1012950 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

イタリアで食べたい

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar

Profile


プレッツェーモロ

Favorite Blog

聖十字架伝説のお話 New! ciamiさん

葡萄園 11290715さん
Dolce Compagnia fiorichiariさん
イタリアの幼稚園生… ぴっぴぃさん
Il Suono Dell'Onda~… accoponcoさん
南トルコ・アンタル… turkuvazさん

Archives

Jul , 2020
Jun , 2020
May , 2020
Apr , 2020
Mar , 2020

Category

Oct 6, 2007
XML
カテゴリ:ワイン

このところ涼しくなってきましたねー。
赤ワインがおいしい季節の到来でんなあ。

赤ワインと言えば、イタリアには、「南のバローロ」って呼ばれてるワインがあるんだけど、これ、どのワインのことだか、知ってる?

「南のバローロ」で検索すると、一番多いのは、やっぱり「タウラージ」だなあ。
でもよーく見ると、「アリアニコ・デル・ヴルトゥレ」って名前もちらほら。
タウラージとアリアニコ・デル・ヴルトゥレ、どっちが本物の王様?

イタリアのサイトで「Barolo del sud」で検索すると、今度はアリアニコ・デル・ヴルトゥレがいっぱて出てくる~。
どうやらイタリアでも、言ったもん勝ち状態なんですね。


 vs


イタリアには、代表的な赤ワイン用のぶどう品種が4つあるんだって。

北のネッビオーロ、中部のサンジョヴェーゼ、本土南部のアリアニコ、そしてシチリアのネロ・ダーヴォラ。

タウラージとアリアニコ・デル・ヴルトゥレの共通点は、どちらもアリアニコから造られるってこと。

ネッビオーロを使ったバローロは、通称「ワインの王様」。
だから、南イタリアのワインの王様、て言いたければ、「南のバローロ」ってなるわけだー。


タウラージはカンパーニアのワイン。
イタリア中部と南部のワインで初めてDOCGになったくらいだから、とても有名。
で、アリアニコ・デル・ヴルトゥレはバジリカータのワイン。
バジリカータって、印象薄いなあ。
王様を名乗るには、ちょっと貫禄不足かも。
でも、お手頃価格のものが多いし、とっつきやすくて、いい友だちになれそうなタイプかも。


バジリカータは世界遺産のマテーラのある州。


サッソ・バリサーノ地区
 ↑
マテーラの洞窟住居群。
想像してたよりずっと明るくていい町だったなあ。


ここで飲んだワインがアリアニコ・デル・ヴルトゥレ。

<アリアニコ・デル・ヴルトゥレ


これは、カメルレンゴっていう造り手の2番手ワイン。
このカメルレンゴ、新しくて小さなカンティーナだけど、イタリアでの評価はかなり高いみたい。
1番手ワインの「カメルレンゴ」は、2004年以降のヴィンテージはすべて新樽を通してるそうで、今後もっと評価が上がるかも。
また飲む機会があるか、楽しみだなあ。
ちなみに、「カメルレンゴ」って、ローマ教皇の秘書長のこと。
ダン・ブラウンの『天使と悪魔』にも登場してる。


アリアニコ・デル・ヴルトゥレの造り手は、小さな所が多いみたい。
有名なのは、パテルノステルとダンジェロ。

 

長い間、有名なカンティーナはこの2軒しかなかったんだって。
それが最近は、カメルレンゴを初めとして、個性的な人たちが次々にワイン造りに加わってきている模様。

変わった経歴の持ち主は、バジリスコっていうカンティーナの経営者。
胃腸科のお医者さんなんだって!
でも、子供たちのために何か大切なものを残したかったから、ワイン造りを始めたんだそうな。




ちなみに、プーリアでワインと一緒に食べた空豆のおつまみ、めちゃ美味しかったなあ。
乾燥空豆なのか、軽~い塩味で、殻もむいてあって、いくらでもいけたよー。
でも日本にはないから、油と塩まみれの指になりながら、揚げ空豆の殻をむいて、ワインのつまみにしている今日この頃なのでした~。









Last updated  Oct 6, 2007 08:54:04 AM
コメント(12) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


おぉ~~   pepe犬 さん
赤ワインのおいしい季節にきましたね~!うふふ
なにやら立て続けにワインの見本市の招待券が送られてきて、また試飲しにいくぜ~~!フォアグラサンドも食べるぜ!ははは
イタリアワインもいいですなぁ~~!アリアニコですね。めもめも。。
なになに?空豆とご一緒ですか~!ますますいいですなぁ~~。
(Oct 6, 2007 11:04:12 AM)

Re:南のバローロ(10/06)   くるり さん
バジリカータいいところ沢山ありますよ~。南でいちばん好きな場所かも知れない(笑)。でも、今回の伊勢丹では、バジリカーじゃなくて、カンパーニャのアリアニコ・ドロゴーネというワインを買ってしまいましたー。ほんと時間がなくてワインコーナーだけしか見られなかったのですが、やや物足りなかった感じ(メジャーな産地を避けてるからともいうが)。ところが帰り際にひっかかったコーナーで、全部のワイン試飲させてくれて、帰りはご機嫌!
ちなみにおじさんのロゼは早速売り切れてて、買えずじまいでした。2日目だったのに、なぜ? (Oct 6, 2007 01:03:12 PM)

赤ワイン☆   Flottie さん
美味しいですよね♪
アリアニコですか!記憶に残しておきます♪何となく、このワインラベルに見覚えがあるので、どこかで口にしたりしてるかも☆
美味しいワインに食事で楽しむのが一番ですね(^^)! (Oct 6, 2007 05:05:26 PM)

マテーラ   ciami さん
行きたい~!!
ソラマメ食べたい~!! (Oct 7, 2007 12:38:21 AM)

Re:おぉ~~(10/06)   プレッツェーモロ さん
pepe犬さん
おー招待券ですか~。ワイン飲みまくりにフォアグラサンドの季節がまたやってきたんですね。
リヨン万歳!
ヨーロッパでワインと一緒に出てくるつまみって、日本にはないものも多いから面白いですよね。空豆があったらぜひお試しを~。
(Oct 7, 2007 07:40:58 AM)

Re[1]:南のバローロ(10/06)   プレッツェーモロ さん
くるりさん
バジリカータ、ちらっと見ただけだったけど、いい所ですよねー。じっくり滞在すれば、もっと味が出てくるんだろうなあ。
ロゼ、ひょっとして初日に完売?大人気ですねー。買えないとなると、無性に欲しくなったりして。
試飲の大盤振る舞い、いいなあ。私もきのうはスーパーでワインの試飲に遭遇したんですが、車だったから涙を飲んで見ないふりしましたよー。
イタリア展、また行きそびれたー(涙)。
(Oct 7, 2007 07:56:28 AM)

Re:赤ワイン☆(10/06)   プレッツェーモロ さん
Flottieさん
アリアニコ、イタリアで飲んでるかもしれないですね。
そうそう、香港にも個性的なイタリアンレストランがいっぱいあるんですね。ドイツ系シェフがいる店とか。どんなワインが人気なのかなあ。
(Oct 7, 2007 08:04:52 AM)

Re:マテーラ(10/06)   プレッツェーモロ さん
ciamiさん
空豆のおつまみ、多分、イタリアならどこでも売ってると思うんだけど、今年初めて遭遇しました。お勧め!
(Oct 7, 2007 08:06:11 AM)

Re:南のバローロ(10/06)   11290715 さん
タウラジもバローロも
時間のかかる所が似ているかも
知れませんね。
アリアニコ、、、どっちかと言うと
ネッビオーロよりサンジョベーゼの方が
近いかも、、、、、
僕は1年ちょい前ブラインドで
アリアニコをサンジョベ、、、と間違えました(恥)。 (Oct 8, 2007 12:44:14 AM)

Re[1]:南のバローロ(10/06)   プレッツェーモロ さん
11290715さん
なるほど時間のかけ方が似てるのかー。
サンジョヴェだと思ったらアリアニコ、それはビックリですね。
ワインがひとくせあったってことか~。
それにしてもブラインドで当てる人って、すごいですねー。
年まで当たったら神業に見えます。
(Oct 8, 2007 06:59:06 AM)

Re:南のバローロ(10/06)   fuminmin さん
南のバローロは、タウラジかアリアニコなんだあ、初めてききました。
私は南のワインが好きだから、飲み比べてもきっとバローロがペケになるな、
我ながら経済的な飲み手だと思うわあ(^o^)
(Oct 12, 2007 05:26:12 PM)

Re[1]:南のバローロ(10/06)   プレッツェーモロ さん
fuminminさん
南のバローロって言葉、イタリアの記事ではよく見かけるんですよ。バローロとタウラージを飲み比べるってのも面白そうですねー。
私もバローロは最近ごぶさただなあ。つーか、高いワインはどこ産でもごぶさただあ。
(Oct 13, 2007 06:27:35 AM)


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.