415789 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

愛猫はポチの気ままにサッカー紀行

PR

Profile


愛猫はポチ

Calendar

Favorite Blog

グラサポあきの徒然… ng812さん
だいだい色は勝利の… ましゃ!さん
19番の独り言 Kent19さん
Pride of Urawa??? 凰呀 AN-21さん
おつかれママのほっ… みーしゃママさん

Headline News

Recent Posts

Category

Archives

2022年05月
2022年04月
2022年03月

Comments

http://buycialisky.com/@ Re:ナビスコで勝てない名古屋グランパちゅ~。(04/05) buy daily cialis onlinecialis wat kost …
http://buycialisky.com/@ Re:豊田スタジアムからいま帰宅!!!(04/07) taking nitrix with cialisskillnad viagr…
http://buycialisky.com/@ Re:高木和道、ヘディングが下手す・・・。(04/09) cialis falschungen erkennencheap cialis…
http://buycialisky.com/@ Re:試合を終えて・・・(06/13) impotence drug cialis pillscialis holla…
http://buycialisky.com/@ Re:ちょっと日本代表の総括を(06/25) brand cialis vs generic cialisbuy ciali…
2007年11月18日
XML
テーマ:J LEAGUE !!!(500)
カテゴリ:J LEAGUE 2007
11月18日(日) 2007 J1リーグ戦 第32節
広島 1 - 1 神戸
(14:05/広島ビ/13,555人)

得点者
47' 佐藤寿人(広島)
65' レアンドロ(神戸)

●ペトロヴィッチ監督(広島)
「非常に難しい試合だった。置かれている状況も厳しく、プレッシャーを感じて選手たちはプレーしていた。神戸は、プレッシャーのない状態で、試合に入ってきた。その違いはある。今日の試合は、選手たちを批判したくない。彼らは強い意思を持って戦っていたし、走っていた。ただ、このプレッシャーの中で、前半は自分たちのサッカーができなかった。今日の試合に関して言えば、青山と柏木の不在は大きかったと言わざるをえない。特に柏木は、ドリブルで数的優位をつくれる選手だから。前半、しっかりとつなげなかったが、後半はいい形で入れた。ただ、先制しても追いつかれてしまった。選手はよく戦ってくれたと思うが、どうしても勝ち点3が欲しかった試合だけに、引き分けという結果に終わったことは非常に残念。ただ、次は(柏木と青山の)二人が戻ってくる。まだ2試合残っているし、私はまだまだJ1に残留できると思っている」

●佐藤寿人選手(広島)
「(ゴールした時、野球のバッティングのようなパフォーマンスをしたのは)カープの選手が応援に来てくれていたから。やってはいけないことだとは思ったんだけど、たくさんの選手が来てくれていたので。こういう状況で、(カープの選手をはじめとする応援の)力を借りるのは、恥ずかしい。だけど、広島市民・県民、広島にかかわる人たちはみんな、この試合の重要性はわかってくれていた。だから、勝ち点3がすごく欲しかった。それだけが、足りなかった。
前半、ウェズレイのボールが抜けてきた時に、右足でうまく当てることができなかった。右足で蹴るのは下手だ、と自分でも思ったし、ベンチにいる選手たちもそう感じたと思う。得点シーンも右足のタイミングだったし、左に持ち替えようかと思ったけれど、前半に右でしっかりと当てられなかった分、ここはしっかりと決めたかった。年に何回か、数えるだけの右足のゴールです。本来は、あそこまでフリーで抜けるのは、珍しいこと。CBのコンビが変わっていたから、ということもあると思う。FWは点をとるのが仕事。他の部分でチームを助けるのも大切だけど、後ろの選手を楽にさせるためにも、2点目・3点目を早くとりたかった。開幕戦でも、立ちあがりに押し込まれていたのに、2点目・3点目をとって、チームの雰囲気をよくできた。FWは点をとって、チームを楽にさせたい。だから、追加点をとれないことは、悔しい。
前半は、FWとDFラインの2ラインになってしまった。守る意識が強すぎて、サンドバック状態になっていた。あのまま続けていたらやられる、と思うほど、クロスを入れられた。だから、ちょっと下がりたかったと思った。だからベンチと話をして、セカンドボールを拾うために下がることもやってみよう、と意識した。引く意識が強すぎて、高い位置までボールを運ばれてしまった。攻から守への切り替えが早いのはいいけれど、引きすぎてボールに行けていない。だから簡単に高い位置までボールを運ばれて、クロスが入る。そうすると、何かが起きてしまい、後ろもきつい。もう少し、守備においてのメリハリというか、ボールに行くべきところは行く、という意識をもって、ラインを高く保つことができれば一番いい。
どんな形でもいいので、最低でも勝ち点1もしくは3をとることが大切。川崎もG大阪も難しい相手。勝つためには、1点では難しい。2点以上とる意識を持たないと、勝てない。FWとしては、そこを考えていきたい。等々力では、広島に移籍して全試合、得点をとっていると思う。等々力が特にやりやすいわけではないが、次こそ勝利につながるゴールをあげたい。戸田さんが2試合いないし、チームにとっては痛い。苦しい時に歯を食いしばって頑張れる人だから、その替わりにみんなが頑張らないと。戸田さんと同じプレーはできないかもしれないけれど、戸田さんが戦えない分をみんなが頑張らないといけない。しっかりと残留を決めて、戸田さんと一緒に天皇杯を戦いたい」

●戸田和幸選手(広島)
「相手のプレッシャーが早かった。ボールはもらえなかったわけだし、(ロングボール主体だった)前半は前半で悪くないと思う。こぼれ球を拾って展開すればよかった。無理をしてつないで、カウンターを受けたわけではない。相手も、中盤のところをすべて狙ってきているわけだし。判断としては、悪くない。あれだけラインも浅いし、トップにボールが入った時はチャンスもできていた。どっちが先に点をとるか、という試合だった。先に点がとれたので、『きたな』と思ったのだが。同点になった後、みんなには落ち着けとは言った。勝たないといけない試合。同じようにやらないといけない。また、DFには焦るな、と言った。その上で、自分のところで何ができるか、考えていた。
シュートというのは、入らない時は入らないものだ、と思う。あと一つですね。どうしても決めてやるという気持ちなのか、運なのか、わからないけれど。次は決めてほしいと思う。残り2試合は、しっかりと練習をやって、アドバイスできることがあればアドバイスして、現地に一緒に行けたら一緒に行きたい。今日は一生懸命やったし、カードは仕方ない。もう僕は試合に出られないし、後はみんなに託すしかない」

●松田浩監督(神戸)
「ゲーム全体を振り返ると支配していたと思います。やはり勝ち点3が欲しかったです。試合展開としては先制され、苦しくなりました。前半のうちに先制点が欲しかったです。何とか後半に入り1点取って追いつきましたが、試合展開も考えるとやはり勝ち点3が欲しかったです。
(朴選手の交代の理由をお教えください)カンジョは特に前半、非常に持ち味を出してくれて、サイドやラインの裏をを突いてくれて本来の仕事をやってくれました。交代については、よりパワーを持った近藤祐介を入れ、流れを変え、次の1点を取るために3トップにするためです。カンジョの出来は決して悪く無かったのですが、よりパワーを持った近藤祐介にかけたということです。」

●レアンドロ選手(神戸)
「得点シーンは、(古賀)誠史からいい球が入ってきたし、キーパーの前にくると信じて走りこんだ。誠史のクロスの特徴として、だいたいニアに速い球がくる。前回もそういうシーンはあったし、今回も『来るな』と思っていた。もしかしたら、彼はアバウトに蹴ったのかもしれないけど、だいたい速くていいボールを蹴ってくれるので、あそこは信じて走った。
心がけていたのは、中盤に下がってボールを受けて、相手のDFに対して正面を向いてプレーすること。そうすれば絶対にスペースもあくし、自分のドリブルは生きると思った。相手のDFは、自分が正面を向いたときに絶対に弱さが出ると思っていたから。引いて受けて、正面で勝負した。チームとしていい形でプレーできるようになっていて、後は自分がゴールを決めるだけ。一時はまったくゴールを決められない試合が続いたので、その分を今、取り返そうと思ってプレーしている。後は、家でおじいちゃんと練習しているので、その成果が出たんだと思います(笑)」

●古賀誠史選手(神戸)
「レアンドロのような足の速い選手は、合わせやすい。アバウトに蹴っても、合わせてくれる。レアンドロが走ってくるのは見えていたので、ここらへんで蹴っていればいいかな、というような感じだった。まあ、いつもそうですけど(笑)。ニアに蹴るという決まりごとは特になくて、DFが嫌がるようなところに蹴ろうと思っていた。ただ、今日のアシストは、僕がどうこうでなく、レアンドロがうまいだけです。試合は確かに、勝てた試合だった。最後は入ってもおかしくないような場面もあった。まあ、でも毎試合勝てるわけではないから。今は1点とられても、点とれる雰囲気もある」

●大久保嘉人選手(神戸)
「(前半ノーゴールと判定されたシュートについて)完全に入ったと思ったのですが。前節のオウンゴールは仕方ありませんが、今回は絶対入っていたと思います。広島は前に前に攻めてくるというより、守ってカウンターという感じでした。失点シーンは自分達のミスでした。勝てた試合だったので残念です」

●朴康造選手(神戸)
「突破のプレーをすることを意識していたのですが、スペースがなくあまり出来ませんでした。全体的には悪くなかったと思いますが、最後の決定的なパスの精度などを上げていく必要はあると思います。」






Last updated  2007年11月18日 22時19分13秒
コメント(0) | コメントを書く
[J LEAGUE 2007] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.