June 1, 2008

アルテマイスターとシュトーレン

(6)
カテゴリ:東欧

ツヴィンガー宮殿内にあるアルテ.マイスター。(古典絵画館)

ラファエロの「システィーナの聖母」の下方に描かれている2人の天使はあまりにも有名。

ラファエロもこの天使達だけがclose upされて、小物にも使われるなんて想像できなかったろう。
 

フェルメールの「窓辺で手紙を読む女」

 

(フェルメールと言えば、CMで吉永小百合様が「真珠の耳飾の少女」を紹介されてますね。)

落ち着いた色調のピンクの壁に絵画が並ぶ。見所のポイントはガイドさんがパッパッと連れて行ってくれ、ほう、ほーぅと説明に聞き入る。

「ここで1時間とります。もし、絵画に興味がおありにならなくて、スーパーに行きたい方は10分後、この場所に集合してください。すぐ裏手のスーパーに私がお連れします」

どうする?見所はおさえたし、スーパー行ってみたくない?今日ドイツ最後だし。

10分後、そこに集まったのはほぼ全員。

皆様、絵画よりスーパー。

「あら、殆ど全員いらっしゃいましたね。」とガイドさんもプッって感じか。

(ちゃんと人数を数えて)出発。

そこは30分で買い物するには調度いい食料品中心のスーパーだった。

 

ああー、現地でスーパーはやっぱり楽しい!

 

シュトーレンが欲しいなぁ。

 

あった! これ、これ。

なんか固そうだけど、おいしいのか・・パサパサしてないのかなと思いつつ、3euroなので2つ買う。それにしてもお砂糖で真っ白。シュトーレンを知らなければ、何かわからない。

あとは・・お土産にできるお菓子なんかを買おう!

とりあえず、ドイツだからハッチェス!

レジに並ぶと・・・ツアーの皆様は両手に抱えきれないほどの箱を持ち・・棚卸!??

私がシュトーレンを持ってるので、並びながら、「それなんなん?」「おいしい?」「いくらなん?」

私だってまだわからないですよー。

「私も買っとくわ」「私も」

私を見かけた方々は全員回れ右して、シュトーレン奪取に走った。

そこにあったシュトーレンは全て完売。

20個以上のチョコの箱を両手で抱え、シュトーレンをその上に載せ、いったい誰にそんなに配るんですか?お店やってる方々?

「で、これなんなん?」

シュトーレンです!ドイツのクリスマスのお菓子!

「ほう、そかー。じゃ、クリスマス時期にしか買えんということやね」

わかりませんからー。

「で、おいしいん?」

自己責任でお願いしますよっ、私だってまだ食べてないんですから。

「ま、3euroだしね、失敗してもええわ」

これが、もっと買ってくればよかったと思うくらいおいしかった!!

Pepsiをclick!   ペット 犬 dog ダックス チワワ テリア シーズー 豆柴






TWITTER

Last updated  June 1, 2008 06:53:31 AM
コメント(6) | コメントを書く