13596768 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ろー・ふぁーむ・かるぴお by pridegreen

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


pridegreen

Calendar

Free Space


スキマ時間でお小遣いを稼ごう!

ポイントサイト

{ モバトク - MOBATOKU - }



★ 業界最高水準のポイント還元率! ★


初心者でも
★ カンタンにポイントが貯まる! ★


★ 会員数100万人以上が ★
利用しているから安心!


貯めたポイントは
★ 現金やAmazonギフト券に ★
交換できる!




モバトクで

♪ポイントを貯める方法はたくさん♪




◆無料ゲーム◆

ゲームで遊ぶだけでポイントが貯まる!

条件をクリアすると
ボーナスポイントがもらえる★



◆アンケート回答◆

カンタンな質問に答えるだけで
ポイントGETできる!



◆広告クリック◆

バナーをクリックするだけで
ポイントが貯まる!

毎日ポイントがもらえる
ラッキーコンテンツ♪



◆無料の会員登録やカード発行◆

無料でできる広告がたくさん!
種類も豊富!

色々試してみよう★




貯めたポイントは

現金やAmazonギフト券、
iTunesCardに交換できる!

ポイント交換先もたくさんあるから便利♪




▼▽▼登録はカンタン1分!▼▽▼

さっそくお小遣いを稼ごう!

http://pc.mtoku.jp/lp/startup/?f=rbf&u=1286581
2010.04.08
XML
カテゴリ:今日のカープ
もう,序盤の戦いぶりは,正直言ってげんなりした。とにかく,石川に要所を押さえられて点が取れず,とにかくマウンドで前田健太孤立無援状態だったからである。とにかく,9回まで無失点で乗り切ってくれと願ったくらいである。

しかし,その閉塞感を切り裂いたのは,またしても前田健太のバットだった。

クリーンアップに1割台が並ぶ赤ヘル打線において,まさに現在カープ最強と言うべき打棒は,今日もいかんなく発揮された。先制点のきっかけとなった二塁打。そして梵の犠牲フライで本塁突入の際の魂の走塁。そして7回,石原の二塁打の直後にチャンスを切り開いたヒット。まさに前田健太のバットが魔法の杖のようにヒットを紡ぎ出し,そこから必ず点になったのである。そして投げては堂々の8回無失点。なんの文句のつけようがあろうか。昨日の試合で渦巻いていた暗闇を,負のスパイラルを引きずりかけていたチームを,まさに魔術のごとく空気を変えたのである。

圧巻はやはり7回表だろう。前田健太のヒットで1,3塁となり,東出のバットがへし折られた打球はスワローズをあざ笑うかのように前進守備の一・二塁間を抜け,石川から変わった松岡は梵にぶつけてしまい,二死となって,神宮では快音どころかおよそヒットになりそうな打球すら出ていなかった栗原。案の定低めの変化球にバットはついて行っていなかったのだが,勝負どころで松岡はど真ん中高めにストレートを投じてしまったのである。ここで,湿りきっていた栗原のバットがついに快音を発し,打球はレフト線に飛んでいったのである。そしてこの一打がスワローズの心を折れさせ,勝負は決した。

今日のRCC中継解説のジョニ黒が曰く,「前田健太は楽しそうに野球をやっている」と。確かに,投げる姿,打つ姿,いやグラウンドの上での立ち居振る舞いから,野球が大好きだというオーラにあふれているのである。まさに野球の申し子という言葉がふさわしいし,やはり今日もこのお約束の呪文を唱えずにはいられない。

「やっぱり前田健太は神の子だ。」

これで,赤ヘル軍団は今シーズン初めてカード勝ち越しを,しかもカープとは逆に3カード連続で勝ち越していたスワローズから挙げたのである。とにかく,今のカープの現状を鑑みるに,チームの勢いを一気に加速するような大連勝をするとは思えないから,まだ始まったばかりのこの時期に,地道にカードひとつずつでも借金を返していくしかない。その意味では,とにかく今日は勝ってよかった。その一言である。これで少しだけでも士気を上げて横浜に乗り込んでいけることだろう。そう信じたい。

とはいえ,楽観ばかりはできない。アルバラードが果たして中5日でどれだけ投げられるのか,ホームのジャイアンツ戦でオープン戦から懲りずに同じような打たれ方をして崩れた小松にもうひと機会与えるのか,そしてこの3連戦中必ず生じるローテーションの谷間を,誰で埋めるのか。こと投手陣に関しては,あまりにも不安要素が多すぎる。ベイスターズの打線をうっかり乗せてしまうと,.300を越えるに打率にお目にかかれない極貧赤ヘル打線では,太刀打ちできないのは明白だからである。

あえて期待をするなら,現在の規格では両翼も94メートルと狭く,センターも実測118メートル前後,しかもふくらみのない右中間左中間で,かつバッターから見て打ち下ろしになる横浜スタジアムで,バットの芯でとらえた,いやこすったような打球でもいいから,スタンドに気持ちよく入ってくれる,あるいはフェンス直撃の打球が出てくれることである。これでもしヒューバーやフィオレンティーノに,そして悩める栗原天谷に気持ちよく長打が,そしてホームランが出てくれれば,一気に打線も勢いを加速してくれるかもしれない,と妄想をふくらませるしかないのである。

とにかく,今日の勝ちを台無しにしてほしくない。横浜では,もっともっと熱く激しいプレイが出ることを期待したい。少なくとも,借金をひとつでも返そう。粘り抜いて目先の1勝を取りに行こう。

グラウンドに斃れた木村拓也の無念を共有し,彼の持っていた熱い魂をプレイに込めよう。

我々カープファンは,それを期待し,それを祈るしかない。

とにかくこつこつと勝ちを積み重ねるしかない。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログへにほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへBlogPeople

↑ポチッと,クリックしていただけると励みになります。よろしくお願いします。


なかのひと






Last updated  2010.04.08 21:55:10
コメント(40) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.