2546615 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

うさうさ日記

PR

全81件 (81件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 9 >

読書感想文♪

2015.05.10
XML
カテゴリ:読書感想文♪
完結編。
第1次木津川の戦い・・・だけなんですね。
第2次まで含まれているのかと思ったら、毛利水軍の勝利!のところまでだったのでちょっとほっとしました。
贔屓の毛利家が負ける戦はあんまり読みたいとは思わないから。

それにしても闘いの描写が素晴しいです。
まるでアニメか映画を観ているかのようです。倒れても倒れても立ち上がってくる生命力の強さ。
意志が強くないと生きてはいけない時代、というのが伝わってきました。
源爺も・・・極楽浄土へ行けると良いですね、きっと行けてるよね。

親子とか姉弟とか、家族の物語は大好物です。








Last updated  2015.05.25 02:22:37
コメント(0) | コメントを書く


2015.05.09
カテゴリ:読書感想文♪
ずっと氣になっていたのですが、やっと読みました!
巻頭に物語の舞台となる土地の地図がついているのですが、足を運んだことがある場所が多くてわかりやすい。

当時の人間関係って広いな~。
というか、登場人物が皆明るくて楽しい。
海賊だからなのかな?

毛利家贔屓な身としては、両川の登場と隆景さんの知将ぶりが嬉しい限り。

水軍博物館を訪れた際には、博物館よりも潮流体験をオススメします。
あの潮流を手漕ぎで進んでいたなんて、当時の船頭さんの技術は素晴しいと思います。




ブログランキング にほんブログ村

人気blogランキング
↑よろしければクリックしてくださいね♪






Last updated  2015.05.25 02:16:18
コメント(0) | コメントを書く
2015.05.01
カテゴリ:読書感想文♪
随分前に読んだのですが、読んだ記録をつけるのをすっかり忘れていたので今頃です。
こちらも図書館で借りて読んだ本。
ちょうど、連続ドラマ化するよ~というタイミングで読みました。

物語の舞台が福山だったので福山の街を想像しながら・・・。
結構、大人の表現が多様されているので、ドラマになったときにどうなるんだろう?ことも想像しながら読みました。
人生時間を戻してのやり直しはできないけれど、今の時点からやり直しはできる、少しの希望とともに切ない家族の物語でした。








Last updated  2015.05.25 23:57:34
コメント(0) | コメントを書く
2014.05.09

カテゴリ:読書感想文♪
図書館に勤める友人のオススメで借りてきました、《第150回芥川賞受賞作品》穴 [ 小山田浩子 ]
著者の小山田浩子氏は、学生時代の友人だそうです・・・ビックリ!!
成程、作中に登場する場所がおそらくは広島、そして子供達のことばが広島弁(笑)

【HPより抜粋】
仕事を辞め、夫の田舎に移り住んだ夏。
見たことのない黒い獣の後を追ううちに、私は得体の知れない穴に落ちる。
夫の家族や隣人たちも、何かがおかしいー。
ごく平凡な日常の中に、ときおり顔を覗かせる異界。
『工場』で話題を集めた著者による待望の第二作品集。芥川賞受賞作のほか「いたちなく」「ゆきの宿」を収録。


芥川賞っていうだけあって、平凡な日常生活を描いている物語の中にちょっと不思議な世界が広がっておりました。
不思議というよりは普通の生活の中にあるちょっと違うことが異質で、その異質なところが怖い!
「いたちなく」と「ゆきの宿」は連作になっています。
表題の「いたちなく」は、「鳴く」と「無く」の両方の意味を表しており、後半部分は随分と怖かったです雫
人間って怖いなー。
3作品とも田舎が舞台ですが、その土地のしきたりとか決まりごととか、面倒くさいけれど断りきれない何か・・・怖いなー。
そして・・・女性は怖い(笑)

清正さんから、読んだら感想を聞かせてくれと言われましたが、うまく感想言えないし、戦記物でもないし、清正さんの好きな作風ではなさそうなのでオススメできないかな雫
今の清正さんだったら、女性不信になられても困るしねぇ(笑)




ブログランキング にほんブログ村

人気blogランキング
↑よろしければクリックしてくださいね♪






Last updated  2014.05.11 19:58:09
コメント(0) | コメントを書く
2014.02.13
カテゴリ:読書感想文♪
ちはる殿のオススメがあったので図書館で借りてきました。
この方の本、初めて読みましたが脚本家なのですね。
オムニバスが数話収録されているのですが、それぞれにTVドラマっぽい伏線があるところが、楽しかったです音符

主役はギフとテツコ。
主要な登場人物の名前がカタカナなのですね。
どんな漢字を書くのだろう?って興味も持てる。
1話目に登場するムムム。
仕事に疲れて退職するあたり、自分も仕事で疲弊しているので同調しそうですよ雫
でも、少しでも前向きに、明るくなれそうで本当に良かった。
ギフとその妻のなれそめ話もほのぼのしていて素敵ですきらきら
もう今ね、仕事で心が荒んでいるのでこういったほのぼの家族愛な話を読むと自然と涙が出てくるのです(笑)
いや久しぶりに泣いてちょっとスッキリできました。




ブログランキング にほんブログ村

人気blogランキング
↑よろしければクリックしてくださいね♪






Last updated  2014.02.28 22:54:07
コメント(0) | コメントを書く
2014.02.12
カテゴリ:読書感想文♪
今年の大河ドラマは原作本が発売されていないので、少しでも予習をと思い図書館で借りてきた本。

物語・・・ではない本でした。
こちらにも豊家と子飼いたちがわらわらと登場。
清正さんも結構登場してました!官兵衛さんに利用されてそうな表現でしたけどね。

しかし。
読めば読むほど、今年の大河が期待できなくなるのは何故(笑)


【送料無料】黒田官兵衛その生涯 [ 不破俊輔 ]

【送料無料】黒田官兵衛その生涯 [ 不破俊輔 ]
価格:1,575円(税込、送料込)



ブログランキング にほんブログ村

人気blogランキング
↑よろしければクリックしてくださいね♪






Last updated  2014.02.28 22:42:42
コメント(0) | コメントを書く
2014.02.01
カテゴリ:読書感想文♪
図書館で借りてた本の返却期限が近づいてきたので急いで読みました雫
加藤清正虎の夢見し

夜叉若時代から没するまでを駆け足に紹介したような内容でした。
お虎と市松さんの人間性を比較するような描写が多かったかな~。
こうして比べてみると市松さんと虎之助さんって正反対なんじゃね、って思う。
本当に仲良し!?って疑うわ(笑)

あと、秀吉さんに従軍している時の話が大半なので、今大河ドラマで放映している官兵衛さんの土地あたりでの戦の場面が多い。
毛利攻めの凄惨な水攻めや兵糧攻めが詳しく描かれていて読むのが辛かったり雫

平行して直江兼続氏の本を読んでおりますが、石田三成氏に対する人物描写にえらい違いがあるわ~。そんなところも比較すると面白いです。


【送料無料】加藤清正虎の夢見し [ 津本陽 ]

【送料無料】加藤清正虎の夢見し [ 津本陽 ]
価格:1,680円(税込、送料込)



ブログランキング にほんブログ村

人気blogランキング
↑よろしければクリックしてくださいね♪






Last updated  2014.02.03 00:00:53
コメント(0) | コメントを書く
2014.01.13
カテゴリ:読書感想文♪
『サンフレッチェ情熱史』

課長から連休中に読んでみて、と言われて渡されました(笑)
サッカーのルールや選手の知識はほとんどない私ですが・・・頑張って読みましたよ!課長!

課長がミーティングの時や飲み会の時にいつも口にしている「俺達は泥臭くやっていくんじゃ」「俺達はチームなんじゃ!!という言葉が何度も登場したので、この口癖はサンフレッチェから影響を受けたんじゃね~というのがよくわかりました。
仕事のやり方が泥臭いのとか、チームで取り組みとか、正しいと思いますよ。
言うからには有言実行でしっかり舵取りしていただきたいと思います。

あ、そうそう。
ドラゴン久保氏、私はバラエティ番組「アグレッシブですけど何か?」でしか知りませんが、現役時代からも楽しい方だったんですね(笑)



     



ブログランキング にほんブログ村

人気blogランキング
↑よろしければクリックしてくださいね♪







Last updated  2014.01.13 15:57:06
コメント(0) | コメントを書く
2014.01.09
カテゴリ:読書感想文♪
『Pen』12月号の特集記事は、おいしい日本酒。
12月号だけど遡って図書館から借りてきました・・・少しは学んでから日本酒飲みたいな~と思って。

新しい視点と美意識で男たちのデザイン生活を刺激するクオリティマガジン・・・だそうです。
日本酒のページ以外は男性用時計の紹介ばかりだったりするんだけど(笑)

特集の日本酒は、マニア好みの希少品を除外、酒屋や百貨店、スーパーなどで入手しやすいものから選んだ星付き50銘柄が掲載されております。
50銘柄の中に広島のお酒が1種類のみ紹介されておりました。

賀茂鶴星星
選ばれたのは特別本醸造酒。
女酒の代表格として2つ星なのですね~。

写真部のメンバーが好きだと言っていたお酒もありました。
獺祭星
山口のお酒です。日本酒苦手な人でもこれなら飲めた!と言っておりましたよ。
う~ん、氣になる。

東海圏のお酒で3つ星がありました。
天遊琳星星星
三重県のお酒。
いつか日本酒指南で紹介されないかしらん?

とりあえず雑誌の特集記事により、日本酒には醸造アルコールの有無で種類が分かれているということを学びました。
他にもより深く日本酒を味わうための必須知識が記載されてありましたが。
日本酒用語が多すぎてなかなか頭に入らない・・・。




ブログランキング にほんブログ村

人気blogランキング
↑よろしければクリックしてくださいね♪







Last updated  2014.01.13 16:46:58
コメント(0) | コメントを書く
2013.07.27
カテゴリ:読書感想文♪
思わず図書館で手にとってしまった・・・『伝説の人事部長が教える「できない人」の育て方辞めさせ方』

人事部や人事課等、職場の人事関係部署に勤めている方向けの内容でした。
でも、できない部下、できない上司、の傾向と対策等も書かれてあって、うなづきながら読んでみたり(笑)
人材育成って難しいよねぇ・・・自分の事も含めて。
見せかけだけの薄っぺらい職員にはならないよう、日々の業務も見直したい。そんな風にも思いました。

  



ブログランキング にほんブログ村

人気blogランキング
↑よろしければクリックしてくださいね♪






Last updated  2013.07.28 18:13:07
コメント(0) | コメントを書く

全81件 (81件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 9 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.