10566437 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【ログイン】

ろー・ふぁーむ・かるぴお by pridegreen

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

楽天プロフィール


pridegreenさん

赤い暴走特急

フォローする


■ 趣味・関心キーワード
カープ  オーナーズリーグ 

カレンダー

ランキング市場

サイド自由欄


スキマ時間でお小遣いを稼ごう!

ポイントサイト

{ モバトク - MOBATOKU - }



★ 業界最高水準のポイント還元率! ★


初心者でも
★ カンタンにポイントが貯まる! ★


★ 会員数100万人以上が ★
利用しているから安心!


貯めたポイントは
★ 現金やAmazonギフト券に ★
交換できる!




モバトクで

♪ポイントを貯める方法はたくさん♪




◆無料ゲーム◆

ゲームで遊ぶだけでポイントが貯まる!

条件をクリアすると
ボーナスポイントがもらえる★



◆アンケート回答◆

カンタンな質問に答えるだけで
ポイントGETできる!



◆広告クリック◆

バナーをクリックするだけで
ポイントが貯まる!

毎日ポイントがもらえる
ラッキーコンテンツ♪



◆無料の会員登録やカード発行◆

無料でできる広告がたくさん!
種類も豊富!

色々試してみよう★




貯めたポイントは

現金やAmazonギフト券、
iTunesCardに交換できる!

ポイント交換先もたくさんあるから便利♪




▼▽▼登録はカンタン1分!▼▽▼

さっそくお小遣いを稼ごう!

http://pc.mtoku.jp/lp/startup/?f=rbf&u=1286581
2017.07.13
XML
カテゴリ:今日のカープ
オールスターブレイクまでの成績,52勝29敗2分け,貯金23,勝率.642。2位とのゲーム差8ゲーム,3位とは10.5ゲーム。この数字だけを見たら,とりあえずケチのつけようがない。立派な成績である。正直オープン戦の段階では今シーズンの帰趨を本気で心配していたのだが,今のところそれは杞憂に終わっているのはよいことである。

まあ,いたずらに安心理論に乗っかるわけではないが,連覇の可能性は極めて高いものになったと言うべきである。理由はひと言で言えば,2位以下,早い話がCS進出圏内が団子レースになっていることである。今のところ4位ドラゴンズまでは圏内,5位ジャイアンツも今後の成績次第では可能性ありというべきだが,首位にいるチームにとって2位以下が団子になって追いかけてくることほど楽なものはないのである。言うまでもなく,追いかけてくるチーム同士で星のつぶし合いをしなけければならないのであって,それはまさに首位のチームにとっては高みの見物以上でも以下でもないのである。だから,団子が大きくなればなるほど,逃げる立場としては楽なのだ。

昨年は追いかけてくるチームがジャイアンツだけだったので,夏場に一時期ゲーム差を詰められかけた。いや,思い起こすべきは1996年。あのときははっきり言って特定球団がジャイアンツに対して無気力とも取れる野球を繰り返したからこそあんなことが起こったのであって,少なくとも今年はそう言うことが起こる可能性は極めて低い。ある意味CS制度の恩恵とも言えるのである。

だからといって,今後の戦いが楽になるという保証は何もない。むしろ,今こそ締めてかからないと今後何が起こるかは分からない。だから,まだカープの連覇に当確を打つ気にはなれない。正直言って,不安材料はある。

まず投手陣。ここに来てジョンソンと野村が調子を取り戻してきたのはいいことなのだが,問題はここまで投手陣を引っ張ってきた薮田と岡田の今後の調子いかんである。二人とも,先発ローテーションで一年を全うした経験がない。その意味ではこれからの盛夏戦線をどう乗り切れるかは未知数だからである。この二人が思うように勝てなくなったときに救世主が現れるかが浮沈の鍵を握ると思っている。

攻撃についていうならば,やはりタナキクマルセイヤにかかるウェイトが大きい分だけそこがアキレス腱となるのもまた真なりなのである。この4人が分断されたときにいかに得点能力が落ちるかというところは今シーズンだけでも散々結果として出て来たところである。それを補ってきたのが下位打線,松山でありブラッドであり安部であり,そして新井さんなのだが,彼らが調子を下げてくるととたんに苦しくなる。ここに割って入ってくるだけの選手が出てくるかどうかが,後半戦に思うように点が取れるかどうかを左右するものと思う。

その意味では,ほんとうにひと夏の輝きでもいいから盛夏戦線をかき回す夏男がほしい。その候補となり得るのは,投手では福井と祐太,野手では岩本と堂林,ではないかとひそかに期待している。そして,うまく使ってほしい飛び道具が言うまでもなくシャビエル様だ。投手では敢えて加藤の名前を挙げておきたい。暑くなってくれば力を出すタイプではないかという気がしてならないのである。

あとは,ほんとうにメグの差配次第である。メグがうまく立ち回っていれば勝てていた試合もあるだろうというのが偽らざる思いだ。正直なところ,細かいところは高や河田や琢朗や東出に任せて,どんと座っておけばいいのではないかと思う。そのくらい腹をくくったら,選手もこの監督を胴上げしようという気持ちが強くなるのではないか。ただ,去年は黒田と新井のためにというモチベイションがあったのに対し,今年はそういう求心力がなくてもそれなりの成績を残しているということは,メグもそれなりに成長したと言えるのかもしれない。少なくとも同じ間違いを何度も繰り返してチームを焼け野原にした前任者よりはましだ。

実は「赤松のために」だったりして。

まあなんでもいい。後半戦も前半戦を凌駕する勢いで勝ち進んでほしい。気の早いカープファンはもう連覇モードになっているようだが,まだまだ,緩めるには早いと思う。今だからこそ,「一点やってはいけないよ,今は締めるとき」なのである。

今こそ締まっていこう。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログへにほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへBlogPeopleにほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へSIGMA People

PVアクセスランキング にほんブログ村

(告知)
姉妹サイト「ろー・ふぁーむ・かるぴおANNEX」もよろしくお願いします。

なお,今夏開催予定の「和装オフ会」に興味のある方はこちら,またはこちらから。






最終更新日  2017.07.13 22:46:25
コメント(2) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.