235202 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Potato☆Momの英語ノート

PR

X

Favorite Blog

ラオスで働くベトナ… New! GKenさん

Morning Stretch (6) funfun1999さん

I'll Sleep When I'm… り〜やん☆(^-^)ノさん
マムズTEA BREA Kasumi。さん
PEACE OF … うーちー777さん
バイリンガル育児を… Pinky!さん
人について学ぶ旅 お手伝いジャージャーさん
CAT的英語生活 CAT_CHATさん
大人と子供の英語の… Liu2632さん
あそびのカレンダー ときしの。さん

Category

Recent Posts

Archives

2021.08
2021.07
2021.06
2021.05
2021.04

Comments

Jennifer66@ Re:新年明けましておめでとうございます。(01/12) あけましておめでとうございます。 主…
なぼむし@ 今年もよろしくお願いします! ぽてとさん、こんばんは。 昨年は、ぽ…
yukoxoxo2000@ Re:新年明けましておめでとうございます。(01/12) あけましておめでとうございます。昨年は…
tsukotsuko@ こんにちは~ potato momさん、遊びに来ました~♪週一回…

Freepage List

2004.05.08
XML
カテゴリ:英語表現
 5月4日の日記「私流翻訳 日本語から英語は発想の転換で」について、貴重なコメントを皆さんからいただきまして、大変ありがとうございました。
 今日は、Lavender Jadeさんから紹介していただきました、catch-22 situationという表現の由来などをまとめてみます。
*********************************
 
 実は、catch-22 situationという表現自体を知らなかったので、少しばかり調べてみました。
意味は「どうにもならない状況」で、「あることをしようと思うのだけれど、矛盾する理不尽な規則などにとらわれて実現できない状態」をいうのだそうです。
 
 由来は、Joseph Heller著作のCatch 22(1961年)という小説からきています。映画化もされている、ベストセラーだそうです。
 主人公は、自分から精神疾患を患っているから、除隊してほしいと申し出るのですが、上官からcatch-22を持ち出され、除隊を認められないと言われます。
catch-22とは、アメリカの空軍の軍務規則のことで、「精神疾患者は兵役を免除するが、自分で精神疾患者と申し出る者は本当の精神疾患者ではなく、正常なので、除隊しない」というもので、「どうしようもないジレンマの状態」や「不条理な規則に縛られ、どうにもならない状態」「解決できない、板ばさみ状態」の象徴として使われているのだそうです。

 アメリカの口語表現で、よく使われるものらしいのですが、私は知りませんでした。^^;これを機会に調べてみて、大変勉強になりました。
Lavender Jadeさん、紹介してくださって、本当にありがとうございます♪
(何しろ、英辞郎にも、リーダースにも載っていなかった表現でした。^^)

 今の私の状況は、catch-22までいかない(と信じたい)ですが、かなり近いものがありますね~。






Last updated  2004.05.09 08:07:52
コメント(3) | コメントを書く
[英語表現] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.