2549262 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

うさうさ日記

PR

全41件 (41件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

大河ドラマ「篤姫」

2008.12.14
XML
NHK大河ドラマ「篤姫」第50話~一本の道

遡りレビューです。
一度書いたものが消えてしまったので・・・最後の最後でショックが大きい雫

早いもので篤姫もとうとう終わってしまいました。
最初は「なんてヒロイン至上主義なドラマなんだムカッと、あまり良く思っていなかったのですが、いつの間にかドラマの世界に引き込まれてしまいました雫
最初の頃、薩摩時代は無理やりな感じがしてあんまり好きではなかったのですが、今思えばあの頃があったからこそ、なんですね。
演じきったあおいちゃん、すごいな~~きらきら

今回はお別れシーン多し。
尚ちゃんはとうとう寝たきりに・・・それにしてもお琴さんといい、お近さんといい、尚ちゃんはステキな女性に囲まれて幸せですね四つ葉
好きな男性を独り占めにしたいと思うのが当たり前なのに、お琴さんは病に倒れた尚ちゃんを想ってお近さんを呼び寄せるし、お近さんは二人で一緒に看病したいと言う。二人共ステキ女子です赤ハート

西郷どんのラスト「これでよか」にじ~んときちゃいました雫西郷どん、最後はとってもいい人で良かった四つ葉
大久保どんの紀尾井坂の変も描かれていましたね~。大久保どんの最期のことばが「吉之助さん」だったのにちょっとウケちゃったダブルハート
最後までラブラブだった二人・・・いつの間に仲悪くなったのかわかりづらかったけれど。
最終回でまた二人のハグが観られて良かったかなきらきら

ヒロインのラストも自然な感じでよかったですね。
ホームドラマなだけあって、最後は家族写真を撮影するというのもステキでしたダブルハート
最期は幸せそうで本当によかった・・・。

今回これだけ話題になって、来年は大変だろうなぁ~雫

            

ブログランキング にほんブログ村

人気blogランキング






Last updated  2008.12.31 17:53:57
コメント(0) | コメントを書く


2008.12.07
NHK大河ドラマ「篤姫」第49話~明治前夜の再会

遡りレビューです。
土日で宮島に泊まってきました音符(近っ・笑)

大奥で過ごす最後の日。
一人、広~い大奥の中を歩く篤姫・・・色んな思い出がよみがえってさみしいだろうなぁ。と、感傷に浸るのを邪魔するのはやっぱり本寿院さま(笑)この花を生けてからでないと立ち退かないという本寿院さまを見て、大奥を花で飾るアイディアを思いつく篤姫ひらめきたまには役に立つのね、本寿院さまきらきら

大奥を出るまでの流れはとても良かったと思うのですが、それからは勝さんしか情報源がないので篤姫だけ置いていかれている感じ・・・実際に表舞台じゃなくなったから当たり前かもしれないのですが。
急にさみしくなっちゃいましたね。
そんなところに訪ねてきた尚五郎・・・うぎゃ~、ついに愛の告白をしちゃうのね!?
「スタジオパーク」であおいちゃんが一番印象に残っているシーン、と言っていたのがこの尚五郎との最後のシーン。
尚五郎「もしも、養女のお話がなかったら、私の嫁になってくださいましたか!?
篤姫「亡き夫、家定に相談します」
尚五郎「それは、ずるいな。」
←確かに(笑)
お守りを抱きしめて涙を流していましたが、カットがかかっても涙がとまらなかったそうです。う~ん、そう言われて見返してみると、二人とも「これが最後になるかも」という思いがあるから、これでお別れなんて!!って思いますね。
二人してお揃いのお守りを見せ合うのもこれが最後・・・さみしい雫

            

ブログランキング にほんブログ村

人気blogランキング






Last updated  2008.12.28 02:39:04
コメント(0) | コメントを書く
2008.11.30
NHK大河ドラマ「篤姫」第48話~無血開城

家定さんが久しぶりに登場の回・・・黄色に光ってましたけど(笑)
これはファンへのサービスに違いないきらきら

西郷どんの心を動かすために篤姫が考えた策、それは斉彬の手紙ポスト
こんな伏線がちゃんとはってあったのですね~。
手紙を読んでやっぱり泣いてしまう西郷どんがラブリーピンクハート
勝さんにもちゃんと礼をもって接したりと、西郷どんの株はここにきて急上昇ですよ上向き矢印
そのかわり、大久保どんはどんどん黒くなってきて怖いんですけど雫

徳川家存続のため、江戸城を明け渡すことになりました。
篤姫から江戸城を出る話を聞かされた大奥の皆がざわめいたときに一喝して鎮めた滝山がステキでしたねきらきら
そして一度は倒れるものの「倒れてなどおられんっムカッって立ち上がった本寿院さま流石ですさくら誰も真似できません(笑)
大奥の皆の面倒をみると宣言した篤姫、下っぱの者まで含めると相当な人数ですが、本当に大丈夫なのでしょうか。これって今で言うリストラですよね?新しい行き先を探すのって大変だと思いますが・・・。

京に戻った幾島から天璋院のことを聞いて心配する尚ちゃん。
・・・まだ篤姫のこと好きなの?しかもそんなおおっぴらに雫
「私が会いにいけばいいのか」って・・・お近さんも居てお琴さんもいるのに贅沢ですよ(笑)
会いに行ってもこれが最後からもしれないって、さみしいことを言っておりましたが、本当に最後なら「好きでした」って言いそうだよね・・・お近さんやお琴さんのためにも、それだけは言わないでほしいなぁ。

            

ブログランキング にほんブログ村

人気blogランキング






Last updated  2008.11.30 23:02:45
コメント(5) | コメントを書く
2008.11.23
NHK大河ドラマ「篤姫」第47話~大奥の使者

幾島再登場いなずま
なんでこの人が登場するときにはカミナリが鳴るの!?晴れてたじゃん(笑)
カミナリは余計だけれど、幾島と再会して瞳に涙をためて喜んでいた篤姫、実家が敵にまわり徳川家がどうなるかわからない心細い時期に味方が現れてとっても嬉しそうでしたさくら二人のやりとりに、見ているこっちも懐かしかった四つ葉

そして幾島が篤姫の手紙を持って西郷どんの元へダッシュ
尚ちゃんは西郷どんに会えなかったのに幾島は会えちゃうのね(笑)尚ちゃん家老なのに、西郷どんの上司なのに、簡単に追い払われていいのか雫
西郷どん、幾島から篤姫の手紙を渡されてその場で読む、読む、回想シーンに涙ぐむ(笑)カワイイデス、西郷どんダブルハート
泣きながらも誰かが徳川家を倒さなければ新しい世の中は訪れない、自分を犠牲にする覚悟で新しい世の中をつくる、と幾島に話していました。
西郷どん、黒い人じゃなくて良かったくま
これまでの発言や態度からは考えられないくらいに今回はいい人でしたね(笑)
そして、篤姫のお願いを蹴ったものの、手紙は大事そうに胸に抱きしめて退場・・・手紙を抱きしめる乙女な西郷どんがカワイイピンクハート
更には、一人になって縁側で再度手紙を読み返し、一人で泣き続ける西郷どん、かわいすぎる(≧∇≦)

おまけですが。
今回登場した榎本武揚と松平容保・・・イメージが(笑)
私の中で未だに榎本は片岡ラブリン、容保は筒井道隆なんですよねぇ~~。

            

ブログランキング にほんブログ村

人気blogランキング






Last updated  2008.11.24 17:27:29
コメント(2) | コメントを書く
2008.11.16
NHK大河ドラマ「篤姫」第46話~慶喜救出

とうとう鳥羽伏見の戦いです炎
薩摩の兵が錦の御旗を掲げて徳川勢は総崩れ・・・はわかっているのですが、まったく戦シーンがないのは何故!?
数年前の大河であれだけ組!が激しく戦ったのに(源さ~んっ)、篤姫ではほぼナレーターで終了ですか雫そんなことだろうと思っておりましたが(笑)

江戸に逃げ帰った慶喜は勝に「力を貸してくれ!!」と。
でも勝は「頼るべきは私ではありません」・・・あれ?もしかして。
「天璋院さまにお会いなされませ」・・・やっぱり(笑)
主役特権とはいえ・・・勝さんもモテモテですが、篤姫もモテモテですな。
慶喜が江戸に逃げ帰った話を聞いて、「凱旋」だと勘違いした本寿院さま。たった数日で戦が終わるはずないじゃん(笑)大喜びだったのに事実を知らされた後、崩れ去る姿もまたこの人ならでは雫本寿院さま、どこまでも楽しい人です(笑)

篤姫の花嫁道具を手配した西郷どんと和宮の元許婚の有栖川さんが江戸攻めを炎
今回の西郷どん、前回のようにただ黒いだけじゃなかったのでちょっと安心しました星

逃げ帰ってきた慶喜に対して、篤姫は死ぬなと言う。
「あなたは生きてください、お二人の分まで」
篤姫、ステキですきらきら
ステキなのはそれを和宮の目の前でやるところがさすがです。
けっして、好きではない相手に頭まで下げて・・・これで黒い慶喜もちょっと白くなるかしら???
そして慶喜はおとなしく謹慎。この人、謹慎ばかりですね雫

            

ブログランキング にほんブログ村

人気blogランキング






Last updated  2008.11.17 23:40:22
コメント(0) | コメントを書く
2008.11.09
NHK大河ドラマ「篤姫」第45話~母からの文

西武ライオンズ、日本シリーズ優勝おめでとうございます野球ボール
第7戦までもつれこむとは思いませんでしたが、TVで観ていて楽しかったデス。
・・・本当は相手がカープだともっと良かったんですけどね~~仕方ないです。来年こそはカープもこの時期まで試合やってるといいね星
ところで監督の胴上げのときに一緒に写っていた紫の物体は一体・・・???と思って調べたら埼玉県のマスコット「コバトン」でした(笑)このデザイン、かなりゆるいよねダブルハート

さて、今回の篤姫。
45分間でお話がまったく進んでおりません(笑)
徳川VS薩摩&長州の戦になるかも炎ということで、小松家も島津家も篤姫に薩摩へ戻ってほしくて色々と画策するも、先週ラストで「大奥は私が守る」宣言をした篤姫には薩摩へ戻る気はまったくなく・・・。
それでも母からの手紙を読んだ篤姫の目には涙・・・それを見て重野は滝山に懇願。
滝山と重野と唐橋のトリオが「誰に相談する?」とまるで給湯室のOLのようなほのぼのシーンにはちょっと笑ってしまいましたよ日本茶唐橋だけお菓子食べてるし(笑)

重野の熱意により、再度篤姫に薩摩へ帰るよう説得することにした3人。
今度は「大奥は私達が守る」宣言をする部下たちにむかって、篤姫は「大奥の皆が私の家族」だなんて、滝山たちにとってうれしいことを言ってくれました。こんな上司が居たら部下として本当にうれしいよねさくら
このシーン、滝山たちと一緒にちょっぴりうるうるしちゃいました雫ああ、キャリアウーマンの滝山と気持ちがダブるなんて私も職場のお年寄(笑)

そういえば尚ちゃんがいつの間にか病に・・・そして薩摩においてけぼりに雫
足っていうことは怪我じゃないの?病なの???病名は何にも出てこなかったけれど。
尚ちゃんが京都に居ないのが幸い、と西郷どんと大久保どんは岩倉さんと一緒にどんどん悪の道に(笑)ここだけみると尚ちゃんが良い人でこの二人が悪い人みたいじゃんねぇ・・・長州はまったく登場しないし(笑)

次週、ついに鳥羽伏見の戦い?
新選組はかけらも登場しないのかしらん・・・さみしいなぁ。

            
【予約】 堀北真希 in 『イノセント・ラヴ』

ブログランキング にほんブログ村

人気blogランキング






Last updated  2008.11.10 02:11:03
コメント(4) | コメントを書く
2008.11.02
NHK大河ドラマ「篤姫」第44話~龍馬死すとも


ああ、今回は龍馬だけではなく庭田さんまで・・・庭田さんあっさりでしたが。
和宮は江戸に来てたった5年で親しい人がたくさん亡くなったんですね、こりゃぁ和宮にとっては「江戸なんて大嫌い」って思っても仕方ありませんね雫

さて、将軍の居ない大奥が舞台となるこのドラマ、どうやって進むのだろうと思っていたら、肝心な情報源は勝さんから。あとはうわさ話・・・と、外の世界と切り離されているため今回は外の世界メインで篤姫の出番はラストだけでしたね。・・・オイシイとこ取りです(笑)
「大奥は私が守る」と宣言したシーンは格好良かったさくら
和宮も賛同し、さらに本寿院さまも思わず立ち上がって賛同するなんて、これまでの3人の関係からして奇跡に近いよね(笑)本寿院さまナイスだわ~~やっぱり目が放せません雫

今回のメインは大政奉還。
二条城でのシーン、省かれると思っておりましたが、ちゃんとありましたね~。
しかも尚ちゃん大活躍!!これ、ほぼ尚五郎のお手柄じゃないですかきらきら日ごろ見ないシッカリ具合だったので、史実かどうか疑ってしまったじゃないの(笑)
正義の道を突き進む尚ちゃんとは別に、岩倉さんに同調して悪の道(笑)に進みそうな西郷どんと大久保どん。純粋だった薩摩貧乏時代とは顔つきも違います・・・なんだかちょっとさみしい雫

もう一つのメインは龍馬暗殺。
これでラスト出演なので龍馬の出番がてんこ盛りです雫
しかし寺田屋事件はかなりあっさりと終わってしまいました・・・主役は篤姫ですから仕方ありません。その代わり、寺田屋事件の知らせを聞いた尚ちゃんの悲痛な叫び声シーンはかなり長かったような気がします(笑)のだめ時代から大好きだったもんねぇ~音符

            
【予約】 堀北真希 in 『イノセント・ラヴ』

ブログランキング にほんブログ村

人気blogランキング






Last updated  2008.11.04 01:37:06
コメント(0) | コメントを書く
2008.10.26
NHK大河ドラマ「篤姫」第43話~嫁の決心

尚五郎、今週から総髪デビューです・・・似合う???う~ん、微妙。
見慣れていないからだと思います雫
そんな尚ちゃん、また京都へ出張です新幹線
出発前にお近さんに「お琴とは別れるダッシュ」と宣言していた尚ちゃんですが、京都で待っていたのはお琴さんと赤ちゃん・・・えっ!?尚五郎ジュニアだったんですかっ!!
自分の知らない間に息子が誕生していたなんて・・・と、呆然とする尚五郎雫
しかし気持ちの切り替えは早かった。早速お琴さんに手紙ですポスト
数分前に約束した別れ話は白紙になっちゃいました。
跡継ぎができて無条件に喜ぶ男性陣と、複雑な気持ちの女性陣・・・特にお龍さんはお琴さんもお近さんも両方知っているからつらいよね雫

なんかね~~、お琴さんは悪い人じゃないんだけど、妊娠したことを尚五郎に内緒にしていたり、再会して「授かったんどす赤ハート」って得意気に尚五郎に話したり。仕事の打ち合わせ中に「泣き止まないんどす~」って赤ん坊を連れてきたり(部下に自慢か!!)。
勝ち組な態度はいただけませんダッシュ好きな人の子供を産んだもの勝ちよ~みたいな。実際、そうなのかもしれないけれど。
大奥でこういう風景が見られると思ったのになぁ、篤姫の時代は大奥では産声があがらなかったから庶民レベルでやったのかしら雫

そうこうしているうちに、家茂さまが江戸城に無言の帰宅(ノ_-。)
家定さまと同じく白い四角い箱の中に雫そういえば前回と同じくまだ暑い時期ですね雫大丈夫だったのかなぁ、臭いとか雫
和宮ちゃんに西陣織のお土産プレゼントが届きました・・・号泣する和宮。
あまりのショックに落飾もしないで京都に帰るといううわさが!!
篤姫が何度か説得するも、放心状態で何も考えられない和宮・・・天皇が崩御して、和宮の役目がなくなった途端、「じゃ、京都に帰っていいよ~」という雰囲気になった途端、和宮ちゃんは「江戸に残る」と言い出しました・・・う~ん、庭田さんが聞いたら怒りそう(笑)

これまで人の言いなりで過ごしてきた和宮ちゃんが自分の意思で「好きな人の遺志を継ぎ徳川家を守りたい」と言うようになりましたねきらきら
家茂の死で考え方が成長したのでしょうか四つ葉
それにしても、まだまだ若いのに落飾だなんて、もったいないなぁ~・・・なんて。

           
【予約】 堀北真希 in 『イノセント・ラヴ』

ブログランキング にほんブログ村

人気blogランキング






Last updated  2008.10.27 01:02:36
コメント(4) | コメントを書く
2008.10.19
NHK大河ドラマ「篤姫」第42話~息子の死

家定さんのときは亡くなっても内緒のままだったのに、家茂クンのときはすぐに知らせがきちゃうのねポスト
まぁ、外出先だから隠せなかったのだろうけれど・・・。
まだ若いのに、しかも全然知らない土地でお亡くなりに・・・。自分は将軍として、男として何か成したのかと勝さんに問う家茂クン、そして勝さんに「ウソつき」って・・・ああ、カワイイ~~きらきらカワイイけれど涙はナシ・・・家定さんの時は泣いたのになぁ~なんでだろう。
そして徳川家の将軍は、こんなにカワイイ家茂クンから、次はどうみてもかわい気のなさそうな慶喜になっちゃうのね雫
家茂クンから「ははうえ赤ハート」って呼ばれると萌ボタン連打したいけれど、慶喜から言われてもあんまり嬉しくないかも。

そして薩摩では、言わなくていいのに尚五郎が京都でお琴さんと一緒に住んでいることをお近さんに告白そして土下座雫
思いっきり、ホームドラマです(笑)
いつも心の広いお近さんでも今回はご立腹でしたね~~まぁ、そりゃそうなんだけど。浮気は許せなくても尚五郎の事を大事に思っているからなのか、お近さんが大人の女性だからなのか、尚五郎に対してあんまりキツくなかったですね。昼ドラみたいに泣き叫んだりとかなかったし(笑)
でも、やっぱり浮気は許せない、そんなお近さんの様子をみて、お龍さんが「好かれるより好きになったほうが幸せ赤ハート」「あの人に出会えたことが奇跡きらきら」「生きてさえいてくれたら四つ葉と、アドバイス。それを聞いてお近さんは尚五郎を許すのでした・・・尚五郎は何故許されたのかさっぱりわかってなかったけれど(笑)
う~ん、私は想われるほうが幸せだと思うけどなぁ~~もちろん、両方同じくらい想うのが一番良いのだと思いますが。

お龍さんの「生きてさえいてくれたら四つ葉というセリフが、今後の二人を思うと悲しいのと、もう永遠に会えなくなってしまった家茂クンと和宮ちゃんにかかっていて重みがありましたね。

次週、おそらくお土産の西陣織が和宮ちゃんの元に届くのね・・・悲しい・・・。
そういえば、このドラマをまったく観ていない弟が、今回の次回予告だけチラ見して一言「え!?まだ最後の将軍決まってないの?ほんまに年末までに明治維新できるんか!?」。
・・・う~ん、動くときはものすごいスピードで月日が経つんだけどね雫

          
【予約】 堀北真希 in 『イノセント・ラヴ』

ブログランキング にほんブログ村

人気blogランキング






Last updated  2008.10.19 23:21:50
コメント(3) | コメントを書く
2008.10.12
NHK大河ドラマ「篤姫」第41話~薩長同盟

いつの間にか薩長同盟・・・かなりあっさりと雫

それよりも前回距離が縮まったかと思った篤姫と和宮の距離が、家茂の出征でまた広がることに。
篤姫が笑顔で家茂を見送ったことに腹を立てる和宮。笑顔で見送るのは家茂との約束だったんだよ~~って、誰か言ってあげればいいのに・・・というか、家茂も和宮と同じ約束をすればよかったのでは(笑)
和宮に約束をしたのは西陣織のお土産プレゼント・・・これが来週以降、涙をさそう一品になっちゃうのね。

今回、かなりあっさりと薩長同盟が結ばれました。
しかも大部分は尚五郎のお手柄四つ葉
そんな尚五郎の京屋敷にお琴さんが無理やり同居ダッシュ「仕事やめてきたのでここにおいてくださいっ!!」って・・・ほとんど押しかけ女房です雫押しの強い女性に弱い尚五郎・・・お近さんにはどう言い訳するんだろう(笑)
二人を傷つけないように二股かけるなんて、甲斐性のなさそうな尚五郎にできるのだろうか・・・心配雫

あ、そうそう。
今回は龍馬の妻・お龍さん登場さくら
薩長同盟だけではなく、あの有名な風呂から階段をかけあげるシーンもありましたね・・・って、風呂に入っていたとは思えないくらいにしっかりと着物着てるし(笑)

         

ブログランキング にほんブログ村

人気blogランキング






Last updated  2008.10.14 00:10:35
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全41件 (41件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.