10051572 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

ろー・ふぁーむ・かるぴお by pridegreen

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天プロフィール


pridegreenさん

赤い暴走特急

フォローする


■ 趣味・関心キーワード
カープ  オーナーズリーグ 

カレンダー

ランキング市場

サイド自由欄


スキマ時間でお小遣いを稼ごう!

ポイントサイト

{ モバトク - MOBATOKU - }



★ 業界最高水準のポイント還元率! ★


初心者でも
★ カンタンにポイントが貯まる! ★


★ 会員数100万人以上が ★
利用しているから安心!


貯めたポイントは
★ 現金やAmazonギフト券に ★
交換できる!




モバトクで

♪ポイントを貯める方法はたくさん♪




◆無料ゲーム◆

ゲームで遊ぶだけでポイントが貯まる!

条件をクリアすると
ボーナスポイントがもらえる★



◆アンケート回答◆

カンタンな質問に答えるだけで
ポイントGETできる!



◆広告クリック◆

バナーをクリックするだけで
ポイントが貯まる!

毎日ポイントがもらえる
ラッキーコンテンツ♪



◆無料の会員登録やカード発行◆

無料でできる広告がたくさん!
種類も豊富!

色々試してみよう★




貯めたポイントは

現金やAmazonギフト券、
iTunesCardに交換できる!

ポイント交換先もたくさんあるから便利♪




▼▽▼登録はカンタン1分!▼▽▼

さっそくお小遣いを稼ごう!

http://pc.mtoku.jp/lp/startup/?f=rbf&u=1286581
2008.03.01
XML
カテゴリ:紫の蹴球
14年前の,クリスタルカップ破損の呪いが,ようやく解けた。

試合内容は,ほめられたものとは言えない。相も変わらず課題だけは山積している。そして,90分勝負では勝っていないということもまた事実だ。しかし,結果として賞金3000万円のタイトルを手にしたのだ。

今日だけに関しては勝ったということに最大の意義がある星

たぶん今日の結果を認めたくない三流スポーツプレスの手で,アントラーズをかばうために,この試合はエキシビションの延長でしかないような扱いにされるかもしれないが,そもそものこの大会のコンセプトはいうまでもなく王座統一戦だ。つまり,

少なくとも現時点においてはサンフレッチェこそが真の王者なのだ大笑い。 誰が何と言おうとそう言い切ってやる。

でも,正直な話,事前情報,そして今日のスターターを見た時点では,まさに悲惨な玉砕戦を覚悟していた。かつて第二次世界大戦で愚鈍な戦争指導者により補給を絶たれた状況で,三八式歩兵銃一つで栄養失調の歩兵が突撃していった,あの姿が再現されるのではないかとも思っていた。事実,そうなりかけた。しかし,一人の男が救った。彼こそ今日のMVPだ。その名は

ステパン・ユキッチ星

とにかく,ボールあるところにユキッチが現れていた。アントラーズが自陣からボールを展開しようとしても,ユキッチがプレスをかけると,ボールは前線に運ばれなかった。今はまだ90分出られるコンディションではないのかもしれないが,間違いなくこの男はチームにフィットしてきっと危険な存在になるハート。そう断言してよいと思う。そして,ユキッチが入ったことにより,思わぬ相乗効果が現れた。そう,久保竜彦にかつての動きが甦ったのだ。久保・ユキッチのホットラインは,チームの局面打開の重要な攻撃オプションになりうることが証明された,そういっていいと思う。

そして,もう一人のヒーローは,もちろんPK職人木寺浩一だろう。確かに,自分の体では止めていない。しかし,かつて結成初年度の京都パープルサンガの守護神としてPK職人の名をほしいままにしたものの,その後アマチュアチーム(ルミノッソ狭山)に転身するなどの苦汁をなめ,ようやくアルビレックスでお呼びがかかったと思えばまた控え,サンフレッチェでも常に下田の控えという立場からつかんだ大舞台のゴールマウス。彼の体からは,絶対ゴールを割らせないというオーラが満ちあふれていた。その木寺のオーラがボールをゴールマウスからはじいたのだ。木寺の気迫がアントラーズを圧倒したのだ。そう確信している。

木寺といえば,ペナルティエリアでキャッチしたところに詰めてきた小笠原に,前線へのスローイングの動きの中で絶妙な右エルボーをお見舞いするという一幕もあった。木寺は何食わぬ顔をしていたが,小笠原の表情が明らかにゆがんでいたから,ファウルを取られない程度に命中していたのだろう。いや,彼だけではない。今日も縦横無尽にディフェンスを統率していたストヤノフは,ファウルを受けたあと,型どおりににやつきながら手を差しだそうとしたアントラーズの選手の手を払いのけた。これまでのサンフレッチェには,こういう表に出して気迫を示す行動が足りなかったような気がする。Jの舞台は,国際試合にも匹敵する戦場だ。J2の長丁場でも,単に美しいサッカーをやるだけではなく,何が何でも相手をたたきのめすという意思表示をプレイで明確にしてほしい。それが,J2を圧倒的な実力差で制覇する近道だと思う。

余談だが,今日の試合の陰のMVPはもちろん曽ヶ端準君だ。レギュラーなり立てでもあるまいし,国際Aマッチ経験もある彼がPKのやり直しを3度も取られるということ自体前代未聞の赤っ恥だ。彼は相当レフェリーに文句を付け,試合後アホなサポーターがグランドに乱入するという一幕もあったが,最初のやり直しのときに,レフェリーの癖を見抜いて修正できなかった曽ヶ端が一番悪い。彼は二度とA代表に呼ばないほうがいい。

とにかく,今日の結果には自信を持っていいと思う。しかし,来週にはJのリーグ戦が始まる。それまでに課題を修正して,コンディションの悪い選手を回復させ,リーグ戦を戦うだけのチーム体力を付けなければならない。リアル王者を相手にする格下のチームともどもが,恥も外聞もない専守防衛かつ隙を見てテポドン一発のスタイルのサッカーをやってくる可能性があるのだから。

V・I・C・T・O・R・Y!!!
bana
にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へSIGMA People

↑ポチッと,クリックしていただけると励みになります。よろしくお願いします。


なかのひと





楽天SocialNewsに投稿!

最終更新日  2008.03.01 20:39:34
コメント(11) | コメントを書く
Powered By 楽天ブログは国内最大級の無料ブログサービスです。楽天・Infoseekと連動した豊富なコンテンツや簡単アフィリエイト機能、フォトアルバムも使えます。デザインも豊富・簡単カスタマイズが可能!

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.