1024070 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

イタリアで食べたい

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Profile


プレッツェーモロ

Favorite Blog

何色あるのかな? New! ciamiさん

葡萄園 11290715さん
Dolce Compagnia fiorichiariさん
イタリアの幼稚園生… ぴっぴぃさん
Il Suono Dell'Onda~… accoponcoさん
南トルコ・アンタル… turkuvazさん

Archives

Aug , 2020
Jul , 2020
Jun , 2020
May , 2020
Apr , 2020

Category

Jun 23, 2007
XML
カテゴリ:料理


アルベロベッロに二日もいると、やることがなくなる。
近隣の町に足を伸ばそうと思ったら、今日は日曜で、なんと電車が1本もない!
交通手段は車かバスのみ。
しかも、隣の町に行くバスは、1日に数本。
行ったら帰ってこれないかも・・・・。


アルベロベッロは小さな町でした
日曜に営業してるのは、教会とみやげ物屋だけ。
みやげ物屋では、ワインの試飲とかクッキーの試食とか色々させてくれるので、何軒もはしごして、昼前に軽く酔っ払い状態。


絵になるなあ

町の広場に、すごく絵になる車がとまってた。
運転してるのはおじいちゃん。
日曜の教会には、町中のお年寄りがやってくる。


定番中の定番
アルベロベッロのレストランは、観光地価格でちょっと高め。
でも、魚も肉も野菜も、なんでもある。
これはプーリアに行ったら一度は食べておきたい料理、チーメ・ディ・ラパのオレッキエッテ。


ナバナかなあ
チーメ・ディ・ラパは、別名ブロッコレッティ。
菜花に似てるけど、もう少し太くて、茎ブロッコリーよりは細い。
ブロッコリーレイブにも似てる(食べたことないけど)。
ずばりこれ!と日本語名が言えないじれったい野菜。


ミニブラチョーレ
そして、念願のブラチョーレのオレッキエッテ。
そうか、ブラチョーレをパスタのソースにする時は、こんなミニサイズにするのか。
肉料理として食べると案外大きなブラチョーレ、パスタにする時はどうするのか不思議だったけど、これで謎も解決。


苦かったー
これは、ランパッショーニを初体験した料理。
店は、なかなか高級なリストランテ。
「2種類の玉ねぎのスフォルマティーニです。1つはチポッラ(普通の玉ねぎ)、もう一つはランパッショーニです」、と説明されて、おー、ランパッショーニだーと、期待に満ちて注文。
あー、あんなに苦いものだったとはー。
ゴーヤーよりはるかに苦い!
ちなみに、右の丸いのがランパッショーニ入り。
これが苦い料理だと、誰が想像できようか。



買い物したし、料理も食べたし、もうやることがなーい。
しょうがない、帰れなくなる危険は覚悟で、隣町のロコロトンドまで行ってみるか。
というわけで、バスでほんの10分ぐらいの隣町まで、決死の覚悟で出発。


ちょっと冷静になって考えれば、観光地のアルベロベッロでもやることがないのに、もっとマイナーなロコロトンドで、日曜にやることなんかあるのか、分かりそうなもん。
でも、ここまで何もないとは、想像もしてなかった。


ちょっと不気味
町は、ひっそりと静まり返っていた。
通りには、なぜか、魔女のような人形があちこちに吊るしてある。

不気味~、と思いながら写真を撮っていたら、車で通りかかった人が、道の真ん中に車を止めて、わざわざ教えてくれた。
「復活祭の何日か前になると飾るんだよー」
とか言っていたが、後ろに車が何台もつながりだしたのが気になって、よく覚えていない。


青いすだれ
ロコロトンドは丘の上にある白い町。
どの家も真っ白。
青いすだれが涼しげだった(寒かったけど)。


馬に目が行く
大聖堂(多分)の正面を飾る騎士と馬。
なぜか馬のほうに目が行ってしまう。
このすきっ歯と、見よーとばかりの鼻孔。
鼻息が、ぶひひーんと聞こえてきそう。
彫刻の馬は色々見てるけど、プーリアの馬はなかなかいい味。
馬肉って意味じゃなく。


旧市街をのんびり歩いていたら、年配の女性の2人連れが話しかけてきた。
ノルウェー人だって。
近くの町に泊まって、車であちこち観光してるんだとか。
やっぱり、こんなところまでバスで来る人はいないよねー。

あっと言う間に観光終了。
でも、バスはまだ当分来ない。


ロコロトンド
翌日、電車から見たロコロトンド。
そう言えば、ここはロコロトンドという白ワインの産地。
飲むの忘れたー。


次はレッチェ。
バロックの町だよん。









Last updated  Jun 23, 2007 11:03:00 AM
コメント(10) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


チーメ・ディ・ラパのオレッキエッテ   ciami さん
形といい、色といい、食欲が~
季節ものなんでしょうか?夏に行ってもあるかな~

行く気まんまんです! (Jun 24, 2007 01:45:59 AM)

アルベロベッロ☆   Flottie さん
南イタリアは、ゆったりとした時間を過ごすっていう感じで、日曜日などはほんとすることないかもしれませんね(^^);
でも素敵な街並みを歩いているだけでもルンルンしてきそうな気も☆ (Jun 24, 2007 10:24:29 AM)

Re:アルベロベッロとロコロトンドの日曜日(06/23)   turbo717 さん
このblogを読んで・・runningを続けておいてよかったと思った次第です。たとえば、リュックにスケッチブックとカメラ、水彩絵の具と水。これだけで、さっとマラソンをして町を駆け抜けて、帰ってくるでしょうから。
さて、食事は最高ですネ。何種類もの知らない皿の類、参考になりました。 (Jun 24, 2007 07:17:29 PM)

きゃ~!   pepe犬 さん
馬が~~~っ、笑っている。(爆)
すきっ歯が愛嬌あるのか、なんだかかわいいですね。
しっかり、カメラ目線だし。うふふ
(Jun 24, 2007 09:16:52 PM)

Re:チーメ・ディ・ラパのオレッキエッテ(06/23)   プレッツェーモロ さん
ciamiさん
チーメ・ディ・ラパの旬は冬から春にかけてだけど、この料理はプーリアの名物だから、観光地なら、多分、夏でも出会う確立大。食べてみて!
(Jun 25, 2007 07:13:39 AM)

Re:アルベロベッロ☆(06/23)   プレッツェーモロ さん
Flottieさん
そうそう、ゆったり過ごせばいいんですよねー。今なら、もっとのんびり見て回ればよかったなあって思います。でも、この時は寒くて余裕なかった~。
(Jun 25, 2007 07:16:19 AM)

Re[1]:アルベロベッロとロコロトンドの日曜日(06/23)   プレッツェーモロ さん
turbo717さん
そうですよね、ランニングの装備と健脚があれば、バスの時間なんか関係ない!
このあたりは畑の中にトゥルッリが点在していて、きっと気持ちよく走れます。道も一本道だから、迷う心配もないし。
(Jun 25, 2007 07:20:45 AM)

Re:きゃ~!(06/23)   プレッツェーモロ さん
pepe犬さん
馬、笑ってるみたいにみえますか。なんだか力が抜けちゃう表情ですよねー。おちょくられてるみたい。
レッチェでも、いい味の馬に出会いましたよー、2つの意味でいい味^^;
(Jun 25, 2007 07:22:37 AM)

Re:アルベロベッロとロコロトンドの日曜日(06/23)   fuminmin さん
ホント、ヨーロッパの田舎は日曜完璧に休みますね、でもその方が自然なのかも。
どっちのオレキエッテも美味しそう♪
ランパッショーニも見る限りでは、ちっとも苦そうじゃないのにねえ。
慣れれば、平気で食べられるようになるのかなあ。
ロコロトンドのワインの味を知りたかったので、私も残念ですう(^o^)
(Jun 27, 2007 11:04:42 AM)

Re[1]:アルベロベッロとロコロトンドの日曜日(06/23)   プレッツェーモロ さん
fuminminさん
車がないと、田舎の日曜日は身動き取れないですねー。
オレッキエッテ、今思えば、ずいぶん食べてるなあ。
ランパッショーニ、実は、リベンジせねばと密かに思ってるんです。取りあえずは、ゴーヤーあたりから苦いのに慣れなくちゃ^^;
その時はロコロトンドも飲むぞー。
(Jun 28, 2007 07:21:17 AM)


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.