2009.11.11

期待値が萎んでいく。。。

(10)
尾花氏の監督就任は週内、早ければ今日、明日にも発表されそうだ。
一番の注目は契約年数。
3年と言われているが、私は5年がいいと思う。
短期間での結果は責めない、3年目でこのくらい、5年目でこう、
そうでなければ今のベイスターズは生まれ変わらない。
TBSの球団保有義務のある期限いっぱいまで、
尾花氏にまかせるくらいの器量、覚悟があってしかるべき。
そうなれば選手も監督の方を向かざるを得ない。
5年間監督に干されてはたまらない、と思わせるためにも
今回は長期契約が必要なのだ。


『 あたえられた戦力の中でやります。選手、投手はこちらで育てます。 』

とは、その尾花氏のコメント。
長年の投手コーチとしての経験と自信がそう言わせるのだろう。


私も選手の獲得、編成をして、育成環境を作るのが球団フロントの仕事。
その選手を育てて戦い、結果を残すこと、
そのための用兵、作戦、決断が監督、コーチの仕事だと思う。

その意味では新しく編成部長になった岡本氏の最近のコメントには凹んだ。
彼への期待値が萎んでいった。

『 FA行使の選手の調査はしているが、ただ獲ればいいと言うものでもない。
若いこれからの選手もいるし、その選手たちの芽を摘んでもいけないから。 』


現状認識がまずもって甘い。
このようなコメントは一時期の読売や今のタイガース、
そして生え抜きの戦力中心で、
強い戦いが出来ている北海道日本ハムのようなチームの
フロント、編成担当が言うことだ。

何度でも言うが、2年続けての90敗以上、
ここ10年でAクラス1度、ほとんとが最下位のチームがベイスターズだ。
戦力も薄い、若手が伸びない、そんな現状で若い芽を摘むも何もない。
戦力を厚くする、競争原理の中に選手を置く、
それが今の編成担当の一番の仕事だろう。
先に挙げた球団だって移籍選手を獲得している。
ただその移籍選手を獲得することによって生え抜き選手や、
それまでの選手の競争意識をあおっているのだ。
読売などは外国人選手ですら競争原理を働かせている。
1軍の出場登録選手枠4人に対して、2軍、育成を含めれば何人の外国人選手がいるのか。

北海道日本ハムでの2軍編成や強化を通して見せた手腕を期待して
ベイスターズが招聘したであろう岡本氏。
私も大いに期待をしていたし、今でもしているが、
その期待が大きく裏切られないことを願うばかりだ。
今のベイスターズには若い芽を摘むことがあっても戦力を厚くすることが第一義だ。
若い芽を大事にすることはその次の段階だろう。
とにかく競争原理を働かせる、今はそれが最優先だ。












携帯ブログランキング

にほんブログ村
にほんブログ村 野球ブログ 横浜ベイスターズへ
ご覧になった方、ひと手間のワンクリックをお願いします。m(_ _)m




下記の方々のブログもオススメです。
夏の日の幻想
ベースでfootball !



















TWITTER

最終更新日  2009.11.11 08:47:00
コメント(10) | コメントを書く
[横浜ベイスターズ&湘南シーレックス] カテゴリの最新記事