416494 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

愛猫はポチの気ままにサッカー紀行

PR

Profile


愛猫はポチ

Calendar

Favorite Blog

グラサポあきの徒然… ng812さん
だいだい色は勝利の… ましゃ!さん
19番の独り言 Kent19さん
Pride of Urawa??? 凰呀 AN-21さん
おつかれママのほっ… みーしゃママさん

Headline News

Recent Posts

Category

Archives

2022年05月
2022年04月
2022年03月

Comments

http://buycialisky.com/@ Re:ナビスコで勝てない名古屋グランパちゅ~。(04/05) buy daily cialis onlinecialis wat kost …
http://buycialisky.com/@ Re:豊田スタジアムからいま帰宅!!!(04/07) taking nitrix with cialisskillnad viagr…
http://buycialisky.com/@ Re:高木和道、ヘディングが下手す・・・。(04/09) cialis falschungen erkennencheap cialis…
http://buycialisky.com/@ Re:試合を終えて・・・(06/13) impotence drug cialis pillscialis holla…
http://buycialisky.com/@ Re:ちょっと日本代表の総括を(06/25) brand cialis vs generic cialisbuy ciali…
2007年11月18日
XML
テーマ:J LEAGUE !!!(500)
カテゴリ:J LEAGUE 2007
11月18日(日) 2007 J1リーグ戦 第32節
磐田 1 - 3 川崎F
(14:03/ヤマハ/13,172人)

得点者
20' ジュニーニョ(川崎F)
41' 鄭大世(川崎F)
62' 前田遼一(磐田)
77' ジュニーニョ(川崎F)

●関塚隆監督(川崎F)
「勝ち点1差で順位も近いということで、今日はアウェイだったが、ここで勝って順位をひとつでも上げなければいけない戦いだった。とにかく勝って帰ろうということで試合に臨んだ。立ち上がり15分、20分は、中山選手を先頭にジュビロも前向きに圧力をかけてきて、危ない場面は2、3あったが、そこをしのいで先制点を取れたのが、自分たちの試合運びに持って来れたのかなと思う。良い形で前半に2点取れて、後半は次の1点が勝負だというときに、ジュビロが試合巧者というのか、一瞬のスキで得点に結びつける力というのは素晴らしいものがあるので、そのへんで2-1にされて危ない場面もあったが、3点目を取れてわれわれの形に持って来れたかなと。選手もよく最後まで、しっかりと難しいゲームを勝ちに持って来れたなと思う。サポーターも多く来てくれて、われわれを後押ししてくれたし、あと残り2試合しっかりと戦って、少しでも上の順位に行けるように戦っていきたい。
(試合序盤で押し込まれたというところで、中盤であまりプレッシャーがかかっていなかったように見えたが?)いや、われわれがボールを奪ってから、攻撃に仕掛かったときに取られ方が悪くて、中盤が谷口、中村が出た後のところでカウンター的に危ない場面を作られたケースが多かったと思う。
(FWの2人が効果的に点を取ったが?)ジュビロも2トップ中心の攻撃を仕掛けてくるが、われわれもそこがひとつのストロングポイント。そこが仕事してくれたことが勝利につながったと思う」

●河村崇大選手(川崎F)
「前半の立ち上がりとか、後半も押し込まれるシーンがあったので、そこは課題が残ると思う。磐田の選手はみんなうまいので、自分たちのバランスが崩れないことだけを考えていたけど、やっぱりなかなかうまくいかないところもあったので、修正するところはたくさんあると思う。
(3点目のジュニーニョへのスルーパスは?)たまたまです。ジュニーニョがよく決めてくれたと思う。
(今日の中盤の形は?)トリプルボランチのような形で、僕がDFラインの前にいて、その前に(中村と谷口の)2人がということだった。僕はバランスだけをとって、あの2人は攻撃参加できるので、その良い形を引き出せたら良いと思っていた。
(古巣の磐田に勝った心境は?)少しでも成長した姿を見せたいというのもあったし、当然勝ちたいと思っていたので、それが達成できて良かった」

●鄭大世選手(川崎F)
「(得点の場面は)久木野に良いパスが出て、久木野が自分に良いパスをくれた。あれは身体を張って決めるだけだったし、今年の得点はニアで決めるというのがいっぱいあるので、自分の形としてしっかり確立して、来年もそういう自分の形でたくさん点が取れるように、イメージ作りを突き詰めていきたい。1試合1回ぐらいは、ああいう形を自分で作っていきたい」

●内山篤監督(磐田)
「新しいメンバーも入って前後半の入り方としては、非常に集中して悪くはなかった。だが、もっとも恐れていた形で……(川崎Fは)ビルドアップで攻撃してくるより、早いボールをチョンとかジュニーニョに入れられて、そこの最初のディフェンスのところを、もう少しきちっと対応しないといけない。あと、ジュニーニョにスペースを与えてしまうと、ああいう形になってしまうという部分がなかなか修正できなかった。もちろん、それを跳ね返して、自分たちが拾えば逆にチャンスになるが、そこで決定機を作られて、きちっと決められてしまうという流れだった。前後半を通じて、最初にうちのチャンスが決まっていれば……それはサッカーでよくあることだが、そういう展開だった。ただ、前半の2-0から後半15分以内にビッグチャンスがあって、そのへんで船谷のチャンスで決められていれば、もう少し流れが変わったかなという印象はある。そこは、個人の問題も含めてどんどん修正していかないといけない。勝つゲームをするには、そういうところで抜け目なくゴールしていかなければいけないと痛感した。
(向こうのカウンターへの対応という部分では、相手のボールの出しどころへの対応と受ける側への対応と、どちらも良くなかったですか?)チョンのほうに入ってきたボールを拾われてというところで、それほど精度高く蹴ってきているわけではないと思うが、ひとつはつきすぎる面があった。チョンに対しては、身体をぶつけてくるので、つきすぎることによって逆に(ボールを)すらされてしまったり、そこに置かれてしまう。ジュニーニョに対しては、1人で何とか対応するということより、カバーも含めてしっかり対応していかないといけない。出てくるボールがというよりも、最終ラインのところできちっとつぶしていければ、自由にプレーさせないということができれば、もう少し違ったのかなと思う。
(先発した中山に対する評価は?)ゴンに対しては、相手の3バックの背後に動いていこうということで、それに関しては非常に忠実にやってくれたと思う。それによって、前田のスペースを空けてクサビのボールという形で。あとは、前半何度か太田のほうで1対1をかなり行けていたので、そこからの速いクロスに対して、中山は前に入ってきて、そのへんは強い選手なので狙いとしてはあったと思うが、決めきれなかった。前田の後半のゴールは、そうしてずっと言ってきたことが結果としては出たと思う。相手に高さがあるので、そのへんは選手も意図してくれていた。
(押し込んだ中で、最後の壁を崩しきるという部分で少し物足りなかったと思うが、そのへんでの課題は?)ひとつは、個の力も必要だということがある。それからゴール前に入ってきたときに、わずかなスペースを作っていくコンビネーションというのも高めていかないといけない。あとは、もう少しミドルレンジからのシュートも必要性を感じた」

●太田吉彰選手(磐田)
「自分としては悲観するような内容ではなかったと思うが、チームが勝てなかったので・・・。何とか自分で決めてやろうという気持ちはあったが、クロスまでしかいけなかった。負けは負けなので、次に切り換えてやるしかないと思う。
(今日は何人かメンバーは変わっていたが、やり難さはなかった?)そんなに感じなかった。犬塚選手も僕が欲しいところをわかってくれてちゃんと出してくれるので、攻撃としては非常にやりやすかった。しゃべることもできるし、関係はうまくいっていると思った。ただ、相手はチャンスを確実に決めてくるけど、うちは決めるところを決められなかった。内容的にも五分五分で、チャンスもお互いにあったので、しっかり確実に決めていれば・・・うちにもチャンスがあったけど、非常に残念だった。
(足は大丈夫?)前にケガしたときと同じところを2回、前後半とまったく同じところをやられたけど、問題なくやれると思う」

●川口能活選手(磐田)
「試合の主導権は握っていたと思いますけど、守備において球際の厳しさがなくて相手に好きなようにやられてしまった。もちろんチャンスで決められなかったことも敗因ですけど、守備の球際での厳しさが足りなかったことも敗因だと思います。
後半のはじめの15分20分くらいは良い時間で流れるような攻撃ができていましたけど、そこで同点にしていれば、流れは自分たちの方に来たとは思います。あの時間帯で決定的なシュートを何本か外して、相手に3点目を簡単にやられてしまって、球際での厳しさがないと今日のような試合展開になってしまうと思います。
もう一度我に返って、自分たちに何が足りないか、そしてトレーニングから自分たちを向上させて身につけていくんだという気持ちを胸に刻んで、日々のトレーニングから気持ちを高めてからゲームに臨んでいくべきだと思います。」

●前田遼一選手(磐田)
「川崎は少ないチャンスをモノにして、僕自身ははずしてしまったので、そこで差が出たかなと思います。チャンスはあったのでシュートを入れること。残り全部勝つつもりでやりたいです。」

●田中誠選手(磐田)
「試合への入りは悪くなかったですけど、まずジュビロにチャンスがあって、その後相手のチャンスがあってそこで決められて流れが悪くなってしまった。内容的には悪くなかったのでそこが悔やまれるところですけど、(内山監督になって)チームが多少変わっても、できたという感じもあった試合です。
ラインコントロールはしっかりはっきりできたけど、キープ力・プラス逆サイドにふるという展開力は向こうがよかったので、そこがやられてしまったところかなと思います。あと、もう少しパスの出所をおさえないといけない。中村選手とか、やはり嫌らしいところに入ってきたので、彼のスルーパスも怖いし、第一DFとして誰かがいかないと厳しい時がありました。今日は真ん中が多少空いてしまったんですけど、犬塚がすごく頑張ってくれていて相手を消していました。
ジュニーニョにボールが入った時に、挟み込むことがもっとできればよかった。やはりスピードに乗らせると怖いので、止めようという意識で僕らはジュニーニョの前に入るんだけど、そこで戻ったところで挟む守備ができればよかったけど。そこからトントンと展開されてしまったというのがありますので、そこのところでもう少し取りたかったです。 」

●中山雅史選手(磐田)
「やはり精度の違いというか決定力の違いが点差に現れてしまったのかなと。ただ、チームとしてポーンとやられた感じがしてフラストレーションが溜まる試合で、良い感じで試合ができていたと思いますけど、試合を左右するのはシュートが入るか入らないかということになるので、自分たちの未熟な部分を鍛えていかないといけないと感じました。
前半の良い時は押し上げも早いし、球際も厳しく行けていた。それを長くしないといけないし、逆襲はミスから生まれているので、そのミスを無くすことがこのチームを勝利に近づけられるのではないかなと思いますね。各々が力を精一杯出そうというところは出ていたし、それがもっと多く出て熟成されていければ。あと、みんながバラバラなことではなく、もっと共通意識を高めることが必要ですね。
2トップについては、自分は裏を狙ってDFを引っ張る。そして、空いたスペースで、中盤なり前田なりしっかりキープして次に繋ぐという感じではやっていました。でも、自分が出たタイミングになかなかパスが出てこないというか、気がついてもらえないというのがあった。僕自身もパサーのタイミングを見計らうことも必要だし、やはりそこもイメージの共有ですよね。そこを上げていければと思います
今日は自分の中でボールに関わった時間が短かった気がして、走っていただけで終わってしまったような感じがします。パスの引き出し方などもっともっと質を上げていかないといけないと思います。」






Last updated  2007年11月18日 22時34分53秒
コメント(0) | コメントを書く
[J LEAGUE 2007] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.