧になった方、ひと手間のワンクリックをお願いします。m(_ _)m




2008年、リスタートの小雪さんです。
アフィリエイトでのんびり生活@小雪の在宅ワー
ク2008














最終更新日  2008.10.22 14:32:32
コメント(6) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.