12232039 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ろー・ふぁーむ・かるぴお by pridegreen

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


pridegreen

Calendar

Rakuten Ranking

Free Space


スキマ時間でお小遣いを稼ごう!

ポイントサイト

{ モバトク - MOBATOKU - }



★ 業界最高水準のポイント還元率! ★


初心者でも
★ カンタンにポイントが貯まる! ★


★ 会員数100万人以上が ★
利用しているから安心!


貯めたポイントは
★ 現金やAmazonギフト券に ★
交換できる!




モバトクで

♪ポイントを貯める方法はたくさん♪




◆無料ゲーム◆

ゲームで遊ぶだけでポイントが貯まる!

条件をクリアすると
ボーナスポイントがもらえる★



◆アンケート回答◆

カンタンな質問に答えるだけで
ポイントGETできる!



◆広告クリック◆

バナーをクリックするだけで
ポイントが貯まる!

毎日ポイントがもらえる
ラッキーコンテンツ♪



◆無料の会員登録やカード発行◆

無料でできる広告がたくさん!
種類も豊富!

色々試してみよう★




貯めたポイントは

現金やAmazonギフト券、
iTunesCardに交換できる!

ポイント交換先もたくさんあるから便利♪




▼▽▼登録はカンタン1分!▼▽▼

さっそくお小遣いを稼ごう!

http://pc.mtoku.jp/lp/startup/?f=rbf&u=1286581
2019.04.18
XML
カテゴリ:今日のカープ
実は私,オープン戦からのカープの戦いぶりを分析して,ある因果律に基づく必勝理論を見出している。現時点ではまだ仮説の段階に過ぎないが,これが証明されればカープの4連覇は間違いなしといっていいくらいである。

といってもそんなに難しいものではない。ベンチにある要素Xが加わるだけでカープの勝率は実に7割近くになる。ところが,そのXを阻害する因子であるYがカープには内在するのであって,それゆえXが加わらないと勝率はたちどころに3割を切ってしまう。だから,カープの反転攻勢のためには,その阻害因子Yの消除もしくは無力化が必要になる。実に簡単だ。

などといってもたぶん誰も信じてくれない話なのであって,まあゼンジー北京の前振りとあまり変わらないのであるが,この仮説はあながちでたらめなものではない。実は要素Xとは小園海斗であり,要素Yはいうまでもなく緒方孝市である。オープン戦以来,小園がベンチに入った試合は9勝4敗4分けにたいし,小園がベンチにいない試合は4勝12敗である。名付けてこれを「小園の呪い」…と,言ったところで,もちろん鼻で笑われるのが落ちである。実際,いくら何でも現状では因果律の流れを説得的に証明することは無理である。

そんなことは,いくら何でも分かりきっていることだ。それに,今日の本題は緒方を切れでも小園を使えでもない。

少しでも,そしてLiberal artsとしてでも科学をかじった人であれば,今や自明とされているあらゆる法則というものは仮説→検証の繰り返しから生じたものであることは説明するまでもないだろう。しかし,その「仮説」の発想のためには,これまでの常識を打ち破る発想が必要であることもまた真理である。万有引力の法則然り。今や人工衛星を筆頭として物理学の発展にはなくてはならないものであるが,まあニュートンがリンゴが落ちるのを見て着想したという逸話を信じるかどうかはともかくとして,そもそも引力は目に見えないものである。それがおよそものと言うものを全て規律するというところまで発想を広げるには,従来の常識にとらわれない発想が必要だ。

まだ万有引力の法則は比較的目に見えやすいから良いが,「常識にとらわれない発想」で発展したもっともたるものは地動説だろう。これが証明されたからこそケプラーの法則を筆頭に惑星に関することが徐々に解明されたのであるが,これが受け入れられるまでにどれほどの困難があったかはガリレオ=ガリレイの伝記を持ちだすまでもなかろう。

ましてである。すでに我々を取り巻く世界が全て自明の法則で分かるということは,CHAOSの発見で否定されつつあるのである。これを語るには私は知識が薄すぎるので,深入りできるところではないが,あえていうとすれば,プロ野球というスポーツなんて,ましてペナントレースなんて,壮大なCHAOSではないか。王貞治が9人いても,金田正一が9人いても,福本豊が9人いても,たぶん優勝することは難しいだろう。あたかもノコギリが何十本あっても家を建てることはできないがごとく。

だからである。壮大なCHAOSの中にあるプロ野球を語るのに,今通用している常識に縛られることなど,非常につまらないことだと思う。ましてカープの現状は解明困難なCHAOSのようなものではないか。しつこいようだが,いまだからこそ自由な発想,型破りな発想,異端と言ってもいい発想,すなわち私の言う「アホな発想」が必要なのである。

ちょっとばかりものを知ってるかのような型にはまった発想なんて糞食らえ。そんなんじゃ今のカープは救えない。異端と呼ばれることを誇りに思おう。みんなで「アホ」になって知恵を出し合おうではないか。すぐに法則性が見いだせる保証はないが,湯川秀樹先生の「中間子理論」やアインシュタインの「一般相対性理論」のように時間がかかっても真理に到達すればよいではないか。

さあ,明日からはハマスタで苦い水を飲まされたベイスターズ相手だ。特に明日の哲人今永は手強い。,シャビと松山が指名練習で特打ちをしたそうだが,これは常識の範囲内の作戦である。いまだからこそ,「アホな発想」で今永を崩すことが必要なのである。さて,緒方の采配やいかに。

「アホな発想」がセ界を変える。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログへにほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへBlogPeopleにほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へSIGMA People

PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  2019.04.18 22:06:19
コメント(4) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.