13585394 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ろー・ふぁーむ・かるぴお by pridegreen

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


pridegreen

Calendar

Free Space


スキマ時間でお小遣いを稼ごう!

ポイントサイト

{ モバトク - MOBATOKU - }



★ 業界最高水準のポイント還元率! ★


初心者でも
★ カンタンにポイントが貯まる! ★


★ 会員数100万人以上が ★
利用しているから安心!


貯めたポイントは
★ 現金やAmazonギフト券に ★
交換できる!




モバトクで

♪ポイントを貯める方法はたくさん♪




◆無料ゲーム◆

ゲームで遊ぶだけでポイントが貯まる!

条件をクリアすると
ボーナスポイントがもらえる★



◆アンケート回答◆

カンタンな質問に答えるだけで
ポイントGETできる!



◆広告クリック◆

バナーをクリックするだけで
ポイントが貯まる!

毎日ポイントがもらえる
ラッキーコンテンツ♪



◆無料の会員登録やカード発行◆

無料でできる広告がたくさん!
種類も豊富!

色々試してみよう★




貯めたポイントは

現金やAmazonギフト券、
iTunesCardに交換できる!

ポイント交換先もたくさんあるから便利♪




▼▽▼登録はカンタン1分!▼▽▼

さっそくお小遣いを稼ごう!

http://pc.mtoku.jp/lp/startup/?f=rbf&u=1286581
2020.10.21
XML
カテゴリ:今日のカープ
この時期に少々ヘボ試合やろうと腹も立たないものだが,今日は心底腹が立った。もう佐々岡なんか用はない。こんなあほうが指揮官ですと言われる側の立場になってみろってんだ。情けないったらありゃしない。

遠藤は相変わらず立ち上がりが悪かったし,マルテへの初球なんて論外だが,今そんなことをいえるような状況ではない。それに,立ち上がりの2失点以外はタイガースに野球をさせなかったのだ。及第点とは言えないが,今の遠藤だったらまあよく頑張ったでしょうくらいは言える。だから,今日は本当にオフェンスの不出来に尽きる。よくもまあこんなヘボみたいな野球しか出来なかったものだ。

まあ佐々岡にひとつだけ同情するとすれば,今日の戦犯は誠也と松山である。まったくお話にならなかったバッティングの象徴が,初回にボール球を振って連続三振した情けない姿である。もはや松山には過度の期待はしていないが,いったい誠也は何を考えていたのか。点にこそ繋がらなかったが初回の凡ミスをみても,きっと気持ちが切れていたのだろう。もしそうだとしたら,首脳陣は厳しく誠也を叱責すべきなのだが,できないだろうな。

しかし佐々岡,もはや指揮官無能力者だからやむを得ないのだが,オフェンスはなにやらしても駄目だ。まず驚いたのは初回田中がヒットで出た後羽月にバントさせたことである。ベンチの指示か本人のアイデアかは分からないが,前者ならサインを出した方が莫迦だし,後者だったら羽月の野球脳なんてたかがそれだけ,要するに今一軍にいるに値しないということの証左だ。いずれにせよ,ここで青柳からヒット打てないような左バッターは存在価値なし。この時点で嗚呼今日は駄目だと思ったくらいである。

さらに,これだけじりじりする展開で俊足のランナー出しても走らせようともせず,そもそも仕掛けすらなかった時点であきれ果てていたのだが,その極致に達したのが8回表,田中のヒットの後羽月にまたしてもバントさせたこと。これはもう失笑するしかなかった。普通代打だよ。そもそも論として藤浪のストレートを羽月が打てると思うかい?一応守るだけなら上本も三好も残ってたんだからね。

まあ,これでみんな分かっただろう。佐々岡は本当に指揮官として最低限の能力すら持ち合わせてないって。駄目なものは駄目なんだよ。人柄がいい?まだ言うか。

これでもうカープは佐々岡によってとどめを刺されたかと思いきや,敵も明日の先発に岩田を持ってきた。はっきり言ってなめられているのだが,こうなったら岩田を打ちのめして勝てばよい。そうすれば,まあ若干溜飲は下がる。それでも今日の敗北,以上に試合内容は許せないが。

てんで話にならねえよ。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 野球ブログへにほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへBlogPeopleにほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村 サッカーブログ サンフレッチェ広島へSIGMA People
PVアクセスランキング にほんブログ村






Last updated  2020.10.21 21:27:50
コメント(11) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.