1014514 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

イタリアで食べたい

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Profile


プレッツェーモロ

Favorite Blog

聖十字架 最終章 ciamiさん

葡萄園 11290715さん
Dolce Compagnia fiorichiariさん
イタリアの幼稚園生… ぴっぴぃさん
Il Suono Dell'Onda~… accoponcoさん
南トルコ・アンタル… turkuvazさん

Archives

Jul , 2020
Jun , 2020
May , 2020
Apr , 2020
Mar , 2020

Category

Apr 14, 2006
XML
カテゴリ:ワイン
きのうはソムリエの話だったので、今日のお題は、お酒つながり。
でも、ワインじゃなくて、食後酒です。

普通、イタリアの雑誌のワインの記事って、ジャーナリストとか、ソムリエさんとか、エノテーカの店主さんが、解説をしています。
ところが、この間読んだ記事では、なんと神父さまが解説をしていました。
よく見たら、ワインじゃなくて、アマーロの特集でした。

ラマゾッティ アマーロ 700ml 30度(Ramazzotti Amaro Felsina Ramazzotti)

アマーロは、薬草入りのリキュール。
アマーロとは、「苦い」という意味。英語で言えば、ビターですね~。
これを食後に一杯飲むと、満腹で苦しかった胃袋が、すっきりしゃっきりするんですよね。

中世のヨーロッパでは、リキュール造りは、修道院の重要な仕事。
植物の根、実、草をアルコールに漬けて作った薬草酒は、元々、嗜好品じゃなくて、薬として飲んでいたんだって。
造るには専門知識が必要なので、複雑な配合の薬草酒は、農民には造れなかったんですね~。
今は、蒸留酒メーカーが修道院の製法を元にして造ってるけど、配合はどこも秘密みたい。

主な材料は、リンドウ、ニガヨモギ、ルバーブ、シナモン、サフラン、クローブ、樹皮、柑橘果実の皮など。
すり潰したり刻んだりした材料をアルコールに漬けて、樽で寝かせたりした後、そのまま蒸留したり、漉してから蒸留酒に加えたり、仕上げに水と砂糖のカラメル液を加えたりと、製法も複雑。

日本で一番有名なのは、アヴェルナかなあ。

アヴェルナ・アマーロ・シチリアーノ 700ml

創業者のサルヴァトーレ・アヴェルナさんは、1802年、シチリアのカルタニッセッタ生まれ。
彼は、ある修道院の後援者でした。
その修道院は、昔からとてもおいしい薬草酒を造っていたんです。
1854年、サルヴィトーレさんは、修道院から、秘伝の製法を譲り受けます。
そして、息子のフランチェスコさんが、アマーロ・シチリアーノ・アヴェルナという名前で販売を開始。
その後、王室御用達にもなったんだって。

フェルネット・ブランカも、アマーロ。

フェルネット ブランカ 700ml 40度(Fernet Branca) 

フェルネットは砂糖を加えないので苦味が強く、その分、消化作用も強いんだって。
アロエとか八角も入ってるみたい。
こちらの創業者は、ミラノ育ちのベルナルディーノ・ブランカさん。
1845年に造りだしたんだそうで。
フェルネットというのは、当時一緒に研究をしていたスウェーデン人の医者らしいんですが、名前以外の情報は、何も残ってないんだって。

フェルネット・ブランカは、オークの樽で1年以上寝かせてます。
消化作用が評判になって大ヒットして、1965年には、夏向きに、ピエモンテ産ミントを加えたブランカ・メンタも登場しました。
こちらはハーフビターに分類されるんだって。

以前、食品の展示会で、イタリアのリキュールの試飲の手伝いをしたことがあります。
バーテンダーさんたちは、みなさんリキュールにすごく興味があるんですねえ。
知識も豊富でビックリしました。
ワインの試飲でへべれけになる人は結構多いけど、アルコール度が30度とか40度とかいうリキュールを試飲するのは、かなりきついでしょうね。
でも、リキュールって、確かにプロ好みのお酒だなあ。







Last updated  Apr 15, 2006 09:24:59 AM
コメント(6) | コメントを書く
[ワイン] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


食後酒!   pepe犬 さん
イタリアの食後酒=「レモンチェッロ」しか知識が無かったのですが、
アマーロは身体に良さそう~!「養命酒」みたい?
でもこれさえあれば、イタリアのご馳走をたらふく食べても大丈夫…かな。 (Apr 15, 2006 03:37:04 PM)

Re:アマーロ(04/14)   ちゃん@北国 さん
アマーロ、と聞いただけで、口の中がニガニガ?!く感じます。(笑)

イタリアだったら、ディジェスティーヴォで、グラッパ、アマーロ等、レストランの食後に必ずといっていいほどサービスしてくれるので、よくアマーロクピッ飲んでました。

ちょっと苦みばしって、でもほんのり甘くて消化を助けてくれそうですものね!

でも、自分で買った事はないです...。(笑) (Apr 15, 2006 10:08:00 PM)

Re:食後酒!(04/14)   プレッツェーモロ さん
pepe犬さん
イタリアにもいろんな食後酒があるけど、苦~い薬草酒を飲んで消化を促進させてる人、多いんですよ~。
養命酒より強くて苦いので、飲んだ後に飲む胃腸薬みたいな感じかなあ。
私の場合、フルコース食べたら、これを飲まないと動けないです!でも、アマーロはかなり苦いんで、もうちょっと甘いアマレットっていうのが好き♪
(Apr 16, 2006 07:11:50 AM)

Re[1]:アマーロ(04/14)   プレッツェーモロ さん
ちゃん@北国さん
食後酒は、色んな楽しみ方ができて面白いですよね。日本のイタリアンの店でも、よく飲んでます。
私も、アマーロを自分で買ったことはないなあ。
やっぱり、レストランで飲むものですかね。
お店の人にお勧めを聞いて、飲み方を教わりながら飲むのが好きだなあ。
(Apr 16, 2006 07:20:38 AM)

Re:アマーロ(04/14)   turkuvaz さん
そういえば、フランカ・メンタって飲んだ気がします。ミントは苦手な方だけど、美味しかったような。。。

薬草入りのリキュールって、やっぱり修道院で作られてたんですね。昔パヴィアの修道院に行った時、そこでもオリジナルの薬草リキュールが売られてました。小瓶をお土産に買ってきたなあ~。全部飲んだかどうか、忘れちゃいましたが。 (Apr 16, 2006 02:58:35 PM)

Re[1]:アマーロ(04/14)   プレッツェーモロ さん
turkuvazさん
ブランカ・メンタ、私は飲んだことないんです。歯磨きみたいな味がしそうで・・・。
修道院でリキュールを買ったこともないなあ。私が読んだ記事に登場したのは、ローマ近郊の修道院の神父さんで、その人が造ってるのは、その名も「チェンテルベ・ディ・パードレ・ベルナルド」。
修道院のリキュールは、造り手が身近に感じられて、おもしろそうですね!
(Apr 17, 2006 06:57:43 AM)


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.