1075236 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

「野球ソムリエ」 キャッチャーズ・アイ

PR

楽天カード

カレンダー

カテゴリ

ランキング市場

キーワードサーチ

▼キーワード検索

お気に入りブログ

全581件 (581件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 59 >

横浜ベイスターズ&湘南シーレックス

2010.01.16
XML
与えられたレギュラーを力で取ったと勘違いして背番号変更を願い出た選手。
確かにここ2年の成績は素晴らしいが、しかし2年。
それでも倍増をアテ込んでいた選手。
いまさらながらに守備と走塁を意識してスパイク軽量を模索した選手。
いろいろいたが、年も変わって1月も真ん中を過ぎて、本格始動間近。
文句が出ない成績を今年期待したい。

そんな中、尾花監督は20日のスタッフミーティングに向けての
データ分析、戦略立てに余念がないという。

『 自責点を150減らす 』
『 3失点以内の試合を30試合増やす 』

課題と方向性は明言しているから、あとはその具体策だ。
投手陣の編成、起用には不安は少ないから、
やはり守備と攻撃に課題が集まる。

『 出塁率を上げるために忠実にやってくれる選手を1番打者に使いたい 』
『 チームプレーが出来なければ外す 』

監督のこの意識、基本姿勢を徹底してやってほしい。
それを周囲のコーチ、フロントも全面的にバックアップしてほしい。
まずはチームを建て直し、勝てるチームに変えること。
これが第一義だ。
選手を使った営業戦術や売り出しなどは、その次の第二義だ。
特に、チームプレーが出来なければ外す、は厳格に貫いて欲しい。
これだけで選手の意識は相当変わる。
競争原理を働かせれば、個人のアピールも大事になるが、それだけでチームは勝てない。
チームプレーをアピールできる選手を正しく評価して起用しなければ誰もその役を担わない。
原理原則を第一にするという尾花監督だからこそ、出来ると思うしやり切って欲しい。
その化学反応が楽しみである。














携帯ブログランキング

スポーツ広場
banner01.gif

にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
ご覧になった方、ひと手間のワンクリックをお願いします。m(_ _)m




下記の方々のブログもオススメです。
夏の日の幻想
ベースでfootball !



















最終更新日  2010.01.16 10:06:26
コメント(15) | コメントを書く
2010.01.03
プロ野球混成チームの社会人野球全国大会参加承認へ
-読売新聞1月1日付-


画期的な試みでこれは大歓迎したい。
今までは各球団や各社会人チームが任意で練習試合をする形が年に数回。
ヤクルトや広島、中日が地方の社会人大会に出場することが特別認可されているだけだった。

今回の『 新シリウス 』は、育成選手に限ってチームを編成するために
所属球団の枠を広げた。
その中にベイスターズが加わっているのは喜ばしい。
支配下選手を抑えて、育成選手として入団をさせて
競争意識をあおるやり方にシフトするべきだ。
読売、東北楽天と育成選手から主軸選手や1軍選手が出ているし、
残念ながら移籍してしまった関口選手は明らかに闘争心が高かった。
ドラフト上位指名ボケや高額契約金ボケをしてしまっている選手は不要だ。
いきなりの整理はできないにしても、
あと2年くらいの間に整理してしまって
シーレックスを若手のみに特化するべきだ。

上記の育成選手混成チームをどの球団の指導者が指揮を執るにしても、
各参加球団の育成方法や技術指導のエッセンスに触れられる機会になる。
育成選手同士の競争も活発化するし、
何より実戦経験を多く積むことができる。

アマチュア側も刺激になるし、プロの指導を垣間見る事もできる。
ファンだってこういう対戦は観戦意欲を持つ。
結果として社会人大会の収益にも寄与するだろう。

過去に信頼を大きく損なう事があったにせよ、
その事からもう数十年も経っている。
その事を忘れてはいけないが、いつまでも拘っているのは間違いだ。
野球界の振興、正しい技術指導の普及、プロアマの関係改善など
メリットは限りなく多い。

繰り返すが、今回の試みは大賛成である。
今回はイースタンリーグのチームが参加することになる事になるが、
ウエスタンリーグのチームも前向きに考えてはどうだろう。










携帯ブログランキング

スポーツ広場
banner01.gif

にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
ご覧になった方、ひと手間のワンクリックをお願いします。m(_ _)m




下記の方々のブログもオススメです。
夏の日の幻想
ベースでfootball !



















最終更新日  2010.01.03 22:08:41
コメント(1) | コメントを書く
2009.12.31
晦日の朝を迎えました。

ベイスターズは支配下選手、育成選手、全員の契約を終えています。
明日以降はペナント開幕に向かって進むのみです。
ここ数年では一番期待の高まる年になります。
その一方でそう簡単に立て直せるものでもないと思ってます。
結果には当然注目ですが、そこまでの過程にも注目していきたいものです。

とにかくハマスタでいい試合を見せて欲しい、これが一番です。
ホーム以外でしか見られないファンの方には誤解して欲しくないのですが、
やはりホームでいい試合をしてこそ、ファンが集まると思うからです。
ホームにファンが集まらないほど悲しい、寂しい事はありません。
特にここ最近は3塁側から埋まる試合が多かったので、特にです。
何とか来年はそれを払拭して欲しいです。

今年、この場を訪れてくださった方、コメントを残してくださった方、
すべての方に深く御礼を申し上げて、
年末のご挨拶とさせていただきます。
本当にありがとうございました。

また来年も、どうぞよろしくお願いいたします。













携帯ブログランキング

スポーツ広場
banner01.gif

にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
ご覧になった方、ひと手間のワンクリックをお願いします。m(_ _)m




下記の方々のブログもオススメです。
夏の日の幻想
ベースでfootball !



















最終更新日  2009.12.31 08:07:40
コメント(14) | コメントを書く
2009.12.28

毎年、毎年思うことに年俸の摩訶不思議がある。

もちろんリーグが違えば、成績の判断も違う。
仮に同程度の数字であっても。
数年に渡ってレギュラーを張り、一定の成績を残してきた選手と
1、2年の選手とが同じであっていいはずもない。
チーム自体の成績に影響される面だってあって当然だ。

今オフの契約更改で一番思ったのは
ベイスターズの内川選手と東北楽天の田中投手の額。
プロの在籍年数はあるが、実質レギュラー2年目の内川選手が
出来高を加えれば総額2億円。(推定)
田中投手も高卒3年目ながら1億8000万円。(推定)
田中投手に至っては1億500万円のアップだ。
これは上げすぎではないか。

やった時には年俸が上がる。
プロなら当然だろう。
だが上がる時には青天井に近く制限幅がないのに、
下がる時には制限があるのには、どうしても納得しがたい。
限度額制限は、選手が了承すればその限りではないが、
実質それ以上の減額をされることは稀だ。
だから高額年俸選手が多くなる。
1軍での年間打席数が1で4億円などあまりに常識外れである。
似たような事例は12球団に多い。
これでは年俸総額が球団経営を圧迫するのは当たり前だ。

複数年契約はあっていいが、固定年俸制はおかしいだろう。
あくまで基本年俸制があっての出来高制や年俸変動性であるべきだ。
限度額制限の撤廃も選手側は受け入れを考えるべきだ。
『 夢を与える 』 確かに高額年俸は夢の数字だ。
だが、それに隠された固定年俸制での複数年契約や限度額制限は甘えではないか。

特に東北楽天の中村紀選手は今年怪我でロクにチームに貢献できていない。
しかし契約上の決まりで来期年俸は1億円もの昇給になる。
それなのに、会見すら行われなかった。
複数年契約であっても、それは野球規約上はサイドペーパーである。
野球規約上は1年ごとの契約になっており、
必ず球団、選手の署名と捺印がいる。
バツが悪いから会見しない、
これでは高額年俸選手、ベテラン選手の自覚を疑う。
とても夢を売る職業の選手のする事ではない。











携帯ブログランキング

スポーツ広場
banner01.gif

にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
ご覧になった方、ひと手間のワンクリックをお願いします。m(_ _)m




下記の方々のブログもオススメです。
夏の日の幻想
ベースでfootball !



















最終更新日  2009.12.28 09:30:54
コメント(6) | コメントを書く
2009.12.21
背番号については球団の考えと相容れない。
もっとイメージとか、歴史を大事にして欲しいと思う。
あえてイメージがつかないようにしているのかもしれないが、
日本の場合はMLBのように移籍が頻繁ではないから、
背番号というものに抱く印象は強い。

藤田選手は5番が欲しかったと聞く。
言えるような選手になったら言おうと思っていたと聞く。
高森選手は51番を継承したいと常々公言していた。
これに意気消沈せずに、奪い取る気持ちでいて欲しい。
7番をもらった石川選手には7番に恥じない働きをしてほしい。
年俸もそうだ。
3000万円と言えば、今年の佐伯選手の年俸額だ。
その事をよく噛み締めて欲しい。

しかし、27番、51番という背番号が外国人選手なのはやはり寂しい。
私は横浜に来てからのファンだが、
やはりそれでも10番、27番、というのは生え抜きの主軸に付けて欲しい。
幸い、2番、25番はそうなっているが。
24番、17番も本音では生え抜きであって欲しい。












携帯ブログランキング

スポーツ広場
banner01.gif

にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
ご覧になった方、ひと手間のワンクリックをお願いします。m(_ _)m




下記の方々のブログもオススメです。
夏の日の幻想
ベースでfootball !



















最終更新日  2009.12.21 14:59:29
コメント(24) | コメントを書く
2009.12.14
よく金銭トレードで獲得できたものだ。
千葉ロッテの早川選手がベイスターズに移籍して来る。
外野手がまた増えるが、現有戦力に少ないタイプだ。
足が使えて、小技も利く。
守備もいい。
うまくはまれば、格好の1、2番打者だ。
スイッチヒッターでもある事から使い勝手もいい。

また千葉ロッテから、という見方もあるだろう。
だが、チームが変わるときにはこういう入れ替えも必要だ。
千葉ロッテも体制が代わり、同じことを模索しているということ。
北海道日本ハムも常にチームの活性化を狙うからトレードをする。

ベイスターズは間違いなく今年よりも格段に選手間の競争は激しくなる。
後は現場、フロントともに正しく選手を見極めることが望まれる。
人気選手よりも、一番は勝つことでファンを呼ぶことなのだから。
地域密着を目指すのはいいが、地元出身選手を優遇するようでは本末転倒
オフのうちは話題作りや演出でフロント上層部が出張るのはいいが、
年明け以降、編成部以外は営業面に徹して、現場に介入してはいけない。
余計な手が入るとせっかくの大幅補強も生かせないからだ。

後は外国人か。
ここまで言われている通りの選手で決まるのか。
それともまだ候補が挙がるのか。
意外な事を少し期待している。














携帯ブログランキング

スポーツ広場
banner01.gif

にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
ご覧になった方、ひと手間のワンクリックをお願いします。m(_ _)m




下記の方々のブログもオススメです。
夏の日の幻想
ベースでfootball !



















最終更新日  2009.12.14 09:46:17
コメント(15) | コメントを書く
2009.12.09
意外と契約更改もモメずに進んでいる。
意外すぎるほどに優しい更改だからなのは間違いない。
そして、昨日の新人選手入団会見。
なかなかいい背番号をみんな貰ったな、というのが第一印象。
まさか16番を今年の新人に使うとは思ってなかった。
来期の早稲田対策に残しておくと思っていたからだ。


『 叩き上げ 』

このフレーズに私は弱い。
自分が好きなフレーズだからだ。

今週の12月19日号の週刊現代に尾花新監督の特集記事がある。
レポートはかの二宮清純氏。
5ページわたってのレポートの内容に期待はイヤでも高まる。

『 良くなるイメージ 』
『 勝つことは尊い 』
『 信念は絶対に曲げない 』
『 情けには溺れない 』
『 毎試合前のスコアシミュレーション 』

これ以外にも尾花新監督の目指すスタイルのキーワードが多く載っている。
叩き上げは結果を残すことでしか認められない。
そして尾花新監督は投手コーチとして確かな結果を残してきた。
叩き上げの気概がぬるま湯体質をどう一掃するのか。
来期の戦いが、そしてその結果が楽しみになってきた。












携帯ブログランキング

スポーツ広場
banner01.gif

にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
ご覧になった方、ひと手間のワンクリックをお願いします。m(_ _)m




下記の方々のブログもオススメです。
夏の日の幻想
ベースでfootball !



















最終更新日  2009.12.09 09:31:28
コメント(14) | コメントを書く
2009.12.05
どうやら決まりのようだ。
スレッジ選手と2年総額4億円で合意との事。

私の中ではセギノール選手やローズ選手も含めて
再検討して欲しかった。
今年のポストシーズンでの印象が強いスレッジ選手、
スイッチヒッターであるセギノール選手、
間違いなく40本近くは打つであろうローズ選手、
タイプ、守り、年俸と条件が違うが、
十分検討に値すると思っていたのだが。

スレッジ選手の条件も総額というのだから、出来高制が入っているのだろうが、
基本年俸はどのくらいなのか。
1億5千万くらいなのか。
守りはどこで使うのだろう。
外野手?1塁?
それ次第で、また内川選手はコンバートになる。
内川選手本人はどう思うのか。

王投手の入団は発表されたが、その他の外国人選手はどうなっているのだろう。
名前が挙がっていたブートチェック投手とカスティーヨ選手。
最近すっかり名前が出てこないが。
何かあったのか。
年内には決まるのだろうか。

契約更改も順調に進んではいる。
ここまでの上の主力級は、今年期待はずれの減俸なので自然とそうなる。
これからの現状維持や年俸増を狙う選手がどうなるか。
これからがいよいよ本番だ。












携帯ブログランキング

にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
ご覧になった方、ひと手間のワンクリックをお願いします。m(_ _)m




下記の方々のブログもオススメです。
夏の日の幻想
ベースでfootball !




















最終更新日  2009.12.05 09:24:50
コメント(10) | コメントを書く
2009.12.02
のっけからの特別扱いとは困ったものだ。
なぜひとりだけ、ハデな会見設定をするのか。
ドラ1とはいえ、高校出の選手であり、まだまだ助走期間が必要なのに。
昨日のは入団会見でなく、契約会見であって、
入団会見は全員一緒にする、なので特別扱いではない、
と言ってもそれは詭弁にしか聞こえない。

マリーンルージュなど使わずに、70階建ての高層ビルホテルなど使わずに
横浜スタジアムのグランドでやればいい。
ベイスターズのホームグランドであり、
必要以上にベイスターズで潤っている横浜スタジアムに協力させればいい。
加地社長も演出ばかりに気を取られずに、
横浜スタジアムや横浜市との金銭契約関係の改善に奔走してほしい。
手始めは横浜スタジアムのネーミングライツをさせる事だ。

横浜国際競技場のネーミングライツは年間6億だった。
その契約満了に伴う新規募集でスポンサーが出てこないために、
減額に減額を重ねて、年間1億5千万円で
いままで通り日産がスポンサードすることになった。
日産スタジアムは陸上競技の国内大会や国際大会、
サッカーJリーグの開催や、国際大会以外では、
その名称が記事になる事は少なく、それでスポンサーが出てこなかった経緯がある。
加えてFIFAが絡む試合には日産スタジアムの名称は使えない。
FIFAがダメだしをするから、その時は横浜国際競技場と報道される。
だが、こと野球やアメフトではそういうダメだしは聞いた事がない。
ハマスタならもっと高く売れるだろう。
売れる事は間違いない。

横浜国際競技場も横浜スタジアムも横浜市が親である。
なぜ横浜スタジアムはネーミングライツ出来ないのか。
ネーミングライツで得られる収入分をベイスターズに還元して欲しい。
例えそれが全額でなくとも。
今の横浜スタジアムとベイスターズの球場使用料や販売手数料契約はあまりに酷い。
一方的な感すらある。
これが球団の赤字体質の大きな元凶なのは周知の通りで、衆目の一致するところだ。
運営管理者である株式会社横浜スタジアムやオーナーズクラブとの絡みが原因で
横浜スタジアムはネーミングライツをかけられないのか。
それならいっそ、横浜港湾スタジアムとか、横浜○木スタジアムにしてしまえばいい。
球団名称に企業名は入れて欲しくないから、
横浜TBSスタジアムでも構わない。

今オフはベイスターズとなって初めてといっていいほどの補強費をかけている。
ただこれが毎年出来るわけもない。
ネーミングライツを機に球団収益を少しでも改善できないものだろうか。
横浜アサヒビールスタジアム、いいではないか。
飲み放題プランなど一番ビール会社で協力関係にあるのはアサヒビールだ。
横浜セブン・イレブンスタジアムでもいい。
今年の夏ごろから協力関係は太くなっている。
横浜TBSスタジアム、言うまでもなく筆頭オーナー企業だ。
大いに結構ではないか。

横浜スタジアムはネーミングライツをかけるべきだ。

















携帯ブログランキング

にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
ご覧になった方、ひと手間のワンクリックをお願いします。m(_ _)m




下記の方々のブログもオススメです。
夏の日の幻想
ベースでfootball !




















最終更新日  2009.12.02 09:10:50
コメント(16) | コメントを書く
2009.12.01
まず、昨日の記事を投稿した後で削除したことを反省しています。

直接、野球界やベイスターズに関係ない事を書き込んでしまったので
やはりこれはよろしくないな、と思い削除しました。
今後は今まで以上に、内容をよく考えて投稿しようと思います。


北海道日本ハムからFAした藤井投手、
契約交渉がまとまらなかったスレッジ選手、
このふたりに関して獲得再調査なり、慎重発言なりが記事で散見されますが、
私は両者ともに必要ないのでは、と思います。

藤井投手に関しては獲得するのもよし、と思っていたのですが、
過去の実績、今年の成績、左腕投手である事を思えば、
FA後にここまでオファーがないのは、
やはりそれだけの理由がどこかにあると思わざるを得ないからです。
特に北海道日本ハムは保留名簿に載せはしたものの、
再契約の意思はないと明言しています。
こういった例は私の中で記憶がありません。
プロ選手ですから技量があればとも思いますが、やはり野球は団体競技。
そこを考えると躊躇するのは当たり前と思うようになりました。

スレッジ選手については以前にも書いた通りで、
年俸が2億に近づくのなら、費用対効果が悪すぎると思いますし、
変化球重視、制球重視のセ・リーグで対応できるかと疑問視しているのもあります。
確かに球場は札幌ドームとハマスタとではサイズに差があるので、
長打に関してはもっと期待できるという意見も分かりますが、
DH制がなく、常に守る事を要求される事を見過ごしてはならないですし、
甘く考えるのもどうかと思います。
加えて、ベイスターズには左打ちの外野手、1塁手候補は多く、
今、足りないのは右打ちの野手であり、機動性の高い選手なので
3年先を見据えて、ベイスターズオリジナルの選手編成を、とする
岡本編成部長の言葉にも当てはまらないと思います。

3年先を見据えるのであれば、来期以降に積極登用を考えるのは
松本啓選手であり、内藤選手であり、高森選手だと私は思います。
特に内藤選手は今年ベイスターズである程度の数字は残しましたし、
その内容も来期以降に期待をかけるに値するものだと私は思います。
高森選手も入団以来、着実に力を付けてきていて、
来期以降はベイスターズで数多くの経験をさせる事がさらなる飛躍に繋がると思います。

期待は高く持っていますが、内藤選手が昨日の契約更改で保留した事は賛同できません。
選手からすればスタメン起用などの用兵はチーム事情であって、
必ずサブの選手が生まれて、またそういう選手も必要では、思うでしょうが、
今年の内藤選手の働きと、昨年の藤田選手、石川選手とを比較整理すると、
球団提示額(推定)は妥当であって、
要求と開きがあるとする内藤選手の方が高望みをしていると思います。

今年は例年にない積極補強で補強費が膨らんでいる反面、
2年続けての低迷で現有選手の年俸は抑えようとするでしょうから、
契約更改交渉は難航する選手が多くなりそうな気配満載ですね。














携帯ブログランキング

にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
ご覧になった方、ひと手間のワンクリックをお願いします。m(_ _)m




下記の方々のブログもオススメです。
夏の日の幻想
ベースでfootball !




















最終更新日  2009.12.01 08:30:51
コメント(11) | コメントを書く

全581件 (581件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 59 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.