1015889 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

イタリアで食べたい

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Profile


プレッツェーモロ

Favorite Blog

隈研吾プロデュース… ciamiさん

葡萄園 11290715さん
Dolce Compagnia fiorichiariさん
イタリアの幼稚園生… ぴっぴぃさん
Il Suono Dell'Onda~… accoponcoさん
南トルコ・アンタル… turkuvazさん

Archives

Jul , 2020
Jun , 2020
May , 2020
Apr , 2020
Mar , 2020

Category

Jun 6, 2006
XML
カテゴリ:
さーて今日は、マルゲリータ王妃の名前がついたプーリアの町、マルゲリータ・ディ・サヴォイアの話。

この町は、1879年に、きのうも書いた大きな塩田がマルゲリータ王妃に献呈されることになって、それで王妃の名前がつけられたんだって。
じゃあ、その前はなんていう名前だったんだろう。
気になって調べてみたら、色んな名前で呼ばれてたとしか分からない~。
ローマ時代は、ただの「塩田」って呼ばれてたみたい。

現在の、マルゲリータ・ディ・サヴォイアの塩田は、面積も、塩の生産量も、ヨーロッパ最大なんだって。

何で私が、こんな塩の町に注目したかというと、これのせい。
  ↓
3種の貝のトレネッテ

この町の、オステリーア・デイ・ノンニという店の1品。
テッリーネ、アサリ、マテ貝の3種類の貝のソースに、手打ちパスタをからめたもの。
その名も、“トレネッテの塩田風”。
うわ~、こんなパスタですよ、私が求めている貝のパスタは。


Osteria dei Nonni:via Vittorio Veneto 123, Margherita di Savoia(FG)、火曜定休、tel/0883.652881



アップでどうぞ。
  ↓
アップでど~ん


マルゲリータ・ディ・サヴォイアは、地元で採れた新鮮な貝や甲殻類が、美味しい所なんだって~♪
この店のメニューは、他には、
貝のパッパルデッレ”、“ウニのリングイーネ”、“小ヒメジのフリット”、“車エビの炭焼きグリル”、“生牡蠣”、“生のタルトゥーフィ・ディ・マーレ”、“生のファゾラーリ(ハマグリ)
etc.だってさー。
じゅるじゅる~。
この店に、1日入り浸ろうかなあ。

町の観光情報を探してみました。
どうもここは、夏はビーチリゾートとして賑わうけど、それ以外の季節は、これと言って観光ポイントもなく、完全に野鳥の楽園と化すような雰囲気。
昔の町の名前が忘れ去られちゃうようなところだからなあ。

マルゲリータ・ディ・サヴォイアの野鳥たち。
  ↓
www.argonauti.org/birds/speciebirds/gabbroseo.html
www.argonauti.org/birds/speciebirds/fraticello.html

ここには、数万種類の野鳥がいるんだって。
観光客がいなくなった後、あの美味しそうな貝は、この鳥たちのご馳走になるんでしょうか。

塩田名物のピンクフラミンゴの群れも見たいけど、ちょっと気になるのは、この鳥。

www.justbirds.org/Italia/Black-winged%20stilt%202.htm

イタリア語では、カヴァリエーレ・ディターリアって言うんだって。
カヴァリエーレは「騎士」っていう意味だから、“イタリアの騎士”っていう名前?
日本名は、セイタカシギ
細くて赤い足と、白黒のボディーが特徴。
イタリア各地にいるみたいだから、イタリアの水辺に行ったら、探してみて~。
でも、最近では東京湾にもいるんだってー。
こちらは日本語のサイト。
  ↓
www3.famille.ne.jp/~ochi/bird/seitaka-1.html
www.gt-works.com/yachoo/zukan/tori/seitakasigi/seitakasigi.htm







Last updated  Jun 7, 2006 10:09:45 AM
コメント(10) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.