1075122 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

「野球ソムリエ」 キャッチャーズ・アイ

PR

楽天カード

カレンダー

カテゴリ

ランキング市場

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

全5件 (5件中 1-5件目)

1

野球戦術

2008.10.22
XML
カテゴリ:野球戦術
前捌きとはミートポイントを身体からより前で打つバッティングである。
それと反対なのが、身体のより近くで打つバッティングである。
以前では、前捌きのバッティングは長距離打者、
身体の近くで打つ打者は、アベレージヒッターか、出塁重視と言われていた。
だが、今はそんな区分けの通用する時代ではない。
前捌きでは、そこそこホームランは打てるだろうが、打率を上げることは望めない、
それどころか、不安定な成績に繋がる打ち方になりつつある。
もちろん、前捌きで毎年安定した成績を残す打者もいる。
だが、そういう打者は年々少なくなって来ているし、
これからはさらに減っていくことになるだろう。

それはなぜか。
変化球の質が変わってきたからである。
野球解説者の言葉からも、その事ははっきりとわかる。
最近になって野球解説者が変化球の球種を言い当てられなくなってきている。
真っ直ぐ系、2シーム系、スライダー系、など、この【 系 】が多用されている。
今やはっきりと区別できるのはカーブだけと言っていい時代なのだ。
これはMLBの影響によるものだろう。
隔年で行われる日米野球、MLBでプレーする日本人選手、
それが相まって今のような変化球があいまいな時代になったのである。
しかし、この事は悪い事ではない。
むしろ野球が高度化する方向へ向かっている、と言えるだろう。

近年、流行の変化球はスライダー、カットボール、チェンジアップだが
スライダーは曲がりが大きく、カットボールは小さく曲がる。
チェンジアップは緩いスピードから、ほぼ投手の利き腕の方に滑りながら落ちる。
フォークは真っ直ぐと同じような体感速度から急激に落ちる。
スプリットはフォークの握りを浅くしたもので、その落差が小さい。
シュートと2シームはほぼ同じ球種と言っていい。
気持ち指の力加減を変えるのがシュートであり、
真っ直ぐと同じように投げるのが2シームである。
また、投げる投手自身の意識で呼び方が違うことになる。
その代表的な球種が2シームと、左腕投手やサイドスロー投手のチェンジアップだ。
見ている方が2シームだと思っても、
投げる当の投手がシュートだと言えばその球はシュートと言うしかない。
左腕投手、サイドスロー投手のチェンジアップは、シンカーと見分けがつかない。
投げる当の投手がチェンジアップだと言えば、チェンジアップだし、
シンカーだと言えばシンカーと呼ぶ他ないのだ。
要は小さく曲がる、わずかに曲がる、落ちると言った変化球を投げる投手が
以前に比べて多くなってきているのだ。

この小さく曲がる、落ちるといったところが打者の打ち方に影響を与えている。
小さく曲がる、落ちると言う変化球は、
それだけ打者の手元で曲がることになる。
その微妙な変化に打者がついていけずに、
バットの芯を外したり、打ち損じたりするのである。
以前よりもバットの折れるシーンをよく見るのはこれが原因なのだ。
これに対応するにはより長く球を見るしかない。
ミートポイントを身体寄りにしないと球を長く見る事は出来ない。
前捌きでは対応が難しいのだ。
対応が難しいと言う事は打率、安定度に大きく響く。
私が指摘したいのはこれである。

分かりやすい例をあげると、
今年ホームラン数を伸ばした埼玉西武の中村選手、ベイスターズの吉村選手だ。
彼らふたりに共通する事はホームラン数は多いものの、打率が低いことである。
彼らは前捌きのバッティングである。
前で捌くことで飛距離は出るが、もろさも抱えている。
私個人の見方では、中村選手のホームラン数であの打率なら仕方がない、と思える。
三振とホームランは背中合わせだし、中村選手に足はない。
だが、吉村選手はもともとから飛距離は持っているし、足が速い。
ホームラン30本中盤で、打率2割5分台はいかにももったいない。
持てる能力を最大限に生かせていないと思えるからだ。
そして、今後も前捌きのバッティングであるならば、
成績も大きく上昇することはない、と私は思っている。

対照的なのが、今年大きく飛躍したベイスターズの内川選手だ。
今年内川選手を大きく飛躍させたのはミートポイントを近くしたからだ。
今までとは打ち方がまるで違うし、
その事は本人も、周りも、野球解説者も否定する人はいない。
球を長く見ること、近くで捌くことで確実性が格段に増した。
もともとミート力には定評があった部分もあるが、
この打ち方が打率を急上昇させたのは間違いない。
では身体の近くで捌くことはホームランを減らすのか。
それは違う。
身体の近くで捌いていてもホームランは打てる。
Gのラミレス選手やベイスターズの村田選手がその例である。
彼らはホームラン数も多く、打率も高く安定している。
前捌きでなくとも、ホームランは打てるのである。

これからも小さく曲がり、落ちる変化球は駆使されるだろう。
そういった投手が増えれば増えるほど、前捌きの打者は対応に苦しむ。
時代の流れは前捌きの打者を不利にする方向へと流れている。
この趨勢はもはや変わる事はないだろう。
前捌きのバッティングでは高いレベルでの成績安定は望めないのである。





にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
ご覧になった方、ひと手間のワンクリックをお願いします。m(_ _)m




2008年、リスタートの小雪さんです。
アフィリエイトでのんびり生活@小雪の在宅ワー
ク2008














最終更新日  2008.10.22 14:32:32
コメント(6) | コメントを書く
2008.02.20
カテゴリ:野球戦術
日本で今、先発、リリーフともに球数制限を
敷いているのは、広島東洋のブラウン監督くらいだろう。

日本にやってくる、アメリカ人の監督たちは
中4日ローテ、球数制限、強行策(否バント)を
就任当初は取ろうとするが、いずれも日本式になっていく。

中6日ローテ、球数も制限して120球前後、バントもするようになる。

これは、先に触れたとうり、日本とアメリカの
アマチュア時代の打者育成方法が根本的に違うためであり
打者の意識が大変革を起こさない限り
投手の起用方法をメジャー式にすると、自軍にとって不利になりやすい。
それでも、以前に比べればまだ攻撃的になってはきているとは思う。
一発長打のある1番打者、小技の効く選手よりも攻撃的な2番など
わずかではあるが、そういったチームも出てきている。

では、本当に球数制限は、採用不可なのだろうか?
中4日ローテは無理なのだろうか?

先の中4日ローテ編で、日本では難しいと記したが
本音はできると思っている。
監督、投手コーチ、先発投手の意識改革ができればである。

どのような意識改革か?

まず監督、投手コーチの意識改革である。
いまだ、日本では先発、完投できる投手を最重要としている。
これは、もう過去の話である。
現に、高校野球ですら2人投手制を謳い、継投戦術をとっている。
大学、社会人もしかりである。
完投できる投手など、もうほとんどいないのだ。

現に北海道日本ハムのエース、ダルビッシュ投手や
広島東洋にいた黒田投手でも完投数は年間1ケタだ。
30試合前後の登板数があってもである。

また、選手側の意識改革でいえば、
先発投手のみの特権がある球団が多いことだ。
登板日翌日のいわゆる『上がり』である。
登板日の翌日は、ベンチにも入らず休養ということだ。
中6日、1週間に一度の登板なのにである。

それに比べて、ブルペンスタッフは毎日常勤だ。
ほぼ全試合ベンチに控えている。

それなのに、中6日、1週間に1度の登板で
3、4回前後、ひどければそこまでも持たずに降板する
先発ローテの投手はいったい何なのだ。

ブルペンスタッフはそんな時にしわ寄せが行く。
だから、年間20試合もメジャーより少ないのに
80試合登板とか、90試合登板などの
常識外れの起用方法になる。

これで、故障するななどと言えるのか?
選手生命、投手生命のことは考えないのか?
自分が監督の時期だけで、使いきってしまっていいのか?

その割りに、年俸などの待遇でもリリーフ陣は評価が低い。
とくに、セットアップ、中押さえのポジションは特にだ。

先発投手は10勝を上げれば、もう高評価だ。
しかし30試合前後の年間登板数の1/3ではないか。
毎日のように登板して、1イニングやアウト1つ、2つを
取っているリリーフ陣の割合と比べてどうなのか?
リリーフ陣は1、2回続けて打たれようものなら
大騒ぎをされる。首脳陣、マスコミ、ファンにもだ。

中6日なら120球、中4日なら100球は投げさせるべきなのだ。
その試合を作れずに、壊したとしてもだ。
それが先発投手としての最低義務の責任だろう。

少年時代には40球程度、中学で60球、高校、大学で80球という
アメリカの投手の球数制限がいいとは言わない。
しかし、球数制限は投手のためにあったほうがいい。

選手は球界の共通の財産である。特に投手は。
それを長くプレーさせるのも監督、コーチ陣の役目ではないか。

『自分のときはな。。。』などと、のたまわるコーチはいらない。

トレーニング、コンディショニング、クールダウンなど
ボディケアの技術指導は日進月歩しているのだ。

パ・リーグなどDH制なのだから、
球数制限は、すぐにでもできるはずだ。
もちろんセ・リーグもダブル・スイッチなど
監督、コーチ陣が頭を使えば、球数制限はできるはずだ。







2008年、リスタートの小雪さんです。
アフィリエイトでのんびり生活@小雪の在宅ワー
ク2008



花粉症のイライラ。私も毎年困ってます。愛用品のマスクです。










最終更新日  2008.02.20 09:54:13
コメント(0) | コメントを書く
2008.02.19
カテゴリ:野球戦術
日本野球の1、2軍との格差が大きくならなければ
負け試合、敗戦処理用の投手と勝ち試合用の投手と分けなければ
日本野球の待球することを美徳とする意識が変わらなければ
日本に完全中4日ローテーションは採用できない。

また、ブルペンスタッフの登板過多が起きやすく
優秀なリリーバーほど、酷使されて選手生命が短命になりやすい。

この点は球数制限とも密接にかかわっているし、
アマチュア時代の打撃練習の方法にもつながっている。

特にこれは、日本とアメリカの人間的な根本的違いになるのだが、
アメリカは、他の人との違いを前面に出し、自己表現、個性を尊重する。
対して、日本は全体の和を尊重し、自己犠牲を美徳とする。

野球では、中学、高校時代に
アメリカでは、いわゆるロングティーと呼ばれる
練習方法がよく用いられる。
これは、ホームベース上にゴルフのティーアップのように
ボールを置き、これをフルスイングして、パワーを求めるものだ。
もちろん、的確にボールを捉えることは言うまでもない。

対して、日本ではトス・バッティングやショート・ティーを
まず、重要視する。
トスでは、キチンと投げ手にワンバウンドで帰すことが
ショートティーでは、キチンと真正面に打ち帰すことを
基本として求められる。

これが、日本とアメリカの打撃スタイルの根本的な違いだ。
的確に球を捉えるのは同じだが、
フル・スイングで遠くへ飛ばすことを求めるアメリカ風。
狙ったところに打ち返すべく当てに行く日本風。

何でも、型にはめたがる日本と
そうでなく、個性を尊重するアメリカ。

どちらが正しいかは、誰にも決められまい。
しかし、アマチュア野球経験者からすると、
特に、個性よりも、画一的、自己犠牲を強いる高校野球は
楽しんで練習、試合をした覚えはない。

楽しむ事を優先して、個性をトコトン伸ばすやり方にあこがれる。
長所よりも、欠点を矯正しようと
あれこれ意見し、フォームをいじりたがる日本野球よりも。

『楽しんで勝とうぜ!』と『練習どうりやれば勝てる!』では
心のゆとりが違うというものだ。
特に心と身体が成人になりきっていない高校野球は。

高校野球で終盤に同点で延長戦にもつれ込む試合や
逆転サヨナラなどのケース、
力は五分なのに、ひとつのプレーがキッカケで
大量失点、大量得点になるケースなどはその典型である。
精神的に子供なのである。身体は大きくても。
だから、ひとつのキッカケで大きく動揺もするし
大きくイケイケの空気になってしまうのだ。
これは『練習どうりにできなかった』と思うところから始まる。
『楽しんで、勝とうぜ!』だと結果は全く違うと思うのだ。

小さい頃から、このような環境に置かれれば
規格外のスーパースターなど、出てくる訳がない。
また、才能に溢れる素材でプロ入りしながら
わずか数年で萎んでしまい、引退する選手も
ほとんどが精神的な部分に起因すると思う。

初球からでも、打てる球なら打つ!。フルスイング!。
チマチマ当てに行ってのファウルなど見たくない。

それが、魅せるということではないのか?

凡人では投げれない球の速さ、バットスイングの早さ。
とてもまねのできない守りや強肩、俊足。
それこそ、お金を払って見るプレーではないか。

プロとアマチュアの違いはそこにある。
日本とメジャーの違いもそこにある。








2008年、リスタートの小雪さんです。
アフィリエイトでのんびり生活@小雪の在宅ワー
ク2008



花粉症のイライラ。私も毎年困ってます。愛用品のマスクです。










最終更新日  2008.02.19 13:49:05
コメント(1) | コメントを書く
2008.02.18
カテゴリ:野球戦術
日本とメジャーとの違いは投手起用に異なる点が多い。
中4日登板と球数制限である。

メジャーは自軍投手と相手チームとの相性は
全く無視して完全中4日のローテーションを守る。

日本は対照的に自軍投手と相手チームとの相性を考慮し
ローテーションの飛ばし、変更は多々ある。
そして、6連戦の後に1日休み(移動日)のため
中6日で先発ローテーションを組むのが主流である。

メジャーでは、20連戦など日常茶飯事で
ナイトゲームの翌日がデーゲーム、
ダブルヘッダーもシーズン終盤にはある。
休みが少ないために完全中4日のローテーションが
成り立っているとも言える。

では、中4日のローテーションは日本に取り入れられるのか?
これは日本の投手、監督始め首脳陣、
ひいては日本野球自体の考えが変わらないと難しいと思う。

一番大きいのは、日本の野球は待球型の選手が多い。
これは、アマチュア時代の指導に起因するもので
初球から簡単に凡打すると、指導者に怒られる。
結果は問わずである。

『簡単に打ちにいくな。』『球スジを良く見ろ。』

野球経験者なら、何度となく聞いた言葉であろう。

それに対して、アメリカは逆で

『ストライクなら初球から打て』『自分のツボなら振れ』

と教えられる。

結果、日本の投手の方が1イニングに投げる球数は
あたりまえのごとく多くなり、疲弊する。

また湿度の関係で、登板後の疲労度の回復が
アメリカと日本では違うと聞く。

さらに、投手起用方法の確立が、日本はできていない。
日本でも、先発、中抑え、抑えと
ここずいぶん、分業化が進んではいるが
メジャーほどではない。

メジャーでは、まずクローザーを決める。
そして、先発ローテーション5人、スターターを決める。
そして、セットアップと呼ばれる勝ち試合や同点時の中抑え。
モップアップ、ミドルセットアップと呼ばれる
負け試合、敗戦処理の要員が見事に分けられる。

メジャーとマイナーの差は知ってのとうり
扱いが天と地ほどに違う。
この生存競争の差が、敗戦処理でもなんでも
メジャーに残っておき、結果を残して
重要なポジションを任されるように考えている。
メジャーとマイナーの差が選手を腐らせずに
モチベーションを上げているのだ。

その点、日本野球は甘い。給料こそ安くとも
選手寮、設備など、待遇は確保されている。

日本野球の1、2軍との格差が大きくならなければ
負け試合、敗戦処理用の投手がブルペンにいなければ
日本野球の待球することを美徳とする意識が変わらなければ
日本に完全中4日ローテーションは採用できない。
また、ブルペンスタッフの登板過多が起きやすく
優秀なリリーバーほど、酷使されて選手生命が短命になりやすい。

この点は球数制限とも密接にかかわっているし、
アマチュア時代の打撃練習の方法にもつながっている。








2008年、リスタートの小雪さんです。
アフィリエイトでのんびり生活@小雪の在宅ワー
ク2008



花粉症のイライラ。私も毎年困ってます。愛用品のマスクです。










最終更新日  2008.02.18 08:48:50
コメント(2) | コメントを書く
2008.02.17
カテゴリ:野球戦術
日本野球を語る上で欠かせないことがある。
バントである。

ここでいうバントとはセーフティを含まずに
犠打としての送りバントである。

日本とメジャーとを語るとき。
日本とメジャーの戦術面を比較する時。
野球とベースボールの差を語るとき。

必ず引き合いに出されるのは
攻撃面ではバント。
投手面では中4日の完全固定のローテーションと
球数制限の2つである。

では、攻撃時のバントは戦術的な面で考えた場合
有効なのか?そうではないのか?
積極的なのか?消極的なのか?

ワシの個人的見解でいえば、バントは消極的な戦法に見える。
ヒットエンドランとかランエンドヒットのほうが
野球は面白いし、外野手の強肩ぶりなど見せ場も増える。

よく投手は立ち上がりが一番不安だと言われる。
初回は手探りでゲームに入ると大体の投手が言う。

初回にノーアウトでランナー1塁の場面。
初回の先頭打者を塁に出して、
まだ落ち着かない心境の投手に対して
どのような戦術に出るのか、意見の分かれるところであろう。

アウト1個を与えて、走者を2塁に進める。
このアウト1個で投手がとりあえず一息落ち着くのか。
初回早々に得点圏に走者を置き、浮き足立つのか?

どちらが正しいかは決められないが
ひとついえることがあるのは、
バントを選択して、ノーアウトでランナー2塁においても
1点しか取れない確立が大きいということである。

あくまで記録統計上だが、イニングに限らずに
ノーアウト1塁でバントを選択して
ワンアウト2塁にした場合の得点確立は40%を
わずかに上回る程度だということだ。
この数字は日本もメジャーもほぼ同じである。

この記録統計上の数字を覆したのが昨年の北海道日本ハム。
なんとノーアウト1塁から、ワンアウト2塁に
バントで送った場合の得点率は60%を超えている。

得点力の不足分を投手陣の力で補った昨年の北海道日本ハム。
少ないチャンスに1点をなんとかして取り
あとはひたすら守りきるという戦い方だった。

このような例外はあるが、バントで走者を進めても
60%近くは得点できていないのだから
これは消極的な間違った戦術といえはいないだろうか?
野球を小さくしている気がしてならない。
少なくともプロが初回から取る戦術ではないと思う。

ただ、強力な投手陣を持ちながらも
打線の得点能力が著しく低いチーム編成の場合はこの限りではない。
昨年の北海道日本ハム、中日ドラゴンズなどだ。
この2チームはロースコアでの試合に持ち込めないと
勝負にならないために、初回からバントを多用していた。
どちらも儀打数はリーグ1位だ。

日本にしても、メジャーにしても
1軍で試合にでるのは、ほとんどがアマチュア時代に
エースや中軸を打っていた選手が多い。
めったにバントなど試合でした事のない選手が
プロでアマチュア投手の比ではない球威、制球の
投手と相対してそうそうバントは出来る者ではない。
事実、大多数の選手は見ているからにバントはヘタクソだ。

であるならば、戦術的にバントよりもエンドランの方を
多様するべきではないか。
試合終盤や延長戦でのバントはありだが。

投手陣に絶対の自信を持ち、ロースコアでの接戦を
望むチームでなければバントという戦術は
消極的で極めて効果が低いように思う。






2008年、リスタートの小雪さんです。
アフィリエイトでのんびり生活@小雪の在宅ワー
ク2008



花粉症のイライラ。私も毎年困ってます。愛用品のマスクです。










最終更新日  2008.02.18 08:01:24
コメント(1) | コメントを書く

全5件 (5件中 1-5件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.