10355122 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

ろー・ふぁーむ・かるぴお by pridegreen

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天プロフィール


pridegreenさん

赤い暴走特急

フォローする


■ 趣味・関心キーワード
カープ  オーナーズリーグ 

カレンダー

ランキング市場

サイド自由欄


スキマ時間でお小遣いを稼ごう!

ポイントサイト

{ モバトク - MOBATOKU - }



★ 業界最高水準のポイント還元率! ★


初心者でも
★ カンタンにポイントが貯まる! ★


★ 会員数100万人以上が ★
利用しているから安心!


貯めたポイントは
★ 現金やAmazonギフト券に ★
交換できる!




モバトクで

♪ポイントを貯める方法はたくさん♪




◆無料ゲーム◆

ゲームで遊ぶだけでポイントが貯まる!

条件をクリアすると
ボーナスポイントがもらえる★



◆アンケート回答◆

カンタンな質問に答えるだけで
ポイントGETできる!



◆広告クリック◆

バナーをクリックするだけで
ポイントが貯まる!

毎日ポイントがもらえる
ラッキーコンテンツ♪



◆無料の会員登録やカード発行◆

無料でできる広告がたくさん!
種類も豊富!

色々試してみよう★




貯めたポイントは

現金やAmazonギフト券、
iTunesCardに交換できる!

ポイント交換先もたくさんあるから便利♪




▼▽▼登録はカンタン1分!▼▽▼

さっそくお小遣いを稼ごう!

http://pc.mtoku.jp/lp/startup/?f=rbf&u=1286581
2010.05.26
XML
カテゴリ:今日のカープ
やはり,正視に堪えない試合になってしまった。

同じプロフェッショナルとして野球の興業をすること自体,もはや敗退行為としか言いようのない試合だった。

もう完全に,何もかも,野球の質の違いを見せつけられて惨敗した。それがすべてである。

とにかく,マリーンズのバッターとカープのバッターとを比べて,振りの鋭さも打球の質も違いすぎるのである。だからこそマリーンズのバッターはいとも簡単にスタンドに放り込み,カープのバッター,しかもサウスポーのマーフィー対策で並べたはずの右打者が,廣瀬を除いて見事なまでにバットがくるくる回り走者を置いては併殺打と,ぼろぼろにされてしまったのである。これでは野球にならない。まともに相手と組み合って戦えようもない。

もうはっきり言って,誰のせいでこうなったかと言うことを詮索することが無意味であると言えるくらい,個の力も,そして組織の力も何もかも埋めがたい大きな差があったと言うべきなのである。要するに,

弱いのである。弱すぎるのである。

なんでこうなってしまったのか。確か昨年はマリーンズとのホームゲームでは対等に組み合って戦えたはずなのである。それが今年はもう完全な力負けである。やはり,何かを間違えたからと言わざるを得ない。補強をサボり,育成を怠り,勝利というものに対して貪欲に向かっていくだけの成功体験もなく,これでは勝てようもない。問題は,誰がこのチームをそうしてしまったかである。それに対する不断の問いかけを続けなければ,永遠にこのチームは変わりはしない。

とにかく今残るものは,やりきれないまでの無常感である。走攻守,何を取ってもレベルが全然違いすぎるところを見せつけられて,全く言葉が出てこない。カープのピッチャーはバッティングピッチャーのようにぽんぽんと気持ちよく打たれ,カープのバッターはマリーンズの谷間の先発投手に手も足も出ないのである。まったく,この試合が勝てそうな予感がまるでなかった。そして,これがよかったという見所すらなかった。唯一の希望の光はソリアーノくらいのものである。これじゃ,どうしようもない。

1-9。この得点差以上に,いかにこのチームはだめで本当にどうしようもないかということをまざまざと見せつけられたのである。それ以上に,なんの言葉があるだろうか。二十数年前に黄金時代を築いたはずのカープというチームは,その貯金を使い果たし,ぼろぞうきんのようにうち捨てられるチームと成り下がったのである。そして,その現状を誰も疑問に思わず,誰も怒りを発しないのである。私はその方が,よっぽど絶望的に思えるのである。

しかし,腹立たしい。物狂おしいほど腹立たしい。今日の試合,確かに力の差を見せつけられたとはいえ,抵抗のしようもなかったのか,組織として相手を崩しにいこうというファイティングポーズくらい見えられなかったのかと,本当に腹立たしいのである。これはやはり,選手の差も大きいけれども,首脳陣の器量の差があまりにも違いすぎるといわざるを得ない。無策。あまりにも無策。腹立たしいほど無策。そのくせ責任だけは選手に転嫁して自分は逃げるという「切り札」と言われた監督。

「切り札」というのは松田元に忠実な番犬という意味だったのか。

そう解釈すれば,すべての辻褄は合う。そして多くのカープファンはこれを受け入れているのだろう。私には信じがたい世界である。

明日は前田健太の先発が予想される。結局,前田健太にすべておんぶにだっこという体質はいつまでたっても変わらないのである。しかし,マーフィーにくるくるバットが回った打線が成瀬を打てるだろうか。明日もまた残酷なる光景を見せつけられるに違いない。

それでもなお明日からもまた撃ちてし止まむ。必勝!
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログへにほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへBlogPeople

↑ポチッと,クリックしていただけると励みになります。よろしくお願いします。


なかのひと


(後記)

旧・広島市民球場の解体に反対する動きが,始まります。

「(旧)広島市民球場フォーラム」

来る5月30日には,「(旧)広島市民球場宣言 宣言式」が行われるようです。






最終更新日  2010.05.26 21:13:22
コメント(56) | コメントを書く
[今日のカープ] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.