1086898 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

「野球ソムリエ」 キャッチャーズ・アイ

PR

楽天カード

カレンダー

カテゴリ

ランキング市場

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

ONE TEAM 徳虎さん

VIVA!! YOK… toshi-bohさん
きっずのagariブログ… きっず8さん
千葉ロッテ好き達へ ケズ0825さん
2009.10.30
XML
ドラフトが終わっての私の感想は一言、ガッカリ。
12球団で一番弱いチームが一番ピンボケのドラフトをした。

打線は見劣りしないと一応は言われるベイスターズ。
勝てないのは投手と守りと野球の緻密さなのは言うまでもない。
今、決定的に足りずに急ぎ補強するべきは投手と捕手のはず。
それなのに捕手は一人も指名せず。
投手も左腕はひとりのみでそれも高校生だ。
まったく今のチーム状況に即していない。

なぜ2巡目で藤原投手を指名しなかったか。
あれほど左腕が欲しかったのではないのか。
上で投げている左腕で来期残るのは石井裕、吉見投手、加藤康投手であり、
高宮投手はいまだ実績がなく、那須野投手に至っては言うまでもない。
ランドフル投手は残留させるのだろうが、残ってくれるのだろうか。
左腕の先発候補として藤原投手はうってつけだったと思う。

加賀投手には期待したいがタイプがサイドハンドでは加藤武投手、木塚投手と重なる。
投手陣のバリエーションが広がらないのだ。
同様に加賀投手、福田投手ともに、20代中盤に差し掛かっている。
年齢バランスから見ても疑問が残る。

私が筒香選手を高く評価できないのは打撃フォームにある懸念と腰痛だ。
致し方ないことだが、日本は気候的な面、営業的な面があって、
12球団中10球団が人工芝球場を本拠地にしている。
まして、シーレックスの本拠地も人工芝球場だ。
その中で今から腰痛持ちの選手がしっかりとした練習量をこなせるのか。
太りやすい体質だとも言われている。
大いに不安がある。

フォーム的にもステイバックから打ちに出る時に右肩が前に出るクセがある。
このクセが出るとヒッチ状態になるのでバットが前に出てこない。
インサイドは詰まるし、アウトサイドもフライになりやすい。
例としては今年の吉村選手に似ているクセなのだ。
筒香選手の場合は吉村選手ほど上体をねじらないが、それでもバットのヘッドは利かせにくい。
このクセは1年生当時から目立っていて、練習では良くても公式戦で結果が出ない原因だった。
徐々に矯正されてきてはいるが、いまだにそのクセは顔を覗かせる。
ましてプロの真っ直ぐ、変化球に対応するのだからこちらも大いに不安がある。
不安というよりも懸念材料だ。
守りでも何とか3塁が守れるレベルであってほしい。
1塁しか守れないのなら今後の選手編成、選手起用にも枷がかかる。
期待よりも不安の方があまりに大きいのだ。


筒香選手に対しては私の不安、懸念が外れることを今後は願うしかない。
加賀投手、福田投手も右腕であっても左打者を抑えられる事を
来期からすぐにでも見せて欲しい。
高校生投手たちも数年先には戦力としてベイスターズで躍動して欲しい。
現時点では12球団で最もピンボケでも、数年先にそれを覆して欲しい。
今はそう願うばかりだ。














携帯ブログランキング

にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
ご覧になった方、ひと手間のワンクリックをお願いします。m(_ _)m




下記の方々のブログもオススメです。
夏の日の幻想
ベースでfootball !



















最終更新日  2009.10.30 19:21:43
コメント(14) | コメントを書く
[横浜ベイスターズ&湘南シーレックス] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.