12555281 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ろー・ふぁーむ・かるぴお by pridegreen

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


pridegreen

カレンダー

ランキング市場

サイド自由欄


スキマ時間でお小遣いを稼ごう!

ポイントサイト

{ モバトク - MOBATOKU - }



★ 業界最高水準のポイント還元率! ★


初心者でも
★ カンタンにポイントが貯まる! ★


★ 会員数100万人以上が ★
利用しているから安心!


貯めたポイントは
★ 現金やAmazonギフト券に ★
交換できる!




モバトクで

♪ポイントを貯める方法はたくさん♪




◆無料ゲーム◆

ゲームで遊ぶだけでポイントが貯まる!

条件をクリアすると
ボーナスポイントがもらえる★



◆アンケート回答◆

カンタンな質問に答えるだけで
ポイントGETできる!



◆広告クリック◆

バナーをクリックするだけで
ポイントが貯まる!

毎日ポイントがもらえる
ラッキーコンテンツ♪



◆無料の会員登録やカード発行◆

無料でできる広告がたくさん!
種類も豊富!

色々試してみよう★




貯めたポイントは

現金やAmazonギフト券、
iTunesCardに交換できる!

ポイント交換先もたくさんあるから便利♪




▼▽▼登録はカンタン1分!▼▽▼

さっそくお小遣いを稼ごう!

http://pc.mtoku.jp/lp/startup/?f=rbf&u=1286581
2019.10.16
XML
カテゴリ:今日のカープ
いよいよドラフト会議を明日に控えて,さあ果たしてカープの立ち回り方や如何と書きたいところであったが,あっけなくカープは今日明治大学・森下暢仁投手で行くと言うことを公表した。

これについてはおそらく賛否両論あるところだろうし,私は佐々木または奥川,西で行くべきだという見解は変わらないが,敢えてこれについての私の見解を述べるならば,蓋しこれは佐々岡の焦りの産物であると思う。佐々岡の目には来シーズンしか見えていないのであって,中長期的な戦略という視点が決定的に欠けていると思料する。

もちろん誤解のないように言っておくと,森下は十分魅力的である。しかし,5年後10年後という観点からすると,明らかに今シーズン目玉商品はは佐々木と奥川なのである。そのくらい佐々岡だって分かっているだろう。にかかわらず来シーズンの取れ高がよいと思われる森下を選んだのは,佐々岡にとって来シーズンの成績が自らの存在意義と実際の契約にかかわると踏んだからではあるまいか。まあ,もちろん1位入札を公言しただけであって,森下がそのまま獲得できる保証はないので,これから先の話は,ドラフト後にしたいと思う。

さて,私の見立てからすると,今回のドラフト,カープは手っ取り早く一軍で出られそうな大学。社会人(含独立リーグ)選手を中心に指名しそうな気がする。しかし,今年のドラフト戦線を見るに,やはり中心は将来有望な高校生で行くべきであると思う。これだけはウェーバー順の妙味もあるだろうから必ずしも断言できないところではあるが。

それと,まがりなりにももの知らぬファンが胸を張って「カープは育成球団である」と言えるようにするためには,客観的外形を整えておく必要があるだろう。蓋し,本格的三軍制を取らなければならない。そのためには,育成選手を相当数指名しておく必要ありと思料する。それでないと嘘だ。え?「育成球団」って進取の精神に金をかけないことの言い訳だったっけ?

話が逸れた。というわけで,下位指名から育成あたりで面白そうな選手を挙げて,このシリーズの終わりとしたい。

地元から攻めるというならばJR西日本・佐藤直樹外野手がいい。ただし評価が上がっているので上位に繰り上がる可能性がある。内野手の補強という点では駿河総合高校・紅林弘太郎内野手を挙げておく。下位指名で面白いのは名古屋大学・松田亘哲投手だろうか。カープのスカウトも追っているようだ。

いや,育成という点で言うならば今ドラフト最大の注目は中京学院大中京高校・赤塚健利投手である。この夏の選手権でひそかな注目となった超大型投手である。「育成のカープ」とほざくならばこのくらいの素材型を取って鍛え込んでみようよ。ねえ。

明日になれば,全てが分かる。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログへにほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへBlogPeopleにほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へSIGMA People

PVアクセスランキング にほんブログ村






最終更新日  2019.10.16 21:27:06
コメント(2) | コメントを書く
[今日のカープ] カテゴリの最新記事

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


ドラフト 成功確率で行くなら大阪勢か?   ANA小園会 さん
佐々木を回避したのは、投稿したように「カープらしさ」の一端だろう。「逃げ」の一手と言うしかない。一発勝負する度胸がない。規格外の佐々木を扱う自信がなく早々に降りた、腐れフロントの敗北主義そのものだ。森下も充分好投手だとは思うが、無難に狙った大卒選手は案外なケースもチラホラ見られる。2016ドラフト5球団競合・田中正義投手のように。我がカープでは、岡田という未完の大器が未完のままだ。

腐れフロントとはいえ、決めてしまったものは覆せない。そこで狙い目だが・・・一昔前はPL学園出身者がプロ野球界を席巻していた。最近は、強豪校が全国に分散したとはいえ、大阪桐蔭と履正社の大阪勢の強さは圧倒的だ。また、プロ野球界において、大阪桐蔭と履正社出身選手が各チームの主力になっているチームがいくつもある。他校出より大物が出現する確率が高いと言えるのでは?

そこで、履正社の4番バッター井上広大を推す。右投右打の外野手。
身長187cm体重92kgという恵まれた体格から鋭いスイングで長打を放つパワーが魅力。50m走6秒3の俊足、遠投100mの強肩で身体能力抜群。元々捕手だったため、捕球してからの送球動作もスムーズ。攻守に高レベルの潜在能力溢れる期待のスラッガーだ。身体能力抜群なら内野手転向も可能だろう。

個人的には1位佐々木2位井上以外は興味がない。なぜなら、現在カープの顔であり球界の顔である選手は誠也1人だけあり、スターを作り出す作業が急務だ。奨成、小園と2年連続スター候補生は獲ったが、大物になるかどうか不明だ。ドラフトはロマンや夢を追うイベントだ。その夢から早々に撤退する球団に魅力があるはずがない。

ワンスモア。ハジメくん、消えてちょうだい。 (2019.10.16 23:23:20)

森下投手(明治大学)を一本釣り   初代・毛利元成 さん
本日、ドラフト会議が行われ広島球団はドラフト1位で森下投手(明治大)との交渉権を獲得した。一本釣りだった。私が予想した通りになった。 今まで田中投手(創価大)、中村捕手(広陵)、小園内野手(報徳)と重複、重複、重複と3回連続で指名にいっていたから今回は1本釣りが出来るならそれを優先すると思っていた。 (2019.10.17 17:40:09)


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.