268612 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

pretty物欲

October 22, 2008
XML
カテゴリ:意見・提言
ボクがはじめて社会に出たとき、
ある会社で新入社員の頃。
ボクの仕事は、上司や先輩に言われたことを、
ただいわれたとおりに、やるだけだった。

そこに、自分自身による判断はなかった。
なかった、というか、できなかった。
判断材料になる知識や経験がないから。
どうやって知識や経験を身につけるかといえば、
実務経験しかない。

上司や先輩のやることを正として、
自分の判断基準をゼロから構築していくのだから、
さいしょは上司や先輩のコピーロボットになる。
実務経験を積んだ、というのはまずコピーできたことに過ぎない。

仕事に慣れてきた段階で、
自分の仕事ぶりを客観視できるようになる。
上司先輩のやっていることが
「筋が一貫」し「おかしいこと」をしていなければいいが、
ときどき、どう考えても社会通念上、おかしなことをしていると
いう疑問が芽生える。

それを疑問として持ち続けられればいいが、
洗脳されている新入社員は、まじめな子ほど
疑問と思わなくなっていく。

実務上の直接命令者や、役員クラスが深く関わった、
最近よく聞く「偽装」などの企業犯罪の場合、
そんな新入社員は、意図することなく
加害者として巻き込まれていく。

会社による新人教育で、
黒い上司によって黒い業務が、
何ら問題のない会社業務活動だと教え込まれ
「洗脳」されてしまうからだ。
右も左もわからない社会人1年生では、
それは仕方なかったかもしれない。

とすると、企業犯罪において、
意図をもって犯罪計画した実行犯=黒い上司は、
社外の被害者に対する懲罰はもちろん、
社内の何も知らない新入社員を共犯にしてしまった懲罰も
受けるべきではないか?

洗脳罪とでも言おうか。

それは、とても大きな罪だと思う。
まじめな新入社員は、黒い業務が身にしみてしまい、
矯正に時間がかかる。
知らずのうちに共犯をしてしまったショックの傷もある。

その後企業でマトモに働くには、
相当な逆洗脳が必要だ。
伸び盛りの20代前半を、そんなくだらない時間に
使わなくてはならなくなる。

基本的人権や人格を奪う洗脳が罪になるならば、
その罪はとても重いべきではないか?
ボクはそう思うのだが、
オウム事件から「洗脳」という言葉がもてはやされてきたけど、
洗脳行為それ自体を罪とする動きは、見られなかった。
それが、ボクには不満であり、不安である。

戻って、
ボクが新入社員として入社した会社でボクは、
なんだかグレーなことをしていたかもしれないが、
幸いなことに、明確な企業犯罪に手を染めることはなかった。

ただし、会社の舵取りをすべきマネジメントクラスが、
それはそれはアホだったから、
会社はみるみる傾き、
ボクは実のない苦しい業務を強いられた。

会社の経営の傾きは、刑法、民法上の
罪とされにくいとはいえ、
数十年たったいまでも、ボクはいまだに
悔しい思いを残している。

利益相反行為も洗脳も、被害者である新入社員にとっては、
同じことのように思える。
あのとき会社がボクら新入社員に教え込んだことは、
ボクにとってとてもマイナスだった。
20代の伸び盛りのボクは、時間を浪費していた。
あとで別の会社にきて、逆洗脳が待っていた。

いまは当時の洗脳がすっかり抜け切ったけど、
逆洗脳の苦しかったときを思い出すと、
やはり、当時のマネジメントクラスを、
ボクはいまだに許すことが出来ない。

そして、そんな会社を見抜けなかった
学生時代のボクのことも、許せない。
もしかしたら、やりようによっては、
これはわかったのではないか、
と思うことがある。
学生に見抜くことは無理なことだったのだろうか?
そういう情報を学生に出す機関があってもいい気がする。
学生の未来のために。

社員の上に立つ役員には、
・なんとしても法律(ルール)を守る
・我が身を呈してでも社員を守る
そんな基本的要素が必要だと思う。
そんな経営者が少ないと思うこのごろだ。

民間企業だと、つい業績偏重になりがち。
最近のような不景気ではなおさらである。
だからこそ、
いま、すべての企業姿勢は襟を正すことを迫られている。

業績向上のほうがルール遵守より重視されている
最近の経営者に、喝を入れたい。
そんなにカネや地位が大事か?






最終更新日  October 22, 2008 08:48:37 PM

PR

プロフィール


ferixじゃり

カレンダー

カテゴリ

キーワードサーチ

▼キーワード検索


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.