12673912 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ろー・ふぁーむ・かるぴお by pridegreen

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


pridegreen

カレンダー

ランキング市場

サイド自由欄


スキマ時間でお小遣いを稼ごう!

ポイントサイト

{ モバトク - MOBATOKU - }



★ 業界最高水準のポイント還元率! ★


初心者でも
★ カンタンにポイントが貯まる! ★


★ 会員数100万人以上が ★
利用しているから安心!


貯めたポイントは
★ 現金やAmazonギフト券に ★
交換できる!




モバトクで

♪ポイントを貯める方法はたくさん♪




◆無料ゲーム◆

ゲームで遊ぶだけでポイントが貯まる!

条件をクリアすると
ボーナスポイントがもらえる★



◆アンケート回答◆

カンタンな質問に答えるだけで
ポイントGETできる!



◆広告クリック◆

バナーをクリックするだけで
ポイントが貯まる!

毎日ポイントがもらえる
ラッキーコンテンツ♪



◆無料の会員登録やカード発行◆

無料でできる広告がたくさん!
種類も豊富!

色々試してみよう★




貯めたポイントは

現金やAmazonギフト券、
iTunesCardに交換できる!

ポイント交換先もたくさんあるから便利♪




▼▽▼登録はカンタン1分!▼▽▼

さっそくお小遣いを稼ごう!

http://pc.mtoku.jp/lp/startup/?f=rbf&u=1286581
2010.03.28
XML
カテゴリ:今日のカープ
ゲームセットの瞬間は映像にも音声にも接していないのだが,それを示す文字列が目に入ったとき,もはや怒りも悲しみも湧いてこなかった。あたかも白鵬が日馬富士を破って全勝優勝を決めた一番のごとく,至極当然のことと淡々と受け止めざるを得なかったのである。

もはや,今日の試合については,語る気力を持たない。ただひとつ言えるとすれば,当たり前に勝てる試合だった,普通のチームなら大量点を取って楽逃げできた試合だった,けれどもそれを落としたという,厳粛なる事実を実感させられたということのみである。

とにかく,ドラゴンズは次から次へとミスの連鎖を起こしてくれていたのである。それもかなり致命的な結果につながりかねないミスを。確かにそれを基点として点は取ったのだが,明らかに点を取り足らなかった。もっと点が取れたはずだった。それができなかったのは,カープがそんな不労所得などいりませんとばかりに熨斗を付けて返した挙げ句,逆にそれにお付き合いして次から次へミスをしでかしたからに他ならない。開幕3戦目で,早くもこんな試合を見せつけられたことが,悲しすぎるほど悔しくて虚しいのである。

非常に残念なことだが,昨日の惨敗を受けて,今日の試合は意地でも負けてはならないんだという気持ちにチーム一丸としてなっていたかと言われれば,正直答えに詰まる。死にものぐるいで戦っている姿には,やはり見えなかったとだけ告白しておく。最後の最後で致命的なエラーをやらかした東出。明らかにマークされて打撃の調子を崩している天谷。オープン戦終盤の失速をそのまま引き継いでいるフィオレンティーノ。そしてヒューバー。今日はドラゴンズに勇気を与える併殺打と横山の心を折れさせたイージーミス。彼のせいで,いったい何点のロスをしたことか。あまりにもお粗末だ。やっぱり開幕戦のマルチヒットは何かの間違いだったのだろうか。そう思うと本当に悲しくなる。

そして篠田。見ていて情けなくなった。こんな調子のピッチャーが開幕ローテーションに入らざるを得ないのである。点を取ったら即相手に点を許してしまう,オープン戦,いや対外試合初戦の練習試合から続いている悪い癖。やっぱり,先週のホームゲームでのオープン戦最終戦の姿こそが彼の現状の調子に他ならないということだ。はっきり言ってこんなピッチングは二度と見たくないから即刻由宇に行ってほしい。ファームで結果を出した選手を使ってダメだったほうが,まだすっきりする。

はっきり言って,今日の試合で見せつけられたものは,いかに現状のカープは投打とも戦力が足らないかという残酷なる現実である。開幕からしばらくは相当厳しい戦いが予想されることは覚悟していたが,これでは厳しい戦いなんてもんじゃない。あえて言うなら「独自の戦い」だ。(この言葉のニュアンスは,分かる人にだけ分かっていただければそれでいい。選挙の情勢分析をお読みになる方なら分かってくれるはずだ。)これでは,カープファンをやっていくのも相当の覚悟を強いられることになるかもしれない。まあ,スクワットだけやって贔屓の選手の顔だけ見られればいいファンには関係ないことかもしれないが。

明後日にはホームでの開幕戦が行われ,ネコとウサギを相手に6連戦をやるわけだが,正直言って悟りの境地か諦観か悲壮なる覚悟にないと,その試合を正視することすらできそうにない。何と言っても,どうやったら勝てるかというシミュレイションが浮かんでこないのだ。ゴールデンウイークの書き入れ時になるまでに,あといくつ勝てるだろうかと考えると,もはや溜息しか出ない。

それでも,前を向いて戦わねばならないのである。1979年など開幕4連敗で,5月下旬まで低空飛行を続けながら優勝して日本一になったのである。下を向くには早すぎる。負けて悔しければ明後日から本当に死に物狂いで戦ってみろ,相手を喰い殺す気魄をもって戦ってみろと,今は言うしかない。それができなければ,やはりカープは闘争心を失った永遠の負け犬に成り下がってしまう。今はその分岐点にあると言って差し支えないだろう。

まあ,逆説的にいうなら,ひとつだけよかったことがある。それは,

これで絶対にフロントはルイスの穴を埋めるべき新外国人投手の補強をサボれなくなったこと である。

もし,この現状に鑑みてさえ,やっぱりできませんでしたと言ってきたなら,カープファンは総蹶起して松田元の退陣を求めるべきである。ここまでカープが落ちぶれたことによって受けたカープファンの積年の悲しみ恨み辛みは,もはや血で購ってもらうしかないというべきである。

とにかく,今日は失望した。いったい我々カープファンは何に明るい光を求めればよいのだろうか。それこそ松田元の思惑通り,「そこにカープがあること」だけなのだろうか。それもまた悲しいことだ。

それでもなお撃ちてし止まむ。必勝!
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログへにほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへBlogPeople

↑ポチッと,クリックしていただけると励みになります。よろしくお願いします。


なかのひと






最終更新日  2010.03.28 21:07:02
コメント(39) | コメントを書く
[今日のカープ] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.